フリースタイル社員の部屋

フリースタイルのスタッフがリレー形式で綴るブログ。投稿をお楽しみに!

美術館へ行きました

2018年12月24日 | 休日
メリークリスマスイブ!
こんにちは、首都圏勤務のAです。

先日、平日の休暇をいただけたので、上野の森美術館で開催されている『フェルメール展』へ行って来ました!



ここで絵画についての感想・・・ではなく、その時に学んだ事や感じたことを書こうと思います。
絵画素人なので「すごかった!」とかの語彙力ない感想しか書けないです!

ちなみに、完全に私の主観と美術館知識がないが故の学びです(笑)

①博物館、美術館は月曜日に開館していない!
私が休暇をとったのが月曜日だったのですが、一般的に博物館、美術館というものは月曜日が休館日が多いらしいのです!

月曜日は集客が少ないからとか、企画展などの終了日が週末が多いから(月曜日に撤収する?)・・・など諸説あるようですが、よく美術館や博物館に行く人からしたら当たり前の話みたいですね。

普段行かない場所だとそういう一般的な常識もわからないもんですよね。

②企画展は平日でも激混み
「CMでやってたやつだ!」
「ニュースに出てたやつだ!」
「テレビで特集してたやつだ!」
と、美術館に普段行かない私ですら存在を知っていた企画展。
そのくらい有名ということは
【有名=人がたくさん来る=混む】
当たり前のことですよねー。

思いつきと勢いでチケットを購入した私の頭には「平日だから空いてるよね~」という考えしかありませんでした。。
映画のチケット感覚です。

案の定、
少し早めに行ったにも関わらず既に入場で長蛇の列!
入場してからも混み混みきゅうきゅう!
別に少し遠くから眺めるだけでも絵画は素晴らしかったですけどね!

③美術館でもおばさまは強い
なんというか、察していただきたい。

でも混み混みの中できちんと作品を観ようとすると、ある程度の強引さも必要なんですよね。
私のおばさんレベルはまだまだらしく、ひっそりと隙間からのぞきみしましたよ。

④意外と歩くので履きなれた靴で
入場前の行列で並び、会場内は人ごみの中歩き、絵画を観る時は立ったままじーっと眺め・・・以外と足を酷使しました。
スニーカーで行けばよかった、と唯一の後悔です。


最終的に人の多さにくたくたになりましたが、学生の頃の強制的な鑑賞ではなく、自らの意思で足を運んで絵画を観るという行為がとてもよい経験になったように思えます。

あと私は、風景画より人物画が好きで、時代背景や画家の背景などの解説を読みながら絵画を眺めるのが好き、だという事を知りました。
(「怖い絵」とか「名画の謎」とかわくわくします)

あとは何と言っても、音声ガイトの石原さとみさんが!素敵でした!耳が幸せってやつですね!

以上、美術館で絵画を観た感想、というより美術館に行った感想でした!
次に行く時は企画展よりも常設展でのんびり眺めたいですねー(笑)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ベガルタ仙台 スポンサー謝恩... | トップ | 新オフィス完成まで »
最近の画像もっと見る

休日」カテゴリの最新記事