ふとっちょパパの気ままな日記

読書履歴を中心に日々の記録を書きます

闘う文豪とナチス・ドイツ - トーマス・マンの亡命日記

2018-07-06 19:51:24 | 本と雑誌


友人に勧められて読む。
池内紀さんがトーマス・マンの亡命日記を要領よく提示してくださる。
ナチス・ドイツと戦うというのは大変だったろうと考えるだけで、恐ろしくなる。
勇気がある行動だ。

目次

1 クヌート・ハムスンの場合
  レマルクのこと ほか
2 大戦勃発の前夜
  ドイツ軍、パリ入城 ほか
3 封印の仕方
 「白バラ」をめぐって ほか
4 ニュルンベルク裁判
  父と子 ほか
コメント