ふりとものFree tomorrow

Are you free tomorrow?
人と動物と地球環境に優しい社会を目指す起業家「ふりとも」公式ブログ

防災に対する考え方

2018-09-10 19:10:27 | 日記
今年も日本各地で台風や地震が相次いで発生し、甚大な被害が生じていますね。
関東でもゲリラ豪雨が起きて、集中豪雨や雹、雷や竜巻が発生する地域も
あれば、大きな被害を受けていない地域もありますね。

こうなってくると自分の住んでいる地域にピンポイントで被害が起きるか
どうかに関心が向いてしまいそうです。
来年は10月に消費税増税が予定されており、国民生活はますます苦しくなる
可能性があります。

2011年の福島第一原発事故も元をたどれば、災害が引き起こしたものであって、
いかに日頃の防災対策が重要であるか、これは強調しても強調し過ぎることは
ないと思いますね。いま「強調」と書きましたが、災害時には「協調」する
姿勢が重要ですよね。特に災害時には自分のことだけを考えるのではなく、
周りのこと、近隣地域や周辺地域のことをよく考えることが必要だと思います。

お隣りの住人の方たち、ご家族のこと、普段どれほど知っているだろうか。
これは本当に反省させられます。他人の生活に踏み込むとか、プライバシーを
侵害するとか、そういうことではなく、関心を払うという意味で、とても重要な
ことだと思います。

今年度「ふりとも」は自治会の組長をやっていまして、
自分の親の年齢以上の方々と対話する機会が増えました。
自治会費を集金する際でも、集金率100%ですぐにお金を渡してくれます。
これだから「オレオレ詐欺」とか無くならないんでしょうね。
※日本人の人の好さを逆手に取った卑劣な犯罪だと思います。

被災地への救援物資の援助や寄付金に賛同することも大事なことですね。
いま、自分に何が出来るか、もう一度、よく考えていきたいと思います。
そして最先端の被災現場に必要なものがしっかり届くように、みんなで関心を
持って見守っていきたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月も地域イベント | トップ | 新型「リーフ」に乗り換え? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事