思いつき日記
思ったことをかいてみよ
 



携帯電話に液晶画面が付き1.7インチ、2インチ、3インチ・・・と画面サイズが大きくなってきて4インチぐらいになったころ、スマートフォンがでてきました。
スマートフォンも3.7インチぐらいから始まって、いまでは5インチや6インチ強のものもでてきました。タブレットでは7インチ、9.7インチ、10インチ、11.6インチといろいろです。

画面サイズだけでなく、画面のアスペクト比も高精細に進んできました。240*160のようなサイズから今では1920*1080、タブレットでは2560*1600というものまで出てきています。
iPadでは高精細な画面に対して、Retinaディスプレイといって宣伝していました。

今のような様々なサイズの液晶が出ていると、簡単に比較する方法を知りたいので、PPI(Pixel Per Inch、1ピクセル当たりの画素数)でまとめてもらえたらいいのに、と思います。

で、よくわからないのが、同じインチでアスペクト比が違う場合。PPIで比べて大きい数字のほうがより高精細なのはわかるのですが、縦横比が9:16のものと10:16、3:4となっていることです。同じ7インチでも9:16と10:16ではどう違っているのでしょうか?

ソフトによってはこういったアスペクト比に対応していないものもあり、上下や左右にスペースがあって無駄になっていることがあります。
特にAndroidではたくさんの種類のアスペクト比があるので開発が大変だそうです。
次期アンドロイドではアスペクト比に依存しないような仕組みになってほしいですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 7月29日(月)の... 7月30日(火)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。