廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★LADELL MCLIN 「STAND OUT」

2006年07月30日 | JIMI HENDRIX
 
昨日、新宿タワレコのBLUESコーナーで試聴して思わず衝動買いしてしまったアルバムがコレです。最近発売された新譜という訳ではなくて、昨年すでにリリースされていた作品なのでありますが、不覚にも今までまったく気がつかないでおりました(苦笑)。こんなギタリスト、実在していたんですねー。

ラデル・マクリン(発音合ってます?笑)というシカゴを拠点とした黒人ギタリストの(たぶん)デビューアルバムで、一聴した瞬間にブッ飛んでしまいました!!もろ「ジミヘン+スティーヴィー・サラス」といった感じの演奏で、声質もたしかにジミヘンそっくりですね。過去にもジミヘン・フォロワーのギタリストは星の数ほども存在しましたが、このラデル・マクリンというのはその中でもダントツのクラスに入りますね、確実に。しかも外見まで左利きでないということを除けば、なんとも若い頃のジミヘンそっくりですし、正直これはかなりキテますね。
「いやはや参った!」というのがストレートな感想であります(笑)。演奏を聴いているだけでも、かなりの実力派とお見受けしましたし。ただ似ているだけというのではなくギターの腕も超一流なので尚更です。

もともとシカゴをベースに、様々なナイトクラブでの演奏やスタジオ・ミュージシャンの仕事などを行いつつ、あのハイラム・ブロックの下で長いこと下積み生活を送ってきたキャリアをもっているそうです。そういえば、こちらの師匠もジミヘン・フォロワーのひとりに数えられていましたけど、本アルバムを聴いた限りでは、完全に師匠を上回るジミヘン・フォロワーぶりを発揮しております(苦笑)。これはアルバムを聴いてもらえれば、100人いたら100人が納得すると思いますよ。

また要注目のポイントとして、10曲目に収録されている「UNIVERSE」という曲には、なんとあのヴァーノン・リード(!)がゲスト参加しているということが挙げられます。ちょい長めのインスト曲なのでありますが、ジミヘンの代表曲「レッドハウス」を彷彿させる情緒的なブルース演奏で、前出のタワレコ試聴機の前で思わず聴き込んでしまったぐらいですから(笑)。このギタリストにちょっとでも興味をもたれた方がいらっしゃいましたら、是非この10曲目の演奏だけでも聴いてみて下さい。思わず「唸ってしまう」こと間違いなしです!!これ最高です。

US輸入盤デジパック仕様でタワレコ輸入盤価格1985円(税込)でした。


◎LADELL MCLIN 『STAND OUT』(GIGANTIC MUSIC, GM0007)

01. RICH MAN'S LOUNGE
02. HOOKED
03. STAND OUT
04. HOUSE I BUILT
05. MONA LISA
06. COMIN' AT YA
07. PLAY THE BLUES 4U
08. TNT
09. COLD IN CHINA
10. UNIVERSE feat.VERNON REID

PRODUCED BY B.DEVINE

『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ★月刊プレイボーイ 2006年8月号 | トップ | ★MARCUS MILLER 「ANOTHER SI... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もLadellのCD持ってます。 (jimiryou)
2007-09-23 14:10:08
じみへんさん、こんにちは。私も「STANDOUT」07年1月に通販で買いました!感想は貴殿のコメントと全く同感(不思議なくらい)です。ジミヘンフォロワーはたくさん知っていますが、R&B感覚を持った人は少ないですね。笑ってしまうほど最高です。購入のきっかけはネットで「STAND OUT」のプロモを見てぶっ飛んで即買いしました。その時同時に「Stoney Curtis Band」の「Acid Blues Experience」というCDを購入しましたがこれも最高でした。それらしいCDタイトルですがjimihen好きにはたまらない内容です。じみへんさん好みかもしれません。
Ladell・・・レイデルでした。 (jimiryou)
2007-09-23 16:42:53
じみへんさん、こんにちは。Ladell Mclinはレイデル マクリーンと発音するようです。ネットにて2003年発売のLIVEアルバムを試聴してわかりました。欲しいと思うのですが、海外のサイトなので怖いし、多分廃盤になってる感じです。ところで、Ladellの映像はYOUTUBEで見ることができます。すごい時代になったもんですね。
私はJimiが好きで、JIMIHENフォロワーを探し求めているのですが、jimiの独特なリズム感(うねり?)と「壊れ方?」を持ったLadellの様なフォロワーはあまりいません。今後も期待しましょう。
レイデル・マクリーン (じみへん)
2007-09-24 13:13:16
jimiryouさん>
こんにちわ、コメントどうもありがとうございました!!
それから正しい発音の仕方もありがとうございます、
なるほど「レイデル」と発音するのが正しいんですね。勉強になりました(笑)。

『Acid Blues Experience』 というアルバムも気になりますね。
機会があれば、是非聴いてみたいと思います。ご紹介どうもありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JIMI HENDRIX」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

●Joe Bonamassa「You & Me」(Provogue) (本とCD買い物日誌)
●Joe Bonamassa「You & Me」(Provogue) ●Ladell McLin「Stand Out」 (Gigantic Music)