自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

誉田哲也 『感染遊戯』

2016年12月25日 | 読書

誉田哲也 『感染遊戯』



姫川シリーズ第5弾。
ガンテツ、元刑事の倉田、玲子のである元部下葉山が主役のスピンオフ短編集。
と、思いきや、繋がるお話でした。

官僚の不正や不祥事が背景に事件が描かれています。

短編がバラバラの事件で進んでいくのですが、後半になると、どんどん繋がってきて、
読み応え抜群でした。

ただ、玲子はあまり出番がなくて、少し残念かな。

けれど、前作の「インビジブルレイン」から復活している印象を持ちました。
次が楽しみだ~
コメント

中島たい子 『漢方小説』

2016年12月21日 | 読書

中島たい子 『漢方小説』



31歳の主人公、みのりは、胃がひっくり返ったようになったり、眠れない日が続いたり、
救急車で運ばれるほど、不調なのに、病院に行くと、「異常なし」。
他の病院に行っても、「異常なし」。

それでも、体調が悪い状態が続くなか、出会ったのが、東洋医学だった。
漢方治療に出会い、色んなことに向き合っていくきっかけとなる。

良かったです。
みのりの状況に、少々深刻なのかな?って思ったりもしたのですが、
ところどころ、ぷっと笑える時もあり、思っていたより軽く読めました。

心と体は繋がっているのだ、と改めて思いました。

ちょっと、漢方に興味が出ました。
といっても、体調が悪いわけではないのですが、いつかこのことを思い出す時がくるかも。
コメント (2)

阿部智里 『烏は主を選ばない』

2016年12月13日 | 読書

阿部智里 『烏は主を選ばない』



八咫烏シリーズ第二弾。

うつけと評判の若宮の側仕えとして朝廷に行くことになった、少年の雪哉が主人公。
優秀な兄を推す声が多く、若宮の周りは敵ばかりで、味方は少ない。
そんな状況のなか、次々続く危機をどう乗り越えていくのか。

前作『烏に単は似合わない』は若宮のお后候補たちのお話でした。
本作は、その対になる、若宮側のお話。

前作よりこちらの方良かったです。
主人公の雪哉がとても魅力的なのです。
彼の成長も見れるのかと思いきや・・・
そんな単純なものではなかったです~

本作を読んで、このシリーズが楽しみになりました。
次も読みます。
コメント

ルミナリエ

2016年12月12日 | 日々

もう終わってしまいましたが、先週ルミナリエに~



会社の同僚と食事の後訪れたので、並びはしましたが、比較的人は少なめでした。



天井の写真はこれが一番いい!と思ったら、信号が・・・



友人とも話していましたが、もうそろそろ本当に終わるかもしれないなぁ。

ルミナリエの長さも短くなっているし、資金難の話は前から聞いているし…

復興のシンボルのルミナリエ。

終わってしまったら、寂しいなぁ。
コメント (2)

大崎梢 『クローバー・レイン』

2016年12月10日 | 読書

大崎梢 『クローバー・レイン』



大手出版社で編集者として勤める、彰彦が主人公。

ある日、本にしたいと思う原稿に出会う。
下り坂の作家だからか、編集長からは読むこともなく、拒否されてしまう。

彰彦が本にするまでの奮闘が描かれています。

とても良かったです。

今まで中堅の出版社が舞台の作品を読みましたが、
大手は大手で、色んな悩みや葛藤があるんだなぁ、としみじみと思いました。

どのようにして、この原稿が書籍化されていくのか、
追っていくのが楽しみな一冊でした。
コメント

柚木麻子 『本屋さんのダイアナ』

2016年12月06日 | 読書

柚木麻子 『本屋さんのダイアナ』



主人公は二人。

名前はダイアナ。
漢字だと、大穴。
キャバクラ勤めの母親のティアラと二人暮らし。
父親のことは知らない。
変な名前も、母親染められた金髪も嫌いで、
本を読むのが大好きな女の子。

もう一人の主人公が、彩子。
優等生で、クラスでも一目置かれているような女の子。
ダイアナ同様、本が好き。

そんな正反対の二人ですが、仲良くなるのには時間がかからなかった。
しかし、小学校卒業目前に、二人はとあることで仲違いをして・・・


面白くて、素晴らしい一冊でした。

大人になるまでの成長や葛藤が描かれていて、
共感できることもあり、とても良かった~
コメント (2)