フリースタイル社員の部屋

フリースタイルのスタッフがリレー形式で綴るブログ。投稿をお楽しみに!

スマホ依存症

2021年04月30日 | その他

お疲れ様です。
社員のT・Kです。

私事でありますが、「スマホ依存症」であると最近自覚しました。
「スマホ依存症 診断」で検索🔍すると出てくるセルフチェックを3つやりました。
結果はすべて高得点でした。高得点ほど依存度が高いそうです。

スマホ依存症について調べてみると生活に与える影響は深刻で
「スマホ首(ストレートネック)」や「腰痛」、「眼精疲労」、「ドライアイ」などの身体的の影響や
「睡眠障害」や「イライラ」、「不安感」などが起こりやすくなる可能性があり、
「うつ病」を発症してしまうこともあるそうです。

私の場合、
コロナでの自粛や一人暮らしを始めて友人や家族話す機会が減り
土日は外出せずに自宅でSNS、YouTubeやアマプラなど動画を見て過ごすことが多くなりました。
酷いときは起床のアラームから始まり、就寝時の動画鑑賞までずっとスマホを触っています。

スマホで得られる情報は多く、
「見たいものだけ見れる」「手軽」「楽しい」「世界の流行が分かる」などと
私がのめり込む要素がたっぷりありました。

4/24(土)に脱スマホ依存症を目標として
スマホを触らないように以下のルールを設け実施しました。
1日でどうこうなるものではなく、結果は失敗でしたが気付けることがありました。

実施日時
・2/24(土)0時~24時まで

使用可能機能
・アラーム
・時計
・連絡ツール(LINEは返信のみで通知機能オフ)

使用不可機能
・SNS
・動画(YouTubeやアマプラなど)
・ゲーム
・音楽再生ツール

準備物
・自宅にある時間つぶしのもの(パズル、文庫)

※ただし地震や事故など緊急事態が発生したら即時中止する。


実施した感想

気付いたこと①
 一日がとても長く感じました。
 いままでは時間つぶしを目的にSNSや動画サイトを利用していたことに気づきました。
 数分のつもりがついつい数時間見てしまい、
 その時間で家事や勉強、考える時間などに使用できたと思うと、
 貴重な時間を無駄にしていました。

気付いたこと②
 目が疲れてショボショボすることがありませんでした。
 いままでは動画を長時間見ているとドライアイになってしまい、悲しくないのに涙が止まらないことがよくありました。

気付いたこと③
 スマホから離れる時間を24時間に設定したことによりストレスがたまってしまいました。
 電車待ちや乗車時にいつもスマホを見ているため、どこを見てよいのか分からずモヤモヤしました。
 また、長時間スマホから離れたことでスマホが鳴っている気がして
 ゲームの進捗やLINEやSNSの通知を気にしてしまいました。


スマホゲームの数を減らす、スマホの使用時間を把握するアプリを使用する、
スマホを使用しない時間を徐々に長くするなど
効率的にスマホ依存症を改善する方法があります。
今後、少しずつではありますが、依存症を改善していけるように挑戦して
将来的にスマホを家に置いても出かけられるようにしたいと思います。

 

以下、補足です。

ある日の土曜日のスマホ使用比率を円グラフに表してみました。
スマホの時間がえぐいです。寝ている時間も動画を流しているのでもう少し長いと思います。

2/24(土)の行動は以下の通りです。
天気が良く日の出ている間はずっと散歩をしていました。


この記事についてブログを書く
« 満開! | トップ | Challenge! »
最新の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事