NEWS of My Life

40台中盤、仕事や子供達との日常の備忘録です。

経過観察 木工事

2008年08月31日 | 家作り
(今日も写真は多くなりまして。
それほど状況は変わっていないのだけれど、つらつらと載せてしまいます。
絞込みができないところが、素人なのだろう。)



8月31日。 子供たちは、夏休みの最終日。

外構の打合せの帰りに、現地を見てきました。
今回の打合せで、 工事の工程表 を受け取ったので、
今どの段階なのかが、よくわかるようになりました。

この後は、気になる工程を狙い撃ちで、見に行くことができます。
まあ、ママさんはともかく、こっちは週末だけどね。


ん、なんか貼ってある!


正面から。
屋根は出来ています。手前側に少し勾配が付いてるけど、ほぼ平坦。

やっぱり、建築屋さんのロゴがたくさん付いているシートが、貼ってありました。
その影響で全体的なフォルムが見えてきたかな。


貼ってあったの正体はこれ。防水シートでした。
一面に貼ってあるから、もう柱の隙間から、外が見えないです。
ホント、一時だったんだね。


信頼と品質、安全保証住宅だって。お願いしますね。
下に、いただいた工程表と同じのが貼られてます。


防水シートともうひとつ前回と違うところ。
室内の天井枠が黒い止め具で、吊り下げられていました。


キッチン後方から、LD方向を見たところ。
上の吹き抜けはとりあえず、塞がれています。




水周り。1Fすべての柱が、下1M位、防蟻用の薬剤が付いていました。(赤い部分)



貴一はやっぱり2階へ。


上から。


階段をあがったら、こんな感じ。これじゃわからないね。


吹き抜け、作業上、塞がれています。



ベランダは、屋根がないので、防水処理するまでは、ブルーシートが掛けられているのだろう。




また1階へ。


玄関前の足場。ここに何度頭をぶつけたことか。(痛)
前面道路だけど、その間の外構は上手くいくだろうか。


今回はそんな感じ。
少しづつ少しづつ、作業が進んでいきます。
平日見に行ったママさんの話だと、上棟後、大工さんが1人で作業してたみたいです。
その様子を貴一も見ることができたようです。
(何か感じてくれたかな。)

今週中にサッシが、その後、ユニットバスみたいです。
徐々に出来てきてます。

コメント

散髪

2008年08月30日 | 雑記

髪を切ってきました。
前回が、7月6日だから、もうすぐ2ヶ月か。
結構伸びるの早いんです。

前回と同じところに行きました。挨拶状ももらってたし。

受け持ってくれる美容師さん、20代後半だと思うのだけど、
子供が2人いて、なかなか話が合います。

子供のことや、家のこと、仕事のこと、社会的なニュースだったり、
もちろん深くはならないんだけど、素なので話が結構弾むんです。
結局引き出しの多さなんだろうけど、話って相手の話を受けてくれると、
ノッていきますよね。

それと、その人以外に若い男の子も、若いなりにがんばっていて、
微笑ましい。

価格も駅前なのに周辺と比べて割安だし、いいとこ見つけました。
いろいろ探してみるのがいいんだろうね。

コメント

カブトムシ

2008年08月28日 | 雑記



ママさんの実家に帰った時に、貴一がばあちゃんと梨畑に行って、
そこのおじさんからもらってきた カブトムシ
オスメスつがいで、4匹います。


去年、近くの県立公園にある クヌギ の木に、
黒蜜塗ってがんばったのだけど、捕まえられず。
人工公園にはいないのかと、今年は雑木林を探そうかなと思っていたところ。

何となく夏も傾きかけて。。。
それを察してかどうか、ばあちゃんが見つけてきてくれました。

懐かしい匂いを思い出しましたよ。


貴一もさることながら、紘士が虫かごを覗いて、結構興奮してます。
好きみたい。(笑)

それはそうと・・・、
カブトムシって、夏が終わるとどうなるんでしたっけ・・・?


コメント

水の結晶

2008年08月27日 | 

「水は答えを知っている」 江本勝 (サンマーク出版)


最初一見した時、目次を見ても、何について書いてあるのか、よくわからない本でした。
一読して、宗教、自然宗教みたいなジャンルに、分類される内容かなあ。

結晶をヒントに、いい言葉をかけた水、綺麗な景色の写真を見せた水は、
そうでない水と比較して、明らかに綺麗な結晶を作るらしい。

そうしたことをヒントに、
いい生き方をしましょうという内容かなあ。大づかみに言ってしまうと。

怪しい本だけど。
結論の根拠が、水の結晶というのが面白く、特長的でした。


コメント

健保組合からの電話

2008年08月26日 | ジョギング&減量

今日、会社に健保組合から電話がありました。

なんだろう?と思って出ると、

「ロードレース大会に今年は出ないのでしょうか。」
「申し込みの締め切りは済んでいるのですが、去年出場された方で申し込みのない方に確認させていただいています。」
・・・だって。

参加者少ないのかなあ。

今年は家の件もあり、用事とぶつかって参加申し込みを見送ったんです。
でもわざわざ確認の連絡をいただけるなんて、
ちょっと感謝しました。
本当は出たかったので。

今年応募してるのは、東京マラソンだけです。
家の件があるから、自由が利くのは、10月3・4週と、来年以降。

なかなかないんだよね~。

コメント

頭痛に。

2008年08月25日 | 雑記

先週金曜日、寝苦しかったので、窓を開けて寝ていたら。
翌朝、のどが引っ掛かる感じで。
何となく頭も痛い。

次の日は、発熱してました。38度。
何となく医者にも行かなかったら、やっぱりなかなか抜けません。

日曜日は用事があり、何とか外出したけれど。
頭痛が取れるまでは苦しかった。
今は、咳がとれません。

体鍛えた貯金が少なくなってきたかも・・・。
がんばらなきゃ。

コメント

上棟後の週末

2008年08月25日 | 家作り

(ちょっと忙しかったのでなかなか更新できませんでしたが、ようやく書けます。)

20日(水)が上棟でしたが、地震と大雨に遭い、その日は作業7割で終わってしまいました。
なので、屋根が掛かったところと、2階が確認できず。
その後、週末までに作業が進んだろうということで、再度現地を見てきました。



裏から見たところ。
もう四方が、ブルーネットで覆われていました。
屋根も掛かっていました。(トタンみたいなやつが。)


早速、2階にあがる貴一。
階段はまだまだ先になるらしく、はしごで登り下りします。


2階の屋根裏の板が見えます。
上棟の際のヘイソク飾りが、屋根裏に貼り付けてありました。


吹き抜け上部から、LDを見下ろして。
開口部は思ったより広い!けど、LDが狭い・・・
落ちないように。


吹き抜けを1階から見上げるとこんな感じ。

もちろん落ちたら危ないので、クリアパネルを立てます。
やっぱり2階との一体感が気持ちよく感じれそうです。





2階は、結構間仕切りを省いたので、いい感じになりそうです。
この写真じゃわからないね。
下のは、屋根の段差。北側斜線に引っ掛かるらしんです。(まいっか)



最後に、基礎の上面に、亀裂を発見!





あの日の地震のせいかなあ?それとも普通に発生するもの?
ひび割れって感じで、たいしたもんじゃないけれど。
一応、早めに棟梁に聞いてみようと思ってます。

今日はそんなところ。

コメント

祝!上棟

2008年08月20日 | 家作り

上棟 じょうとう って、逆さに読んで棟上げのことです。
土台である基礎が完成して、その上に柱や梁となる材木を組み上げることなのですが、
なんとこの作業、1日で終わるとのことで、
これは逃しちゃいかんと、会社を休んで(!)、立ち会ってきました。(笑)


監督さん自ら現場で手作りしてくれた幣束へいそく
※幣束へいそくって、良くわかりませんが、魔よけの飾りのようです。



お昼前に行ったら、もう2階部分でした。
BEFORE&AFTERにならないじゃ~ん。



四方に電線があるのに、器用に作業するクレーン車。



今日はまた一段と暑い! みんな車の陰に入ります。

この頃は、とにかく作業快調です。
ところが・・・・。

お昼を挟んで15時頃から、雲行きが怪しくなってきて。
あ!そうだ。雲行きの前に地震だった。
道路に立ってたんだけど、いきなり突き上げるような振動が来て、
地震でした。震源が茨城県南で、現地では震度3だったらしい。

大工さんたち、屋根部分の作業に取り掛かるところで、気づかなかった人も
いたようだけど、結構ビックリでした。


その後、空がゴロゴロ言いだして。
20分後には、どしゃ降りの雨が・・・。


作業中断。屋根もまだ架かってなくて、びしょ濡れになりました。
↓の写真は少し上がってから。40分位で止んだんだけど、まさに夏らしい通り雨。



仕方ないので、今日の作業は終了。
1日あけて、また明後日残りの作業をすることになったようです。



それで、四方祓い だけ、簡単に行いました。
地鎮祭の時の四方祓いは土地に対して、上棟の際のは、建物の建築安全を祈願しての意味で行うようです。
お米と塩とお酒を用意して。
お酒は、千葉の地酒にしたけれど、全部振りまいて、終わっちゃいました。
いい香りしてたなあ。


その後、みんなで1本締め を行い終了。
帰り支度ができた大工さん方にお土産を渡し、大工さんたちは引き揚げていきました。




ぼくらは、監督さんたちともう少し残って、ゆっくりさせてもらいました。
空もいつのまにかすっきり青空に。
材木の隙間にひろがる空は、きれいでした。
まったくさっきの雨はなんだったんだろね。


子供たちは1階部分で遊び放題やりたい放題。


雨を被って、基礎の表面が鏡面に。
貴一が写真を撮ってまわってます。


こっち(紘士)は、水溜りでバシャバシャ!



雨も上がり四方祓いも済んだので、中を見て回って発見!
材木の1つ1つに、自分の名前が印字されてました。

自分がオーダーした通りの仕様で、材木1本1本がカットされて、
運ばれてきたんだと思うと、少し込み上げるものがありました。




最後に家族みんなで記念撮影。
いろいろあったけれど、ありがたい貴重な1日でした。


明日は仕事が待ってますね・・・・

コメント

五輪TV観戦 後半

2008年08月18日 | 雑記

仕事がはじまり、TVも見られなくなりました。
なので、感じたことを書いときます。

北京はほとんど日本時間と変わらないので、観戦が楽でした。

今回は、サッカー男子が不振。野球はこれからどうなるかなあ。
卓球やバトミントン、フェンシング?などなど、
マイナーなスポーツが、がんばった。


●バトミントン 女子
オグシオだけじゃない。
スエマエがんばったけど、もう一歩だったね。
せっかく金星あげたのだから、メダルのチャンスあったのに、
ちょっと残念。
片方は、もう引退なんだって。

●卓球
これが実力なのかなあ。
バトミントンと一緒で、韓国、中国の壁は厚い。

それはそうと、夏休みに甥っ子と一緒に、
近くの体育館で、卓球をやりました。
やりだすと燃えるよね。
貴一もはまってました。


●柔道
期待されたのに、初戦負けの選手が多かった。
連覇を成し遂げた3人の選手と初出場制覇の石井選手に拍手!

4年後の選手はいるのかな?


●競泳
北島選手凄い。
男子メドレーもがんばった。

でもそれ以上に凄かったのは、8冠のマイケルフェルプスかなあ。


●ホッケー 女子
思い切り走って、上半身を屈ませるあの体勢は、疲れるだろう。


●野球
どうなることやら。ダル&田中がんばれ。

その後、3位決定戦も負けました。
まあ勝負事だからね仕方ないです。
それにしても、韓国に勝てないよね。なんでだろうね。


●サッカー 女子
4強なんて、がんばりました。
男子が恥ずかしい。


●レスリング 女子
浜口選手のパパ、面白すぎます。


●マラソン 女子
う~ん。残念な結果だね~。
選手選考であれだけ、悩んだのに、
こういう結果になってしまうのね。

厳しいこと言うようだけど、2回目の子は感想立派。次回期待します。
とにかく、両ベテランが安定した力を出さないとね。
いくら限界での勝負とはいえ、100mを走るほど心身研ぎ澄ます必要はないのだから。
42kmあるんだから、もう少し調整の幅を持って、
余裕を持って、仕上げてこれないものか。
普通に考えるとそう思うのだけど。
怪我したら元も子もないじゃない。

それと、補欠なんとかなんなかったのかね。

●男子400mリレー
朝原選手、長いことやってれば、いいことがあります。
良かったですね~。

●男子5000m&10000m
TV見れませんでした。
結果だけ、ベケレが勝ったらしい。
「シヒネ逃げる~いやあやっぱりベケレだ~速い速い」
数年前の世界陸上が懐かしいです。
見たかったなあ~。


そんなところです。
それにしても、スポーツっていっぱいあるね~。
大変だ。

コメント

経過観察 基礎2 続き

2008年08月17日 | 家作り

現場、お盆休み中です。
何も進んでいないけれど、やっぱり気になるので、
朝から貴一と、見に行っちゃいました。
水平器持って、傾きがないか測ってみたり。
駐車場になる実際の位置に車を入れてみて、入り具合をみたり。







マイカーはコンパクトカーだから余裕あるけど、大きい車はぎりだろね。
エマージェンシー用(来客時用)はどうかなあ。



隣の家がこちらの駐車場の際近くに立っているから、
アイドリング音とか気になる気が。
家の前後とも接道してて、建物を同じ方向に置かなかったから、
こういうことになってます。
仕方ないのだけど。

奥側から手前にかけて、斜めになっているので、
来客時は、奥側に大きな車を置きます。





ここが真ん中。玄関。
豪雨だったけど、ブルーシート掛けてくれてたらいいのにね。
コンクリートって、水吸わないのかな?ちょっと心配。



こっちは和室。



こっちはLDK。やっぱり狭いよなあ。いまさらです。


下の写真は、外構の参考にと、周辺をドライブしてみました。
もっといろいろ見たんだけど、写真がなくて。
分譲住宅は参考になります。
もう、こういうの見だすとある意味疲れます。







自分の家に合ったものを。


コメント