帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

HNは 翔(ファルコン)です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物。

「よろしく!」  

更新遅れ

2018年09月21日 | Weblog

このところ、半端なく忙しくて、全く更新が出来ません。

誠に申し訳ないです。

よろしくお願いします。

 

 

コメント

ハーフパイプ

2018年09月11日 | Weblog

このところ、孫がスケートボードにはまって、 かなり乗りこなしているらしい。

まあ、僕も僕なら 息子も息子、 そして孫も孫  笑

初めは家で息子とチョロチョロ練習、段々と上達して普通じゃ満足できなくなってきたらしい。

で、今はスケートボードパークで、息子と一緒に色々と楽しんでいるらしくて。

特にハーフパイプがお気に入りで、盛んにトライしているとのこと。

流石に、飛んでエッジ摑みながらターン何てまでは行かないけど、結構なレベルに達してきて、

子供用のボードではベアリングの性能が付いていかない状態になりつつ有るらしい・・・ベアリングが負けて速度が出ないらしい。

で、それに耐えられる物を買うかどうか? で、かなり悩んでいるとは息子の話。

 

なんせ、子供は上達が早いけど、飽きるのも同じように早いから。  そうなんだよね~~~まじで。

 

息子も僕も 野球やサッカーという、ボール遊びの類いを子供やらせたいと全く思わない人間で、

他の人間(子供)がやらない人がやらない、 自分で自分に負荷をかけて上達していくスポーツにしか目が向かない。

 

僕がそうだし、 息子もウインドサーファーで、 スケートボードもかなりの腕前。

 

そして孫が今、スケボーで、 まだ小学一年生。

今年の夏に初めたばかりで、そのまま続けていければ、中学生になる頃は 相当のレベルになるのは間違いないだろうけど、

スノーボードやウインドサーフィンもあるし、どうなる事やら???? こんなのになったりもして  笑

http://sk8shop.info/blog/20140213.php

コメント

初フライト @ ウインドフォイル

2018年09月09日 | ウインドサーフィン 

初フライトしてきまして(笑) まず、感想を言うと、 不思議な感覚。

何を隠そうこれが一番。

そして、今までとは少し違う乗り方が必要という事です。

 

買ったのは行きつけの店で、AFS(Alien foil system)という製品、 

75%カーボン製の高速型で、スターボードの物と多分同じ物で85cmタイプ。

で、値段はですが、 聞かないでください  高い・・・・・ 当然18回ローン 爆笑!

組み立てそのものは簡単で、あっという真に出来上がります。


初め

で、乗るのは初めてなので、 一応?セイルは小さめの7.5をセット



丁度良いかな・・・・位のブローで、緊張しながらの 乗りだし、 

初めは「ん? 普通のウインドじゃん!」と思っていて、怖いのもあって速度落とし気味で走っていたけど、 そのうち強烈なブローが来てあっという間に持って行かれた。

するとフォイルが不思議な音を奏で始めた。

”ヒュ~~~ン”という音で、 ハイドロのウィングブレードが水中で振動して奏でるみたいだけど、 

クジラの愛の歌って知っていますかね?皆さん。

それみたいなんです、まるで。

そしてその音は速度や深さ、角度で様々に変わって、 「なんだろうこれ????」っていうか、 ワイングラスに水を入れて、コップの辺を濡れた指先で撫でると 出るあのグラス楽器音そのもの。

なんとも不思議なサウンドなんですけど、 ますます速度が上がってきて、
したら、「あれ??」という感じで浮上。

ボードが水を切り裂く音がなくなり、 波の音も無い。

そのヒュ~~~ンというメロディが聞こえてくる状態になって、と思ったら

吹っ飛ばされた。


何が起きたのか一瞬解らなくて、 気が付いたら水の中。  ん~~~~

フライトしたのまでは覚えている、 でもその後どうなったか?が解らない。

ただ、必死でボードコントロールをしようとしていたことは間違いなくて。

くそ~~~~!

で、気を取り直して、 再度セイルアップ。

走り出してすぐに又あのサウンドが耳の中に響いてくる。

今度は慎重にセイルを操作して、ボードの上の自分のバランス位置を色々と変えてみる。

速度がある域に達すると、再び浮上し始めて。

ところが、今度はいきなり前につんのめる形で爆沈。

後ろ荷重にすると浮上、 速度があるといきなりフライトするので、
慌てて前に体を持って行ってバランス取ろうとしたら、翼が下向くのと同じなので一気に降下。

そこに前から来たデカい波にボードノーズを突っ込んだ。

ぎゃはははは!  こりゃ大怪我する乗りものだわ

さらに気を取りなおして、何度もトライしているうちに段々と安定した飛行が出来るようになってきて、こうなるとハーネスをかけたくなる。

もともと乱暴な性格が、この辺で段々と顔を出し始め。

このフォイルを勧めてくれた 香村プロが「初めからハーネスやらんでね~~~~!」と言っていたのにやってもうた。

ハーネスかけると原理的にセイルのパワーで体重がボード上から抜ける。
で、起こるべくして起きたのが、 大ジャンプ。

強烈なブローを受けて、当然引き込んでしまい、ボードの後ろに荷重がかかればウイングは上に向く。

「えっ!!」っと思ったときは、たぶん高さ2mくらいまでジャンプ。 

海面が遠く見えま~す! 視線は海面から3.5m有りますから。

「あわわわ!」と慌てるも、どうして良いか判らない。

で、ズドン!っと着水。

その衝撃でヤバい? 爆沈か!?と思ったけど、 反射的にセイルをマスト側に出していたので何とかリカバリー

とにかく初めの30分くらいは冷や汗が出まくりで、と言っても 全身海水でずぶ濡れだけど(笑)

その後、約2時間ほど 悪戦苦闘。

これまでとは乗り方が違うので、そこかしこで、修正を余儀なくされる。

段々と全身の筋肉がギブアップし始めて、そろそろ限界。

負けたくない・・・・・自分に・・・・ 

とにかく、乗っている間は無駄に力を入れまくってるので、 体力消耗が半端ない。

リラックスして乗れるまでは、やはりそれなりの時間が必要なようです。

ただ最後の方はかなりの時間滞空して走れる様になり、恐れ多くもジャイブまでやろうとしたりまで行きました。

さて、このままこれを続けていたら、いい加減体がぶっ壊れるので、今度はセットを普通のウインドに戻して再出撃。

フォイルからノーマルのウインドにしたのは、 すでに海面の荒れとブローが 張ったセイルの限界に近いほどの状態になっていたから。

当たり前だけど、 乗り慣れている状態で乗るのは楽だ~~~! あははは!

そのまま2時間、 途中でパンを食った時間10分 朝の9時半にフォイルで乗り出して、2時間でセット交換して さらに2時間。

合計4時間で 全身が疲れ切って 終了~~~!!

フォイルの初フライトは目から鱗だったけど、もう少しすると”僕が乗る”シーズンは終わってしまうんだよね・・・

で、帰宅する途中、 疲れで半分居眠り運転。

途中のコンビニで30分程仮眠して、 幸せな気分で帰りました。

コメント

電装系の不調修理

2018年09月05日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

あれれ?とキャンプ中に気が付いたのが、というかその前から時々出ていたオバーボルテージの表示。

運転席の右下に取り付けてあり、 サブバッテリーの状態確認に使用している。

それのオーバーボルテージ設定が アラーム出していて。

 

おかし~なとは思いつつ、 気づいたときは電圧が規定内だったりしたので、なんだろうか?と思っていたんですけど、 また出た。

たまたま、車のところに行ったときに、 バッテリーモニターがやはりオーバーボルテージを出していて、電圧は?とみると、15.3~15.4V

うっ! と思うけど、 バッテリーは14.5Vで急速充電、 15Vなんてのは、バッテリー破壊する電圧。

こりゃ絶対まずいは・・・と思いつつ、すぐにテスターを持ち出して原因追及。

電圧を測ると 15.25 Vくらいある。

曇ったり、晴れたりで、太陽出ると15.6V  ってヤバい・・・

で、バッテリーのところで直接測るとやはり高い。

初めは MPPTチャージコントローラーか?と疑ったので、 満充電のバッテリーを一つ持ってきて、

接続してみたら、全然問題がない。

となるとだ・・・・

バッテリーにソーラーの電圧が直にかかっている可能性があり、そこから逆流防止にいれてあるダイオードをテストしたら、 あんま! 見事にスルー

内部で壊れて電流を流さないならともかくも、 つーつーで、 これではただの配線と同じ。

原因を色々と考えるも、これって簡単に壊れるほど軟弱じゃない。

原因が思い当たらず・・・ただ、このままじゃダメなので、当然交換になるわけですが、

同じものをスペアで持っているも、 また壊れるのが嫌だな・・・と

しばらく考えて、そういえばでかいのがジャンク箱に転がっていたな~と思いだした。

で、適当にLアングルを付けて、ダイオードのヒートシンクかねて、というか加熱もせんだろうけど、

空きスペースにとりつけて配線。

配線を戻して電圧を図ると 13.58Vと正常値に戻った。

やはりダイオードのパンク。

で、こちらはこれで解決。

 

次、 うちのマンボウ君には走行充電とサブバッテリーを管理監視する、こんなのが付いている。

ところが、走行時にオルターネーターの電圧が14.4Vとかになっても、 バッテリーモニターには

全く充電されなくて、 普通に12.7Vだったりする。

これって故障か?と

なのでとりあえず外して、 安定化電源とバッテリーで走行充電と同じ条件を作り出しながら、テスターにて各部をチェック。

とこが全く問題なし・・・

何が原因だ?

と思うけど、あと考えられるのは一つ。

車体のバッテリーからこの機器に電力を供給しているラインのトラブル。

そこで、 エンジンバッテリーに接続されている、コネクターを点検したら、

すっぽ抜けた・・ コネクター含めて取り出し配線が完全に没。

なので、これは新しいものを作成交換。

エンジンを始動して、電圧をみると、あれれ? やはり電圧が12.7V程度で、本来来るべき14V以上の電圧が来ない。

なんでやろ?と 再びエンジンのバッテリーをみて、 今度はマイナスの端子を指で触ってみたら、

あれれ? なんだ? ぐらぐらじゃん・・・

そこで、エンジンを止めて、 マイナス端子のコネクター見たら、実に馬鹿なことをしている。

前のオーナーはまったく電気の知識が無くて、 なのにいじくっているからこれを中古で購入後に

かなりの手直しをした。

おっそおしいな・・・・・素人は・・・

どんな馬鹿なことをしていたか?は書きませんが、さすがにアホすぎ・・・・

で、それを手直しして、 ハイ、修理完了。

当然の動作をします。

ダイオードも交換して、 ソーラー関係もばっちり、 走行充電も問題なし、

やっとまともになったのかな? 今さら・・・と思ったりする翔でした。

そうそう、今回の修理時に、 元からついていたバッテリー充電器を外しました。

理由は簡単、 外部電源からサブバッテリーに充電することが無くなったから。

ソーラーが付いていれば、勝手に満充電になるまで自動チャージしてくれるので、要らないんです。

それより、これ外してできるスペースで、サブバッテリーをもう一つ増やしたい。

今ついているのは100AH で、 この上のサイズは115が何とか入ります。

ただ、できれば150Ah以上ほしくて・・・

なので、この充電器を外して MF24くらす 80Aを二つ入れたい。

ディープサイクルバッテリーで一つ1万5千円くらいするので、 二つやると3万。

さすがに、今使っているサブバッテリーに問題は無いので、やるならこれが駄目になってからです。

 

コメント (1)

確かに有る 夏 その2

2018年08月31日 | ウインドサーフィン 

昨日夜の7時に寝ちまった僕、 さすがに眠気が取れず、 7時近くまで寝ていました。 珍しいです。

 

朝ご飯は?というと、これまた定番のベーコンエッグ。

「あっ! カップスープ忘れた」(笑)と食後に気づく僕。

コーヒーを飲んで、そのまましばらく湖を眺めていたりしましたけど、やはり風の入りが昨日と同じで早い。

このままだと9時過ぎには出られそうなので、 畳んでおいたセイルを広げ、 状態の確認。

「あららららら・・・」 下から2番目のバテンも折れた・・・・

その上のは?とみると、 あれ???バテンアジャスターが無い・・・・

なんで?とカーボン製のチューブバテンを取り出してみたら、全体が縮んでいる。 ん!縮む?

そんなことある?と思うんですけど、 グラスファイバーのロッドがカーボンチューブの中に入って、

それが内部で接着されているわけですが、その接着が飛んでしまって、グラスロッドがチューブの奥に押し込まれてしまっていたんです。

そして、2番目のバテンは完全に折れていた。

まいったな~と思うんですけど、 とりあえず?応急処置。

今日乗れれば、多分このセイルは寿命、終わりですので。

で、トンカン、トンカン、 ぐりぐりと工作して、終わったのが10時近く。フゥ~!

湖を見ると、手前に殆ど風が無く、 対岸の方にブローラインが見えている。

これみて「あちゃ~~~~」と思う翔ですが、 このゲレンデは、風の入り方がまずいと、湖の中にぐるぐると風の渦が巻くんです。

ツィスター見たいというか、 二方向からの風の入り方で、何カ所かにそれが出来る。

やばんです、これって・・・・

フルスピードで走っていて、そのまま突っ切れることが多いのですが、 その突っ切る際にセイルが暴れる、

とにかく挙動が読めなくて、失敗するとそのまま爆沈。

なので、風の方向を読みながら予測して走るんですけど、 相手は透明の気体。

水面にそれが現れることもあれど、大体は突然なので、対応しきれないと体を持って行かれる。

 

怖いな~~~~と思いつつの出撃。

まだ、思ったほど風は荒れていなくて、 でも時々くる衝撃と供にセイルが捻れるので、リカバリーが大変。

ジャイブは対岸で暴風状態になっているので、やはりフルスピードのままの暴走ジャブ。

こちら側で、真逆に無風ジャイブ(笑)という感じで、

なんつ~か、 酷だな今日は・・・

こうなると体力消耗が半端なく、 11時半に上がってお昼休み。

 

さすがにたっぷりと寝ていたので、眠くなることはありませんでしたけど、昨日のウインドの疲れと

筋肉痛が重なり、+今日のツイスター混ざくった状態+どんどんとシフトする風向き+8点台のセイルがフルプレーニングする風の強さ。

12時半に再度出撃しましたけど、 何度も爆沈くらって、その度にセイルアップ。

さすがに危険すぎて、ロンスタンのウインド用防水時計を腕に巻くと、30~45分乗って、15分休みという方法にしました。

でないと体ぶっ壊れます、マジで。

 

14時頃に、さすがに体力も限界。 

手が真っ赤になってはれあがり、豆もつぶれる手前になり、さすがに今日は終了としました。

車の処に戻り、椅子に座って乾き切った喉を潤していると、

僕の姿を見ていたみたいで、カナダ人の男性が「タフですね!」と話しかけてきて、

そのまましばらく談笑。 

そのうち、若いお母さん数人と、子供の集団がやってきた。

多分4~5家族くらいで来ているのだと思いますが、テント設営とかで我慢できない子供達をつれて二人ほど水際に、まあ、にぎやかなこと

 

で、変な雰囲気? というか空気というか? どう思われていたのかは知りませんが、 全身日焼けで真っ黒な僕が、英語のデカい声でべらべらとカナダ人と談笑&爆笑しながら話していて。

傍目から見たら、この人日本人かいな?という感じに写るんでしょうね、不思議そうな目で見られて、

おそらく日本に来た、もしくは生活している 外国の方達は、常にこうした視線にさらされているんだろうな・・・と思ったりする僕。

そのうち、一人のお母さんが、遊具と デカい空気ポンプ持ってきてを膨らませようと初めたんですが、 ところがどう見ても一人じゃ出来ない作業。 だべ・・・

一人がポンプ、一人が差し込みを遊具に抑えていないと空気が全部抜けてしまう。

初めは見ていた僕ですけど、 その周りに子供達が集まって、膨らむのを待っているの見るにつけ、

「手伝います!」と  とうとうお節介。 あはは

「えっ!!」という空気が流れて、多分そのカナダ人の一行の連れ日系3世とか思われていたんでしょうね。 日本語普通に喋った! 的なというか、何ともいえない変な空気 ぎゃははは!

僕、日本人ですから、ハイ!

ややもするとそんな雰囲気が落ち着いて、僕もシュコシュコ。

ところが、その空気ポンプはだいぶやれているらしくて、内部の抵抗が大きい。

そして浮き輪から始まって結構デカいの5つくらい膨らませて、 それ自体は大したことは無いのですけど、

暑いぜよ!・・・(爆笑)   まだ14時半くらいだし。

全部終わって、 お礼を言われて、 全身汗だくになった僕はこれ幸いと温泉にいきます。

サウナはいらんでも、十分サウナだな (笑)

時間が結構あるので、ゆっくりとつかり、車に。

 

戻る途中で、さっきの子供達の一行がタープ下に居て、お母さんと手を振っていたので、

あいよ!とこちらも手を振って、 キャンプでの小さな出来事ですけど、楽しい物です。

 

さて、今日の夕飯は野菜たっぷりのミネストローネ

ジャガイモ一個、タマネギ一つ、キャベツ8分の1個分、 セロリ一本の上半分(特に葉の部分は柔らかくて薫り高いのでそのまま入れます)下半分はビールのつまみ。

そして”脂身の多い”ベーコン と5色ビーンズ(これ食感にとても重要)。

全部鍋に入れて、 水を足して、味付けはミネストローネのペーストを使いますが、大抵は

こうしたのは味が今ひとつなので、 レモン汁、 白胡椒、 ケチャップを使い、味を調整します。

煮詰まるまでに、日が暮れて涼しくなってきたので、ウインドの道具をあらかた片付け。

そしてできあがったミネストローネをつまみにしてもう一つの至福タイム。

僕は色々な料理をやりますけど、誰が食べても驚く味にします← 普通に自慢。

特段高価な食材を使わず、どこにでもある素材と調味料、そして加えあわせから来る食感だけを大切にしています。

まあ、キャンプなので、出来る物は至極限られていますけど(笑)

だんだんと日も暮れて、 ウイスキーのお湯割りを傾けて、 昨日と今日の事を思い出す一時

明日から天気くずれるのは間違いなくて、でも二日間目一杯乗れたのは幸運だったと・・・

お休み!

 

 

 

 

 

コメント (2)

確かに有る 夏 その1

2018年08月30日 | ウインドサーフィン 

今日から第4回夏休み、8月30日から9月3日までの5日間。

少しづつ去りゆくく2018年の夏を楽しもう! という感じ・・・かな

た~だ、腹立たしいことに、又台風が出来て、しかも日本に向かって進撃中。

しかも、前回の台風が造りだした北の高気圧が秋雨前線を造りえだして、それが南下中という最悪な状態。

天気予報をみると、 晴れマークは今日と明日だけぞなもし

「あ~ぁ」と行く前から二日間だけの夏だろうな・・・・と。

で、家を出たのは4時少し過ぎ、 やたらと時間あるので、高速を途中で降りて、下をノンビリと走って、

ゲレンデに着いたのは朝の6時半頃。

さすがに寝ている人が居るので、出来るだけ静かにキャンプ場に入り、車を駐めます。

まずはコンビニで買ってきた物で朝ご飯。

その後はコーヒーを飲みながら 皆が起きてくるであろう時間まで待ち。

しかし・・・・・以外にそよそよと風が吹いていて、 気圧配置から吹くのは間違いないだろうと踏んでいるけど、確信に変わりつつある。

8時過ぎに、本格的に車から色々と降ろしてキャンプセットの開始。

そしてウインドの道具も。

とりあえず、11.0を広げてセイルのチェックするけど、 さすがに使い込んだセイル故に、

下から3番目のバテン(せいるの骨に当たる物)がキャンバーのところで折れている。ウナ~

張ってみると、とりあえず、フォイルを保っているので、なんとか行けるかな?

これがこのセイルの最後になるかも、という感じ

そんなこんなしている内に、吹いて来ちゃった    あははは

9時に出撃、 非常に乗りやすくて、ただ、まだ少しブローが弱い時もあるけど・・・

30分もしたら、ジャストに、ブローも方向も安定していて、体に無理がかからない。

こうなるとひたすら至福タイム。

ただただ、楽しい。

11時頃に車に戻り、昼飯。

 

早めに昼にしたのは、 サーマルが本格的に入ってくるのが12時過ぎからだから。

簡単にできて、少し休憩取れる時間を確保できるのが、こんなの。

パスタが茹で上がるまで、数杯コーヒーを飲んで、

11時半に再出撃。

ここからサーマルが入ってくる13時まで一気に乗って、 風が本格的に上がってきて、

8点台のセイルを張ったセイラー達がプレーニングをし始めている。

喉がさすがに渇いたので戻り、一休みしていたら、眠くなってきた。

で、目を閉じたら、そのまま20分ほど寝てしまっていた  爆笑。

14時に3度目の出撃。

この頃にはサーマル全開、オーバー状態の連続で、風がまったく落ちないから、そのままフルスピードでジャイブすることになる。

フォーミュラーボードはレーシング用のデカいセイルのパワーをそのまま動力として受け止めるのだけど、そのデカいパワーを生み出すセイルをコントロールしてジャイブする事は、

正直言って、殆ど筋トレに近い  ぎゃはははh!

だんだんと暴走状態になって、必死で乗っている感じになり、 一度は爆沈。

その時に、例のヒビが入った肋骨を又強打。うぉあたたたたた!

マジで、冷や汗が流れましたけど、その時は痛みを感じた物の、10分もしたら忘れていた (笑)

 

さすがに16時半には体力の限界。

サーマル落ち初めて、疲れ切っていたのもあり、本日は終了です!  イェイ!

約6時間半 ウインド、ひたすら充実した時間でした。

全身疲労感と満足感で心がすっかり満たされてますけど、 お腹は逆にぺこぺこ。

まずは近く温泉に行って湯につかりますが、行く途中のなんてこと無い坂道を上がるのが大変。

水に濡れたタオルも重く感じる程。 しかも筋肉痛いし・・・

それだけ、今日のウインドは激しかったということなんですね。

さて、夕飯

当たり前ですが、肉を大量に食わないと体が持たない。

ステーキ150~180G程のを3枚、そしてブロッコリー

単純に、何時もの組み合わせです。

ビール2本 ワイン一本、 日本酒のブリックパック一つ  すっかりできあがり。

今日はお休み~~~! 時刻は? ハイまだ19時です。 もう眠くて起きていられませんです。

 

 

 

 

コメント

サイドライトの取り付け

2018年08月29日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

キャンピングカーで移動すると、 現地到着が夜になることがよくある。

で、まずはサイドオーニングを出して、次に車内スぺースを支配しているクーラーボックスやらテーブル&チェアなんかを外に出したりする。

でないと、寝にくいし邪魔だから

 

ところがね、この作業って、実のところは全く光が無いとけっこうやりずらいんです。

真っ暗な中でやると、地面の状態が分からないから、ポツン石があったりすると、そに足をぶつけて荷物ごと転げたりもする。

で、それ解決するにはまずランタンを出せばいいんですけど、今度はそのランタンを点灯するまでが大変。

なんせ見えないわけですから。

これ、キャンピングカーに乗っているひとならほぼ全員が体験する事だとは思うんですけどね、 

いがいに、サイドライトがノーマル装備として車体に組み込まれている車というのが無い。

まあ、あとで取り付ければいいだけの話なんですけど

で、そのサイドライトの取り付けをしました。

ホームセンターで売っていた、防水性のLEDライトを購入、 2800円位だったかな・・・・

場所的には車体エントランスの横上でオーニングの下。

となるとここしかないけど。

取り付けボルトがシングルで、しかもあまり長くなかったので、ボルトを長いものに交換。

当然? ボディに直接穴を貫通して取り付けます。

そして配線も同じく穴あけで取り付け。 

シーリングはします、もちろん。

この位置にしたのは他にも理由が有って、車内にあるライトからすぐに配線をとれるから。

*車内のライトを取り外し中。

スイッチはどういったのにしょうか?と思ったんですけど、 紐で簡単にON・OFF出来るのが理想なので、

普通の100V用プルスイッチを流用。

して、分岐配線作業中

で、元のライトを戻します。

プルスイッチを取り付けて、配線完了。

点灯テスト。

OKです!

後はプルスイッチのカバーを戻して、 全作業が完了です。

明日の朝から第4回夏休みなのですけど、間に合いました。

以上サイドライト取り付けでした。

コメント

マンボウ君の小改造 

2018年08月28日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

数日前にやった、マンボウの小改造です。

まずは、カップハンガー

元々、ここには折り畳み式の調理台が有りました。

ところが、これに頭を結構ぶつけるんです。

その割には全くと言ってよいほど使わないし・・・・

で、取り外してしまい、 外からカップを簡単に取れるハンガーを付けました。

ウインドする僕はとにかく飲み物がすぐに飲めないとダメ。

なので外から簡単にアクセスできるところにカップが有るのが良いんです。

次、

リアに設置してある、 ガスタンクとレギュ。

これを脱着可能にする改造。

つかったのは汎用のコネクターで、 ガス缶側は、コネクター外がれるとガスを自動遮断してくれるタイプの物。

で、終了。 

 

以上、小改造でした。

しかし・・・・このスペース、 ガス管じゃなくて何か入れたいといつも思うのですが、Eu9iを入れるには中途半端。

しかも、中に水が入るし、 ガス関連は確かに通気の面からも適しているけど、 2kgボンベ2本の空間。

なんかもったいないな~~~。

 

コメント

m-gram 性格診断 隠れた才能や性格など をやってみた (^。^)v その3

2018年08月27日 | このブログのライター 翔

例の性格診断、 その3は 二日分です。

まず。

凝り性だそうだ・・・・・・・・・ 爆汗    まったくもって、当てはまる・・・・

このブログを昔から続けて見てくれている方なら「そうだろうな!」と納得する僕の一面でしょうね。

読んでみて 「ハイ! そのとおり!」、 周囲の意見は参考程度、人に指図されるのが死ぬほど嫌い故に、自分の行動はすべて自己責任。 「ほほーい!」

 

でもね、最後に有る”自分の意見を曲げない”というのは、m-gramには悪いですが、まったくもって当てはまらない。

耳にした意見や話に、正当性や優れている点、思いもよらなかった合理性が有ったりすると、僕は自分の意見を簡単にひっくり返します、 自ら (笑)

頑固じゃないんです。 正しいかどうか?だけだから。

 

短所の中でね、おそらく当てはまるのは、”少ししつこい”という部分(爆笑)。

対人関係では全くそうした事は有りませんが、仕事や、自分のやっている事に関しては、 少しどころか、 ”かなり”しつこい。

 

納得(徹底して)するまでやらないと気が済まないという事です。

 

打ち解けにくい???? ぎゃははは! そんな評価周りから一度も聞いたことありません。

 

 

ん!ビールか~????     あははは!

決断性が高い、 これは当てはまっていると思います。 たぶん。

仕事含めて、あらゆることをバンバン処理しますから。

放漫に見えるかどうか? は自分ではわかりません。

たしかに、面倒見が悪いかもしれません、グズグズしているのを平然と見捨てますので。

というか、人を助けたり補助したり、サポートするというのは、 本来するそれをする側に、余裕が無ければできない話。

 

決断できずが積み重なり、 一杯になっている人間同士、 どう面倒を見るというのか???

余裕が有るからこそ、 他人の面倒をみれるわけです。

他人の立場と事情無視は 昔から今に至るまでやりまくり・・・・

ただし、それは自分より強い相手に対してのことで、 

若い頃は 上司の立場なんか糞くらえ! 上司=自分より上=能力が高いわけだから上司。

 

そうした人間が僕の上なら、 立場を気にする必要なんてありますか?? 出来るんですよ! 僕よりはるかに??? 理屈では。

 

ところが、現実はそんなことなくて。99% 自分より劣っている輩ばかりだった・・・・

 

ほうれん草? いや 報告、連絡、相談? バッカじゃなかろうか? くだらない!

 

報告しても、いつもこちらからの一方通行?

連絡?したら次の明確な指示でもくれるのかい?

相談したら、参考になる話とかたすけてくれるんか?

 

大企業の下請けの下請け、 工業高校を卒業して、田舎の小さな会社に就職した僕。

 

いきなり、”高学歴の大卒社員達”の中にたった一人で放り込まれたのが18歳、

 

毎日 コーヒー沸かし・雑用・清掃が 仕事だった僕が経験して来て間違いなく判っている事は、

馬鹿な上司に 報・連・相 等一切せず、 すべて自己判断、 そして自己責任、 上に頼ることなく、自分で全てなし得る。

そうしてきた・・・・    そして現実のものとしての僕が今ここにいる。

 

さて、付録?として、他人が僕を好きになる”8つの理由”とやらが、送られてきた。

どうだろうね~  そうなのかな?  「 あっ! あくまでm-gramからみた僕の性格診断です」

僕が自分で自己評価しているわけではありませんので、そのところ、よろしく!

 

今日の最後は、逸材度。

 

だそうだ あははは!

コメント

m-gram 性格診断 隠れた才能や性格など をやってみた(^^;) その2

2018年08月26日 | このブログのライター 翔

昨日の続き、8日間にわたる分析結果照会の2回目という事です。

ん~~~~~思いやりがあるらしい 爆笑! ほんとかよ!!

自分ではよく分からないんですけど、 そうだとのこと。

あくまで僕が自分でそう言っているわけでは無く、 膨大なデータを元にしたm-gramの分析です。

短所の方ですが、 これは当てはまらない。

前回書いた様に、僕は極めて理論的に物事を考えて、事を処理します。

在る意味冷徹なわけです、 仕事に関しては。

た~だ、友人関係、女性関係???等においては、人と人としての付き合い=感情の付き合いになるので、

事は短時間にどれだけ効率的に事をさばけるか?と言うのとは全く違う。 論理的な面が消えてまったくそのままの内面が出ます。

 

男なので、 ”公私” 二つの面を明確に切り分けできるか?は らしさ(男)なのですけど、この二つのバランスは、果たしてどうなんだろうか?と思う。

 

まあ、普段生活にて、全くトラブルが起きないで過ごせているので、一応は大丈夫なようです 

その2でした

コメント

m-gram 性格診断 隠れた才能や性格など をやってみた(^^;)

2018年08月24日 | このブログのライター 翔

m-gram という性格診断があったので、やってみました。

台風で暇なので・・・・・  汗

全部読むには有料なので、無料で表された物を日記にしてみました。

一応、3回同じ診断を受けてみましたけど、 全くと言ってよいほど、ほぼ同じ結果。

どうやらこれが僕の性格みたいです。

この先8日間かけて、 この8つを説明してくれる様です。

 

他人から見るとこう見えるのかな~ とは思いますが、自分で自分の姿は解りません。

で、この”性格を好きになる人?”というのが有って、 0.13%パーセントの人にしか好かれないのか? と思うんですけど、

これって異性からかいな???  びゃははは! 少な!!

なぜ石原さとみ???かは、よく判らないです。

で、特異性というのがあって、特に異なる?部分、 いわゆる「普通じゃ無いぞ!こいつのこの部分は」と相手の人が思う僕の姿ということ。

確かに・・・・ 決断や判断が出来ない事が嫌い。 

短時間で大量の処理をしてさっさと帰宅したり、長い休みを取りたいタイプで、判断できずに、仕事も出来ずに、何時までも職場に残っている輩が苦手です。

 

論理性ですが、僕は物事を全てロジック(論理)で考えます、論理で考えると、 決断も判断も自分の主観を除いて判断できるから。

論理性を無くして、自分の気持ちが入ると、 余計なことを考えてしまい、何も進まなくなる。

 

この場合は コスト重視、 この場合は 性能重視、 これに関しては スピード重視 と、仕事において熟さねばならない案件を、

必要な方面から判断して、論理的に捌いていく。

 

これに必要なのが、直感性で、  瞬間的に 事を読み取って、判断。 

直感的に動くのは確かに僕には始終あります。

 

「会社に持って帰って、検討します」という言葉が死ぬほど嫌いな僕は、何時もその場で即断。

で、以前日本社会で働いていたときには、 勝手だ!! スタンドプレイだ!と始終言われていた・・・・うるせ~んだよ!!

 

星条旗の下では、まったく真逆での良評価のみで、 一度も某かの問題が起きたことはありません。

 

共感性ですけど、 僕の判断のコアにあるのは、 ”全体”のバランスです。

決断も判断も、 全体のバランスを主観に置いてするのですけど、 ですから、よく有る”上司の顔色をイチイチうかがう”というのは無い。

嫌われようがなんだろうが、 自分の上司のご機嫌では無く、 例えるなら上司も部下も、組織全部を見て即断するという事ですね。

なので、若い頃はとにかく直上の上司には好かれなかったです(笑)

 

 

 

才能

これが性格の良い部分が生かされたときに発揮される才能だそうです。 

 

と、今日の表示はここまでで、 後は有料になるようですが。

まとめだけ表示されていました。

あと二つは

 

だそうですが、 ほんとかな~~~~~ 

 

有料記事 2000円くらいですが、 読んでみようか?? なんて思っています。

 

 

コメント

明日から第三回夏休み・・・・の予定だったんですけど・・・

2018年08月22日 | ウインドサーフィン 

駄目だこりゃ・・・・

写真は 前回の西湖でのワンシーン。

偶然、姿を映してくれた方がおられまして、 使わせてもらいました。

セイルにブローを受けて、加速する直前ですね、 これは 

*セットはスターボード フォーミュラーに、 ガストラのVapor 11.0です。

コメント

マンボウ君の プラグコード交換 

2018年08月21日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

昨年の車検時に、 出来れば交換した方が・・・・ と、整備士に薦められていたのがプラグコード。

案外値段が高くて、6千円くらいする。

特段問題は無かったので、後で自分で交換しますから! といってそのままにしていた。

で、なんで?突然交換する気になったか?というと、 前回関東に来た台風の翌日の出来事。

やたらと湿度が高かった朝ですが、 エンジンをかけてスロットルを踏んだら、 あれ??なんか吹け上がりがおかしい???  で、そのまま発進させ、 数分したら症状が消えた。

で、帰りも同じ症状が出て、 翌朝も 全く同じ感じ。

初めはスロットルポジションセンサーを疑ったんですけど、 エンジンが少しでも暖まると何の問題も無く、 台風が差ってから数日過ぎたら=湿度が下がったら 全く出なくなった。

で、思いついたのが、 プラグコード。

古くなってくると、 スパークがコードから逃げることがあって、湿気をすうとそれが著しくなる。

ところが、エンジンが暖まると湿気が飛ぶので収まる。

そういえば、一時より燃費が落ちてきた気もするしと・・・  

そういえば、車検時にいわれていたな~~と、思い出したので、注文。

純正では無くて、 NGKの プラグコードです。

シートをあげて、エンジンルームを見渡すと、すぐに目に入る黒い配線が そのプラグコードです。

これを新しい物に交換します。

さすがに綺麗ですね~!    ただ、汎用品でもあるので、純正より少し配線が長めかな

交換は特に難しくなく、 ただ、交換時に点火順序をまちがえるとエンジンかからなくなるので、 ディスビーキャップに番号をふっておく方が良いかもですが、 僕の場合そのまま交換。

点火順序は 1342 もしくは 1243だったかな? なので、 一番さえ間違えなければ、

後は交換後にクランクさせて見ればわかる。

で、交換終了。

10分程度の作業すが、 たた、コードが長い分、他の処に当たらないようにバンジーゴムでホースと供留めしたり、 古いコードの絶縁フォームを捨てないで配線保護に使ったりと、

なんだかんだで20分くらいやってました。

そのまま帰宅して、 今日も乗って、 交換した事で何か変化があるかな?と思いましたが、

低速でのトルクが太くなったような気がするのと、 アイドリングが非常に安定して。

まあ、やらないよりは良かったな・・・・ 程度の感じです。

以上、 プラグコード交換でした。

 

 

コメント

イワタニ カセットフー マーベラスⅡ

2018年08月20日 | お勧め

イワタニの カセットフー といえば 有名なのが”風まる君”。

爆風はともかくも、 普通に吹く風の中でも炎が消えず、調理可能なカセットコンロ。

家庭用ですから、 使い勝手が良く、 とにかく便利です。

で、これまでそれをキャンプの時のメイン調理用ストーブとして使っていたのですが、

前回の西湖でのウインドの時に、 入り込んでくる風が余りにも強いと(ウインドが走る風)さすがに

炎が安定しなかったですね。

消える事は無いのですが、 どうしても飛び気味になって、 特にですが、鍋でパスタを茹でたときに結構な時間を消費しました。

その時は、常時車載してるウインドシールドを出して防風したんですが、 もっと風に強いカセットコンロ無いんだろうか?と 調べたら、 有りました。

同じくイワタニから出ているもので、 マーベラスⅡという製品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イワタニ Iwatani カセットコンロ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2
価格:15984円(税込、送料無料) (2018/8/22時点)


あれ???たしか前もこんな名前を聞いたな~?と思ったら、 このⅡの前に 元祖が有った

ただ、値段が5万近くて、 こんな高いの買えるわけ無いべ! と 頭の中で多分拒否って記憶から消えていたんでしょうね?? かな?   がはははは!

多分、そのせいで全く売れなかったんでしょうね~ ・・・・ で新たにイワタニが出してきたのが マーベラスⅡ

価格的には1万5千円と、 それでも普通のカセットコンロより遙かに高く、 風まる君 3台分の価格。

まだ高いよ!! と思ってしまったのですが、 良い点としては、あのデカくて邪魔なプラケースが必要ないというところ。

で、脱着可能な風防が付いているのと、当たり前だけど耐風性がさらに高い点。

そういえば・・・・・とカードのポイントが溜まっていたのを思い出して、 それで購入することにしました。

届いたのは意外に大きな箱で、早速中身を取り出します。

能書きは

裏の能書き

箱から出した時になんか黒いリングが付いていて、なんだこりゃ?と初めは思ったんですが、

イワタニの調理シリーズ たこ焼きとか、焼き肉のプレートとかの専用プレートとのこと。

いいんだけど・・・・ これだけ別に持ち歩くのは面倒だな~~~・・・・・

まあ、それは後で確認するとして。

まずは風防展開

ごとくが半端なくごつくて、 ダッジオーブン載せるの考えて居るんかな? ダッジオーブンは下に足があるので、有る程度の高さが必要なんですけど、 その足が大丈夫なくらいの高さが稼がれている???

これは後に試してみる必要がありそうです。

風防はつっかえ棒を外すと簡単に外れます。

ただのカセットコンロ状態 (笑)

次。

カセットガスコンロで重要なのは、 下の構成部品が簡単にばらせて洗えることで、

もしそれが出来ないと、 隙間に油やら焦げやら何やらがベタベタと付いて、しかもそれが蓄積して汚くなる。

このマーベラスはどうやら簡単にばらけるらしい。

まずは黄色丸の二つのネジを緩める。

ちっちゃくて緩め辛いじゃん! とおもったら、 

横のガス缶カバーを開ければ簡単だった。 なはは

外したネジですが、 なくしそう・・・

ネジ緩めると、上全体が外れます。

造りは極めてシンプルで、 掃除しやすい・・・

リングとか外せるの? で、 固定のスプリングを外します。

 

で、分解。

見ての通り、 とにかく掃除しやすいことは確かで、 優秀ですね~イワタニ製品は。

ばらし方が解ったので、 組立てます。

そして、例の付属プレートを納められないか?とやってみたところ、プレートを少し斜めに置いてみたら収まった・・・・、ほっ!!

 

実際にカセットガスを入れて点火しようかとおもいましたけど、 3.5kwのパワーは風まる君と同じで、

別にこれには嘘も無いだろうと思うので、 やりませんでした。

 

全体的に不満点は無いですが、 少しだけ???と思うのが、蓋を留めるロック部分。

もう少し大きい方が、安心感が有って良かったのでは無いかと思います。

ちなみにこのマーベラスは縦置き保管が出来ます。

参考までに、 風まる君を持ってきて、大きさを比較。

ケースで車内に保管するので、 ケースとの比較になります。

横幅が少し小さく、 厚さも薄い。

上に載せてみた。マーベラスの方が、取っての分だけ上に出る感じ。

厚さ比較。 マーベラスの方が薄いんですけど、 足の分が有るので、相対的にはそんなに薄くない。

風まる君本体に比べて、 マーベラスは明らかに一回り大きく、ただ、その大きさのおかげで、

風防が付く感じ。

この、プラケースというのは案外邪魔そのもので、 中身が無くても場所を取りますから、以前から「これが無い方がいいな~」と思っていたんですが、そういった意味でもこのマーベラスは良いかもしれません。

後は使用感だな 

 

 

コメント

ウトウトウト

2018年08月19日 | ウインドサーフィン 

土曜日に、なぜか咳とクシャミが出て、 「変だな~・・・」なんて思っていた僕。

起きてみたら、 鼻水がダダ漏れ+咳もあるし、 くしゃみも やはり連発。

どうやら、 金曜日から土曜日の朝にかけて窓開けっぱなしの 上半身何も着ないで寝ていたせいで体調を崩したみたい。

昨日は気を付けて寝たんだけど・・・・

まあ、熱がないのと喉がやられていないので、 大したことは無いとは思うんですけど、 冷えから来ているのは間違いない。

「まいったな~~」と思うものの、 海に入れば治るべ! ってな感じで家を出た。

で、やっぱり体調がいまいち。

そこで、 SAで1時間ほど仮眠して、 再出発。

そのままゲレンデに・・・と、その前に行きつけのショップに顔を出して。

なぜなら? 今使っている 11.0がだいぶ傷んできているので、 いつぶっ壊れるか判らない状態。

なので、”その前”に中古を一本買いこんどこう、という算段です。

いつもお世話になっている Kプロとセイルの話をしていて、そのうちだんだんと違い方向に行ってしまいまして。

まあ、セイルその物は買ったんですけどね、 フォイルサーフィンをやる話になって、 

まあ、海面から70㎝くらいまでのところを飛ぶ(飛行?)するもので、 まだ新しいカテゴリーでもある。

ハイドロ・フォイルなんですけどね、 かなり面白いらしいです。

前から興味はあったんですけど、 それにとっかかるチャンスがなかった・・・・

で、たまたまその話になって、 で、”購入決定!!” ぶぁはははは!

あ~これでまた怪我が増える・・・・ 背中にナイフ状のフォイルウイングが刺さったりとか・・・・

 

で、店を出たら、 そのままゲレンデの駐車場に移動。

とりあえずは、フィンのネジ留太鼓を交換。 ひまなので(笑)

叩いて打ち抜き、 新しいものを軽く叩きこむ。 手にしているのは古いやつです。

あっというまに 作業は終わるんですけど、 そうなるといきなり暇になるな~~~ 

 

絶対に吹かないな!! と朝の段階で読み取れる大気の状態で、 まあ、変な気圧配置だし、

仕方ないかなとか・・・

ただ、実際に来てみたら、吹いていた!なんて事が多々あるので、 ここはやはり待つことにしました。

学生のウインド部と、初心者だけの海面。

しかし・・・・・ 暑くもなく、寒くもなく、 リアのゲートを上げて日陰で椅子に座っていると

半端なく気持ちいい。

体調がいまいちなのもあり、 椅子に座ると ただひたすら眠くてウトウト そのまま15時ころまで

半分居眠り。

少しだけ風がはいってきたので、 一応出てみましたけど、 やっぱりだめ。

16時には片づけて帰路に。

なんか よく寝たせいか 体調不良も治まり、 やたらと元気にハンドル握る僕でした。

 

 

コメント