*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<台湾>統一地方選で与党国民党が大敗 首相辞任・・・蔡英文の魂の演説を・・

2014-11-30 21:46:17 | 國際情勢


台湾の次期総統選の前哨戦となる統一地方選が29日、投開票された。最大の焦点となった6直轄市長選では、与党・国民党が政権のお膝元である有力地盤の北部・台北市と桃園市、中部の要である台中市でポストを失うなど大敗を喫した。野党・民進党は台中市などの市長選で勝利したほか、台北市長選では民進党に近い野党系の無所属新人、柯文哲氏(55)が国民党新人の連勝文氏(44)を大差で破って初当選した。全体でも22県市長選で、国民党は選挙前の15から6に大幅減となり、民進党は6から13に倍増した。民進党は2016年の総統選での8年ぶりの政権奪還に向けて弾みをつけた。

【台北市長選、与党ホープを擁立も…無所属新人に敗北】

 馬英九総統は29日夜、敗北を認めて謝罪し、「立ち止まらずに改革していく。落ち込んでいる時間はない」と党の団結を呼びかけた。また、江宜樺・行政院長(首相)は敗北の責任をとって辞任を発表。馬総統も承認した。与党の大敗は格差社会の広がりや住宅価格高騰、食品の安全性への不安など馬政権に対する有権者の不満の表れでもある。

 これまで北部は国民党、南部は民進党勢力が強かったが、この与野党の勢力図が大きく塗り替わった。野党勢力の北上に、国民党内から馬総統に対する責任追及の声が上がり、馬総統の党内求心力が低下する恐れがある。

 馬政権は次期総統選に向け、早急な態勢立て直しを迫られることになるが、党内には昨秋の馬総統と王金平立法院長(国会議長)の対立による後遺症が残っており、馬総統の後継候補争いを巡って党内対立が激しさを増す可能性がある。


蔡英文による演説(日本語字幕付)~2012年台湾大統領選挙敗退後~


シナに擦り寄る馬政権の政治に台湾国民が、痛烈なNOの声を突きつけたという結果。
その 伏線に有るのは、前回の総統選に、馬総統に敗れた対立候補の蔡英文による 魂を揺さぶる演説が有ったことは否めないことだと思う。
国を愛する国民の琴線を揺さぶる、神演説・・
国を愛する国民全てが、国家というものの大切さを心の底から呼び覚ました素晴らしい演説が、今回の圧勝に繋がってと思う。
日本国民も この演説を日本国家に置き換えてじっくりと聞いて欲しい。
国を思う心は 何処の国民であれ、同じだと思う。



ポチッとクリックご協力お願い!!
人気ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 二階氏「公認関係ない」 山... | トップ | 韓国文化相、仏像返還で「司... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

國際情勢」カテゴリの最新記事