フリースタイル社員の部屋

フリースタイルのスタッフがリレー形式で綴るブログ。投稿をお楽しみに!

しょーぎ

2018年10月29日 | 趣味
こんにちは。
東京組の社員Iです。

皆さん、将棋は知っていますでしょうか?

将棋をわからない人でも、パッと思いつく有名な棋士と言えば、
羽生善治棋士や最近では藤井聡太棋士ではないでしょうか。

藤井聡太棋士は現在16歳。
まだまだ若い青年なのにその活躍ぶりは素晴らしいですね。


そんな将棋ですが最近マイブームです。
キャリアは小学校のクラブ活動で将棋クラブに入っていた程度です。



きっかけは
5歳になった息子へ少し前に買った、
KUMON が出している将棋「スタディ将棋」です。




初心者でもすぐ理解できるように
駒がどのように動くかガイドが書いてあります。






相手の陣地まで駒を動かすと、
成「なり」といって駒を裏返して駒を動かせる場所が増えるのですが、

仮面ライダー好きの息子には成を「変身する」と伝えています。


とは言え、
最初は他の駒を突き破ったりと支離滅裂な動きをしていました。

それでも、
どの駒がどう動くか理解することができたし、
相手の駒がこう動いたら、自分の駒がどうなる、
といった

きほんのき は理解するようになりました。






始めるときの配置はこうですね。




ある日、親戚同士で集まる日があり、
この知育将棋でオッサン同士でガチ将棋をしました。

この対局後、将棋熱が
実に25年以上くらいぶりに再燃したわけです。




これはイメージ図です。
写真撮るためにわざわざ一人で対局してる風の盤面にしてみました。




さっそく
スマホゲームのアプリで将棋アプリをダウンロードしました。


「ぴよ将棋」でAI相手にじっくり対局して勉強し、

「将棋ウォーズ」「将棋クエスト」

といったアプリでオンライン対戦型の対局を楽しんでいます。


ちなみに実力はとてもじゃないけど自慢できません。
初心者じゃないけど...一応、と言った具合の実力です。

対人戦の勝率は3割り切ってます...。
といっても10戦もやってないですけど。
相手はみんな1000戦とかやってる人達ばかりで場違い感満載...。
しかし最初はみんな1戦からなんだ!と自分に言い聞かせてます。

得意戦法(というか一番慣れている戦法)は矢倉囲いです。

まぁ将棋をやらない人はなんのことかさっぱりなんですが....。


小学校の時の知識のままだったのですが、
忘れていたり知らなかったことがどんどん出てきて楽しいです。
職場の方も声をかけてくださり、対局に勤しんでいます。
しかし勝てない...。
負けるのはとても嫌なので半ばムキになっている状態です。


そういえば世界で将棋がブームになっているようです。
これを機に将棋に興味がある人は、是非対局しましょう!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« その時はやってきた | トップ | ゲームで学ぶ! »
最近の画像もっと見る

趣味」カテゴリの最新記事