買ったら全部聴け

買ったきり聴かないCDの山。
辿りつけるか完全ディスコグラフィー。

冥王星への旅

2006年08月26日 | 思想膿漏
冥王星探査機ニューホライゾンズは、2006年1月19日午後2時(日本時間1月20日午前4時)、アメリカ・フロリダ州のケープカナベラル空軍基地より、アトラスVロケットにより、無事打ち上げられた。

冥王星を発見したクライド・トンボーの遺灰も搭載されていたことが、打上げ後に発表された。
アメリカ惑星協会のサイトを介して公募した43万人の名前がシリコンチップにレーザーで刻印され搭載されている。
写メは私のニューホライゾンズミッション参加証です。すごいでしょ(^^)v
2015年7月14日冥王星と衛星カロンに到達しますが・・・

と、ここまでの経緯は昨年9月15日と今年1月20日のそれぞれの機会に書きました。


しかしすでに皆さんご承知の通り・・・


この旅、いやこの度8月24日に、国際天文学連合の総会で討議の結果、
惑星、並びにdwarf planet(仮に翻訳すると矮惑星)、Small Solar System Bodies(現在の小惑星や彗星を含む)の定義が採択されました。


冥王星はたぶん、今の名称のままですが「惑星」ではなくなりました・・・


次の惑星探査ミッションにせっせと応募することにします。フン(-`-;)






余談ですが、この打ち上げ直前に私にとって大事な存在の方が亡くなられました。
実は彼女の名前も、この探査機に搭載されています。
ミッション終了後は太陽系をそのまま脱出します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブリトニーのヌードを巡って | トップ | 惑星ひとりぼっち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思想膿漏」カテゴリの最新記事