ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

鍵屋資料館、割烹藤でくらわんか素麺御膳とくらわんか汁、意賀美神社

2007-07-29 14:22:57 | 日記・エッセイ・コラム

200707291025000 枚方の鍵屋資料館に行ってみる。地元の方に一度ご覧あれ、と勧められたところ。確かに素晴らしいところであった。

枚方宿は、東海道57次の4次(伏見、淀、枚方、守口)の内の一つとのこと。なお、京都から大阪間は、船が多く使われ、そういう意味では、53次とは区別もされていたようである。

江戸時代、枚方宿は淀川水運の中継地。伏見と大坂を結ぶ三十石船が枚方浜にとまると、船宿から茶舟がこぎ寄せて、「餅くらわんか、酒くらわんか」という掛け声で飲食物を販売。この船を、「くらわんか船」と呼んだ。

200707291104000 200707291105000

鍵屋資料館は、その船宿があったところである。

昼食は、くらわんか船に影響を受け、割烹藤でくらわんか素麺御膳、くらわんか汁をいただく。

200707291210000 さらに元気があったので、意賀美神社にも寄ってみた。本来は梅林で有名なところ。

なかなか充実した一日となった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ファイナル・ステージ | トップ | ボディガード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事