UKイングランド南西部&ウェールズ鉄道の旅

古き良きものがそのまま残っているUK。個人で鉄道を使って移動する旅は大変だけど楽しさや発見もたくさん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14、(おまけ) UK鉄道事情

2005-07-04 12:17:17 | Weblog
日本では当たり前のことがUKでは当たり前でないこともある。

その1 行き先別でプラットホームは決まっていない

同じホームだからといってそこに止まる列車の行き先が同じとは限らない。反対方向に行くことだってある。極端な話使うホームが1本ってことだってあるのだ。

だから列車に乗る前に必ず駅のモニターを見て到着ホームを確認する。そのため乗車までの時間に余裕を持って駅に行かなければならない。日本のように「飛び乗り」なんて芸当は不可能だ。

その2 中長距離列車のドアは自動でないことが多い。

ドアのそばの開閉ボタンが点灯したらプッシュ。しかし中にはそれもなくてドアの外ホーム側だけにとってがついている場合がある。降りるときは窓を自分であけて外に手を出しておもいきり取っ手をグッと下げるのだ。

その3 かなり大きな駅でないと改札口はない。

ほとんどフリーパスだ。だからって無賃乗車はできない。なぜって車内で必ず検札があるから。

その4 通過する列車は駅だからといってスピードを落とさない。

列車を待っている乗客が居ようと居まいと頓着ない。通過列車が起こす風に巻き込まれないようご用心。

 その5 座席予約はほとんど不要

たまにリザーブのシールが張ってある席をみるが、リザーブしなくても座れないことはまずない。大都市近郊の通勤電車や地下鉄はその限りではないけれど。

 その6 同じ線路を複数の会社の列車が通る。

なかなか合理的だと思います。ただし同じ料金でもきれいな列車に乗れる乗れないという不公平も。  
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 13、6月17日(金) ゴール | トップ |   
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
足跡 (carememore)
2005-07-06 03:14:27
拝見させてもらいました。

あちこち結構上手に回られたようですね。



電車は結構遅れたりして

5分や10分の遅れだと

On timeって出てたり無茶苦茶ですが

日本の事故を見てからは

こちらの方がまともなのかもって

思ったりもしてます。



ただ1時間、2時間遅れても

普通でよくあることだとか言われちゃうと

発展途上国じゃないんだから

もうちょっとなんとかならないのかと

思ってしまいます・・・



とりあえず足跡残しておきます。
ありがとう (fruitstomato)
2005-07-06 06:16:30
書き込みうれしいです。親族知人友人にPRしているんですが、みんな忙しいらしい・・・。



そうでした。列車はよく遅れます。みんな文句も言わずにじっとホームに佇んでいるだけ。我慢強いです。慌しい日頃の暮らしはなんだったんだろうって思わせられました。
Unknown (j)
2005-07-07 00:19:19
親族の書き込みを所望されているようなので書き込んでみる…。



なんだかずいぶんと慌ただしく移動しているような気がするけど、地理がわからないのでそう思うだけかな。
Unknown (j)
2005-07-07 00:22:40
親族の書き込みを所望されているようなので書き込みしてみる。

ずいぶん慌ただしく移動しているような気がするけど、地理がわからないからそう思うだけなのかな。
確かに (Unknown)
2005-07-07 07:35:31
当初は以前のように1ヶ所2泊の予定だったけど、行きたいところがあちこちでそういうことになりました。チェスターとバースにあと1泊ずつすればずいぶん楽でした。研究不測でした。
書き込んであげる (忙しい人々(A&S))
2005-07-22 09:34:20
10年ぐらい前、私が「れいたく」という某機関紙に旅行日記を載せよう打っていたところ、「こんなの誰も読まないわよ」と、言われたことがありました。覚えていますか。今回、素敵な旅日記を読ませていただき、ありがとうございました。私も定年になったら行くぞーーーー。(S)

やっと開くことができました。なんて素敵なんでしょう!やっぱりいいなぁ英国は。今日もテロがあったからちょっと心配だけど私も行くぞ!
誰が定年? (Unknown)
2005-07-22 10:27:43
母が言いました「旅行の写真なんて本人以外は興味ないのよ」 旅行記もきっと同じ・・それなのに何かに残しておきたいなんて思うのは加齢故でしょうか。



ご愛読感謝。 



コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事