廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★井上堯之 「八ヶ岳音楽劇場 ~ IT'S THE ONLY ONE」

2007年10月11日 | J ROCK MASTERPIECE
 
以前から気になっていた井上堯之さんの限定300枚の2枚組ライブアルバム 『八ヶ岳音楽劇場 ~ IT'S THE ONLY ONE』 をようやく購入しました。というのも、なぜ前々から気になっていたのに買わないでいたのかといいますと、このライブCD、オフィシャル盤の2枚組CDであるにも関わらず、なんと税込価格7800円(!)もするんですよ。これには西新宿価格に慣れている僕でも少々怯んでしまっていたというわけなんです(苦笑)。

で、今回は急に値段そのものよりもどうしてもこのライブ音源が聴きたくなってしまったので思い切って購入してみた、というのが事の顛末であります。思い立ったが吉日、という諺がありますので、自分の気が変わらないうちに即実行に移したわけでありますが、実はこのCD、一般の店頭販売はおろか、通信販売サイトでも扱っていない代物で、ううーむ、一体どうやって手に入れればよいのだと頭を抱えて悩んでいたのですが、井上堯之さんの公式サイト から問い合わせメールを入れたところ、まだ在庫が残っているので購入OKですよ、という嬉しいご返事メールが届きました。もしかしたら、限定300枚となっておりましたので、すでに廃盤扱いなのかもしれませんが、ギリギリなんとか間に合いましたね。よかったです。これも中途半端に値段が高いCDだったおかげかもしれません。今となっては反対にその価格設定に感謝感謝ですね(笑)。

肝心の収録内容ですが、2003年8月20日に八ヶ岳のスタジオで行われたライブを完全収録したもので、ディスク2枚に渡って井上堯之さんのライブが疑似体験できるというスグレものです。もちろん演奏だけでなく、曲間のMCも見逃せません。本末転倒な意見かもしれませんが、昔話を語ってくれるこちらのMC部分の方が個人的には興味深く、楽しめましたね(苦笑)。

初回生産300枚限定で全CDにナンバリングが入っているという事前情報でしたが、実際に商品を受け取ってみると、なんとジャケット部分には井上堯之さんが一枚一枚手書きで記入したシリアル・ナンバーと直筆サインが神々しく記されておりました。こりゃ、予想外のお宝アイテムじゃないっすか!!持っているだけで思わず顔がニヤけてしまいます。いやーこれなら発売された当時に衝動買いしていてもおかしくないアイテムでしたね。遅ればせながら、僕も手に入れることができたというわけです。結果オーライでした(苦笑)。入手できる機会があれば、皆さんも是非聴いてみてください!!

ちなみにこのCD、よく眺めたら「VOL.1」という表記もなされております。この続編が出た!という噂を聞いたことがありませんので「VOL.2」はまだリリースされていないのだと思いますが、現在妙に気になっております。ボチボチ続編が作られてもいい頃合いだと思われますが、井上堯之さん、今後のご予定はいかがでしょうか(笑)?


◎井上堯之 『八ヶ岳音楽劇場 ~ IT'S THE ONLY ONE』 (ITL-1001/1002)

DISC.1:
01. 愚か者よ
02. 希望
03. Yei yei
04. 花・太陽・雨
05. いま一度
06. 循環
07. 小鳥たち
08. 青空さよなら

DISC.2:
01. SAWA・水辺にて
02. 街角、パントマイマー
03. 流浪の民
04. この悲しみよ
05. Wind Road
06. I'm in Love With You
07. To Tell The Truth
08. 愚かだね
09. Tender Night


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ★S.O.S.コンサート 渋谷公会... | トップ | ★木村英輝著 「MOJO WEST~つ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

J ROCK MASTERPIECE」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

Imagine Peace Tower  / イマジン・ピース・タワー公開! (World is Yours !                                     ~国際交流・英語日記・バイ...)
2007年10月9日、アイスランドのレイキャビクで、純粋に光のみによって創られた初めての塔である『イマジン・ピース・タワー』が披露されます。 ちょうど40年前の1967年、私のコンセプチュアルな光の塔がいつか現実のものになることを、ジョンは心に描きました。そのと....