NEWS of My Life

40台中盤、仕事や子供達との日常の備忘録です。

11/19-25 の記録

2007年11月26日 | ジョギング&減量
今週はハーフマラソン翌週の休養&回復期間だった。
それにしても後半は③連休もあって時間があったはずなのに、
買い物やらなにやらで、走れなかったなあ。

今朝は、7時台に走ったけれど、体が温まるまでと~っても寒い。
寒すぎるるる。へこみます。
夏と比べても、散歩してる人の数も、随分減ったし。
気を引き締めよう。楽しみを見つけながら走ろう。

---
19日(月)  休 ※休養日
20日(火)  2周ウォーキング
21日(水)  朝5周 
22日(木)  休
23日(金祝) 休
24日(土)  休
25日(日)  休
----------------------------
総走行距離: 4.660m
体重: 69.0kg、体脂肪率: 12.0%
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲 11月場所終了

2007年11月25日 | 雑記
 ←3月地方巡業で見た魁皇関

今日、大相撲の今年最後の本場所(福岡場所)が終了した。
1年締めくくりなので、ちょっとだけ書こう。

去年から、家族みんなで大相撲を注視している。
今年は1月に両国での初場所を、3月に地元での地方巡業を、家族皆で見に行く
機会を得た。
年後半、横綱・大関に昇進する白鵬・琴光喜の上り調子の瞬間が見れて、
幸運だったと思う。
また故障で引退した栃東、そろそろ引退間近の魁皇も見ることができて、
良かった。

今年後半は、朝青龍問題があり、朝青龍が大好きな貴一にとっては、
急に熱が薄れた残念な状態にもなったが、
ぜひ来年は初場所から、東西両横綱が揃い、日本人力士も台頭してきたので、
力のこもった優勝争いを演じてほしいと思う。

それにしても来年の初場所は、見に行けないかなあ。
(チケット高いからね。せめて子供料金を作ってほしいなあ。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっぴり怖い地震予知

2007年11月25日 | 雑記

ママさんづてで聞いた話。

「11月25日、千葉県F市にM7.3の地震が来て、云々~!」

ジュセリーノ・ダ・ルースというブラジル人が予言をしたらしい。
この人は、結構な確立でテロや天災などの予言を的中してきた人らしく、
ママさんはこの話を仕入れたかなり前から、気にしている。


それにしても「F市」なんて、マイナー過ぎないかなあ?
もっとありそうな街があるだろうに。
それと、なんか以前もママさんに同じようなことを言われた気がした。

それでもやっぱり備えあれば憂いなしだよなと。
昨日はホームセンターに、水や保存食・紘ちゃんのオムツなどを買いに行き、
車のラゲッジに積み込んでおきました。
そして今日は家族みんなでなるべく一緒に過ごしました。

あともうすぐだ、無事日が替わることを祈ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コート選びに四苦八苦

2007年11月20日 | 買い物の記録
  ←色は黒を購入 (HPの写真を流用)

Eddie Bauer ウェザーエッジ3イン1コミューターコート

25,200 (ららぽーとにて)

通勤用のコートは、もう使い続けて、7年になる。
丈はハーフ、ライナー付きで普通に暖かいのだが、
表地が毛のため、秋口から春先の微妙な時期に使いづらく、
それでもなんだか我慢してきた。

だがとうとう今年は買い直そうと決めて、少し遅くなったが、ショップ周りをした。
純粋スーツ系のショップ、おしゃれセレクトショップ、カジュアル衣料のショップ、アウトドアブランドなど
とにかくすべて回りました。
あー疲れた!脚が棒になってもうた。

購入にあたり、条件とした点。
①メイン使用は通勤だが、あまりビジネスビジネスしていないデザインで、
日常Casual使用もできる。
デザイン的には、逆にビジネス・カジュアルの比率で、4:6とか3:7。
②秋口~春先まで使用できる。
③飽きずに長く使える。
④予算4万以内。少しでも抑え目に。
(①の微妙な気持ちを店員さんに伝えたら、さすが解ってくれたのにはビックリ)

いやーでも、本当に最近は、考えながら物を買っている気がします。
衝動買いしないし、途中で喫茶店入ったりして、本当に必要なものかどうか、
問い直したりすることが多い。

このコートに決めたのは、特殊素材のナイロンで機能的で軽いこと。
シルエットは細身で、(アウトドア)カジュアルっぽい野暮ったさを感じなかった点です。

後は使ってみてだなあ。長く使えますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/12-18 の記録

2007年11月19日 | ジョギング&減量

いやはや、戸田ハーフマラソンも何とか無事に終了しました。
ジョギングを開始したのが6月末だから、はや5ヶ月。ハーフをキロ5分で走れるまでになりました。
良く頑張ったかな。
明日からまた、地道にジョギングを楽しんで行こう。それで気力・体力が回復したら、
何か次へのモチベーションが沸いてくるかなと、期待しつつ。
まあゆっくり行こうと思うのである。

---
12日(月) 休 
13日(火) 朝2周(1.864m)
14日(水) 朝8周(7.456m)
15日(木) 休 ※出張のため
16日(金) 休
17日(土) 朝8周(7.456m)
18日(日) 戸田マラソンハーフ
------------------
総走行距離: 37.873.5m
体重: 69.3kg 体脂肪率:13.0%(18日夜は、驚異の11.2%!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸田ハーフマラソンを終えて

2007年11月19日 | ジョギング&減量
←5kmの部のスタート直後の様子

戸田ハーフマラソン結果
11月18日(日)天候:晴れ 気温:20度位(前日まで寒い日が続いたのだが、この日は暑くなった)
距離:21.0975km タイム:1時間45分??秒(全年代で、500位くらい/3000人)
----------------

前月の健保組合主催の10km大会に引き続き、昨日、公式戦2戦目となる「戸田ハーフマラソンin彩湖」に参加してきた。

家族皆で、車で会場へ。
前々から、家族も楽しみにしてくれてみんなで車で行った。
車で行くと、会場となる彩湖は、外環美女木ICのちょうど真下にある。
空いていたので、自宅から40分位で着いた。
心配していた駐車場も、まだ余裕があり、そんなに遠くないところに停めることができた。

会場には近くの北戸田駅(だっけかな?)から無料送迎バスが出ていて、沢山の参加者が下りてきて、混雑していた。
彩湖の周辺は親水公園になっていて、マラソンだけでなく、普通にバーベキューをしに来ている人も大勢いた。
とても気持ちがいい公園だ。

会場は陸上大会らしく、独特の雰囲気に包まれる
会場に着くと、陸上トラック(常設?)を中心に、軽食を振舞ってくれるお店や、マラソン関連グッズを並べている
近隣のスポーツショップ、協賛スポンサーのお店などが出ていて、すごい賑やか。
そこを抜けると、番号順の受付所がある。
総参加者5千人近い大会なので、場内に活気があって、少し圧倒される。

9時台から、小学生の部→ファミリーの部→5kmの部→10kmの部と続き、
出場するハーフの部スタートは、11時。
スタートまでの時間に、ママさんが作ってくれた朝食を皆で食べた。
その後軽く準備をし、みんなとゴール後の待ち合わせの場所を確認したりした。
準備は、ゼッケンを着け、計測用チップをシューズに装着した。
チップを着けるのは初めてのことで、これがあるので、個人個人のスタート・ゴールの管理、
ラップタイムやトータルタイムの計測、ゴール後の写真?までできてしまうのだから、すごいビックリ!


11時いよいよスタート!
そんなこんなで、結構すぐ11時になってしまった。
スタート間際になると、湖周囲の幅8m位のランニングロードに、前から目標タイム順に、総勢3千人が待ち構えて、すごい緊張感が漂う。
適当に中段の位置に潜り込み、ようやくスタート。
 ←皆、垣根の脇から潜り込む感じ
貴一は、”フレーフレー、パーパ!”とまた、感涙ものの応援コール。
こりゃ、がんばらなきゃという感じがした。
前回の反省から、時計を押し忘れないように気をつけた。

(あーこの調子だとブログの文面が少し長くなるなあ。これ以上ぐだぐだ書いても仕方ないかなあ。
要約しよう。走行中思ったことを箇条書きに。)

マラソンって考える時間が多すぎる!余計なことウダウダ考えちゃうよ。

①狭い道路を縦に長く走るので、皆のシューズの着地音がこだまして、すごい響いてくるなあ。少しプレッシャーになる。
②長い距離を走りきるために、前半5kmは抑え目に。体幹を意識して走る。後半、上げられたら上げていこう。
③給水所で水を取るも、紙コップだから、走ったままではとても飲めるものではない。ビチャビチャこぼれて、気持ち悪いぞ。
④あ~痛てー、股ずれしてきた!何でこんな時に。パンツと2重にトランクスを履いているからかなあ。
普段のジョギングの時には気にならなかったのに~なんてこったい。

⑤フルーツだ!あれ?パイナップルじゃないぞ。なんだみかんの切れ端かあ。ちょっと残念。
⑥10kmと15kmの位置で、ママさんと貴一・紘ちゃんが待ち構えていてくれ、応援してくれた。ありがとう。
⑦いつもの練習と違って、同じ位のペースの人が周辺にいるので、気を抜けない。うー大変だあ。
⑧この直線長すぎるだろ。あー初めてでどこまであるんだよう、うー疲れる。
⑨あ!先頭集団が折り返してきた。速いけど、普通の人だなあ。
⑩でも最後は必死じゃなくて、笑ってゴールしたいなあ。写真に撮られるし、どんなポーズで決めようかなあ。
など。

 ←結果速報(各個人のタイムが、30分もしないうちに貼り出される)
GOALGOALGOAL
そうして、何とか息切れするわけでもなく、最後はスパートもかける余裕を持ちつつ、ゴールすることができた。ポーズも決めて。
家族は、途中地点まで応援に来てくれたため、まだゴール地点まで戻ってなかったようだ。
タイムは、1時間45分だから、キロ換算5分ちょうどだ。
まあ、結構いいペースだったのではなかろうか。

走り終えて、「あーでもやっぱり結構疲れるなあ」と。
「ハーフでこれだから、フルはこの倍だよなあ、うーきついかなあ」と、
「フルマラソン参戦は、もう少し先にしようかな」と怖気づいたりして。
まあ今走り終えたばかりだから、次のことはまた心と体が復活したら考えようということで。

夕ご飯は焼肉!カルビだ!!
最後に、その晩の食事は。
家族みんなでガツガツ食べたかったので、焼肉にしました。
焼肉はアミノ酸が豊富に摂取できるので、体力の回復には一番いいって言うし。
帰りの車内は、貴一と2人で、「カルビ焼肉の歌」を即興で歌いながら、気分を盛り上げて帰りました。
なぜかベースが、槙原敬之だったり、おさかなの歌だったり、ルパン三世の歌だったりするのだ。(貴一が知っているということで。)
紘ちゃんが少し熱気味になっていたので(まだ体温調節が困難)、手分けしてこちらはお風呂と晩飯焼肉の用意。
お皿いっぱいのカルビと、久しぶりのビールを楽しく美味しくいただきました。
貴一も初のカルビ体験で、とても美味しかったようだ。
牛のマグロだと説明したので、気持ちものってたかな。
(次から、カルビ食べてーと言われちゃうかも・・・)

以上、ハーフ初体験の1日を、取りとめもなく、
書いてみました。

明日からまた、日常のジョギングだ。
まずは体を徐々に、回復させることかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センスってナンだろう

2007年11月14日 | 雑記


自宅のある通勤駅のロータリーに毎年、この季節になると登場するクリスマスツリー

それにしても、このセンスの無さときたら!!!
昼の写真は良くわかってもらえるはず。夜はわかり難いが、全てピンクの電飾で彩られる。
うーおそろしい!!

それでも去年よりは、随分マシな気もする。
去年は、この状態に、ピンク色の帯がぐるぐる巻きになっていた気がする。
引っ越してきてはじめてそれを見て受けた衝撃と来たら、
いやーあれは凄かった。

それでも毎朝、そのセンスの無さを思い、笑ってしまうのであった。
笑いを提供しているという意味では、それでいいのかも。

下の写真が、会社の側の駅中モールにできた小さいツリー。
うんこれだよなと思いつつ・・・

毎朝毎晩、↑上のツリーと↓下のツリーを、シーソーのように繰り返し見て過ごす
季節かな。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

カレー戦争、再発

2007年11月14日 | 雑記

 

会社近くには、3、4つ美味しいカレー店がある。
その中で、ドトールの2Fにあったインド料理屋(カレー)が閉店して、3,4ヶ月経つだろうか。
雑誌Danchuなどに採り上げられて、結構美味しかった気がするのだが、
なぜか突然閉店した。
あれはきっと、インド人(?)のコックさんが、観光ビザで入国して、期限切れになったんだろうなどと、
考えを巡らしたりしていたところ・・・
今日、別の経営の、インド料理屋(カレー)になっていた。
名前が、ジャイルヒンド(だっけかな?)。

この店は、1号店が秋葉原にあるらしく、そっちの店もいろいろな雑誌で、
採り上げられているらしい。
ランチを食べてみました。
800円か1000円。
一般的な茶色したチキンカレーやマトンカレーは無かったが、
ちょっと薄緑色したチキンコルマを頼んだ。
ちょうどいい焼き加減のナンも含めて、なかなか丁寧で上品な味。

ランチのレパートリーが増えて、少し嬉しかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そのひとの置きみやげ

2007年11月14日 | 雑記



先月、会社の先輩が退社した。
長年、先頭に立って、引っ張って来られた方だった。
だがそれをおくびにも出さず、普段の会話ではとても愛嬌のある人だった。
直接・間接を問わず、勉強させていただいた。
いつも何においても、「志」を説いていた気がする。

その人の抜けた穴は、ポッカリと空虚で、
時間が経って、身に沁みるのだろう。

自分達はその穴を埋められるのだろうか。
社歴を重ねるにつれ、自問自答の繰り返しだ。

追伸.
写真がわかりづらいって?!
会社の近くのパン屋さんの特典シール。もちろん全部じゃないけどね。
集めた枚数によって、キッチングッズと交換してくれる。
こっちの想いに反して、置き土産のなんて日常的なことか…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うーん長い

2007年11月14日 | 

   
恐怖の存在 上下巻
(ハヤカワ文庫/酒井昭伸訳)
マイクル・クライトン

年始にiPODを買ってからというもの、読書量がだいぶ減ってしまいました。
このカテゴリーもまだ1冊と、悲しい状況。
少しずつ増やしていきたいと思います。

この本、会社の同僚の方が読み終わったので、貸してもらいました。
その方は洋書好きで、私なんかカタカナ文字の登場人物を把握するのも一苦労なのに、すらすら読み終えていきます。
きっと前世は外国の人だったのだろう。

以前読んだ、ダンブラウンのシリーズ
「ダ・ヴィンチ・コード」、「デセプション・ポイント」、「天使と悪魔」
面白かったので、私自身も少し洋書に興味がありました。


実は今、まだ上巻の3/4位なのです。
ト書きの部分に登場人物が書いてあるのですが、冒頭に登場する人物は、物語の伏線らしく主要な登場人物でない。
それなのに、名前が出てくるから、覚えようとして混乱してしまう。

そんなところを乗り切り、何とか3/4を読み終えて、ようやくノってきました。
本の内容、感想については、読み終わったら書きます。
しばし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加