自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

神永学 『心霊探偵八雲 ANOTHER FILE 祈りの柩』

2014年07月30日 | 読書

神永学 『心霊探偵八雲 ANOTHER FILE 祈りの柩』



赤い左眼をもち、その眼で死者の魂を見ることが出来る八雲が主人公。

ある泉で幽霊に出会ったという女の子が歌い続けているという相談を受けた八雲。
一方、警察官の後藤の元にはは悪霊に殺されるという事件が持ち込まれ、
石井と共に調べ始めると、後藤の元同僚で牧師となった桐野と再会することになる。

今回も前作同様外伝というか、番外編でした。

後藤の過去が絡むお話で、なかなか興味深かったです。

悪くはないのですが、なにより本編の続きが読みたい。
コメント

うなぎ

2014年07月29日 | 日々

今日は、土用の丑の日ということで、うなぎを頂きました

昔はよく食べていたような気がしますが、
もう今は、年に一度のこの日にだけのような気がします。

子どもの頃は、うなぎというより、うなぎのタレが好きでしたね~
今も好きですが。

これで、夏を乗り切れるかな?
コメント (2)

今日は快適です

2014年07月27日 | 日々

暑い日々が続いていますが、今晩は、涼しい~
快適

毎年、兵庫県佐用町にひまわりを見に行っていましたが、
今年は朝でもかなり暑そうなので、断念。
今まで、梅雨が明ける前のまだ涼しい午前中に訪れていたのです。

市内の自治体で休耕田を利用して、ひまわり祭りを催すと聞いて、訪れてみました。
小規模でしたが、ひまわりの元気を貰ってきました~



その後、喫茶店でモーニング



昔ながらの喫茶店なのですが、コーヒーがとても美味しいお店。
といっても、私はあまり飲まないのですが・・・

私は、ミックスジュース!
アイスコーヒー&アイスティーと同じ値段なのが、不思議なのです~
コメント (2)

竹生島

2014年07月26日 | 国内おでかけ

先週末、滋賀県の竹生島に行ってきました。

竹生島は、琵琶湖に浮かぶ島。
花崗岩の一枚岩からなる島で、周囲2kmの大きさ。

神が住む島とも言われており、宝厳寺と都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ・竹生島神社とも言う)があります。

長浜港から船に乗ります。



彦根や今津からもアクセスできます。

船が出るとすぐに、伊吹山が遠くに見えました。



子供の頃、親戚と登ったことがあります。

湖上に出ると、琵琶湖の大きさを再認識。



船内では、滋賀県や竹生島を紹介したビデオが流れています。

船は沢山の人を乗せて、約30分で竹生島へ。



島は暗くなってしまいました…

上陸です~



見上げると、左手が宝厳寺。右手が都久夫須麻神社。
先ず、宝厳寺。

そして、急な石段に迎えられます…



165段あるそうです。
途中に休憩できるスペースがある箇所があまりなく、一気に上りました。

途中、振り向くと、琵琶湖上に乗ってきた船。



上りきると、本堂である弁才天堂。



本尊の大弁才天は、江島神社・厳島神社と並ぶ、日本三大弁才天の一つ。

樹齢400年のモチの木。



大きくて、形もキレイです。



上へ下へと歩きます。

琵琶湖を見て、ひと息。



国宝の唐門と後ろ側が、観音堂。



唐門は、豊臣秀吉が建てた大阪城極楽橋の一部を移築。

観音堂からこの舟廊下を通ると、都久夫須麻神社に繋がっています。



明治時代の神仏分離までは元々一つだったのが、分かります。

都久夫須麻神社



修繕中なのが、残念。

かわら投げが出来る、竜神拝所



願い事をかわらに書いて、投げましたが、私には遠くて到達しませんでした…
それでも、叶うかな~

かなりたくさん歩くわけではないけれど、暑さに堪えました…
下に下りて、船乗り場までにお店がいくつかあり、かき氷を食べて、復活!

偉大なる、しゅららぽんの舞台。



原作まだ読んでないし、映画も観てません。
原作を読んでおけば良かったです…



再び船に乗って、長浜へ戻りました。

長浜から彦根まで湖岸を走っていると、鳥人間コンテストの舞台がありました。



子どもの頃、遠くからですが、飛んでいるのを見たことがあります。
今年はもうすぐなのかな??

コメント

村山由佳 『地図のない旅 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season Ⅷ』

2014年07月24日 | 読書

なかなか、ブログと向き合えません

忙しいわけでもなく、大した理由もないのですが。
本はぼちぼち読んでいるけれど、感想はかけないし…
お出かけもしたけれど、レポがかけないし…

とりあえず、一冊。



村山由佳 『地図のない旅 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season Ⅷ』



おいしいコーヒーのいれ方シリーズ。
セカンドシーズンの8巻目です。

年に一度のこの時期に刊行されるこのシリーズ。
ずーと付き合っています、このシリーズに。

ある事故で失意の勝利はオーストラリアに渡り、恋人のかれんとは離れたまま。
かれんとの再会はいつになるのだろう・・・と一年前に思った記憶があります。

そんな勝利が急きょ日本に帰国することになるのだが…

少しずつ話が進んではいます。
すっごくじれったいですが(相変わらず)。

ラストに近づきつつあるようですが、なんとなく10巻目(計20冊目)で終わるような気がします。
あと、2年。
続きはとても気になるのに、終わりがみえてくると、寂しい気持ちになります。
コメント (2)

近藤史恵 『サヴァイヴ』

2014年07月14日 | 読書

近藤史恵 『サヴァイヴ』



自転車ロードレースを題材にしたお話。
『サクリファイス』&『エデン』の番外編。
短編六作が収録されています。

面白いシリーズ。
このシリーズを読むと、
日本では馴染みのないロードレースの面白さ&奥深さを感じ取ることが出来ます。

続編も楽しみだし、もう一度『サクリファイス』を読みたくなりました。
コメント

村上たかし 『星守る犬』 『続・星守る犬』

2014年07月13日 | 読書

村上たかし 『星守る犬』 『続・星守る犬』

 


星守る犬とは、

「犬が物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人のことをさす」

という意味。

これは、漫画です。
会社の人から借りました。

あらすじは、かなりネタバレになるので、あえて書きません。

表紙の絵から感じられる、ほのぼの系ではないです。
いや、ほのぼのするシーンもいくつもあるのですが。

切なく、哀しく感じるのですが、ほっと和ませてくれる作品でもあります。
コメント

本多孝好 『チェーン・ポイズン』

2014年07月10日 | 読書

本多孝好 『チェーン・ポイズン』



三人の自殺。
人気あるバイオリニスト。
妻と娘を殺された被害者家族の男。
そして、OL女性。

共通するのは服毒自殺だった。
週刊誌記者が、3人の自殺の関連性を追う。

何冊か本多作品を読んだことがありますが、
ミステリーのイメージはなく、今までとは少々テイストが違うお話なので、かなり驚きました。

ラストはどうなるかと思いましたが、なるほど~

自殺&死を扱った重い内容ですが、読後感が良いのが好きです。
コメント

七夕~

2014年07月07日 | 日々

今日は、七月七日。
七夕です。

朝から雨で、晴れません。

今朝は雨の音で目が覚めました。
梅雨時の七夕ですね・・・

先週末、大阪に行っていました。

ちょうど通りがかった四天王寺で、七夕の催しがされていました。



笹のトンネルに入ってみました。



この時初めて、七夕が近い事に気づきました。

四天王寺は聖徳太子が建立したお寺だそうです。
知らなかった!

そして、バックに見える、あべのハルカス。



近くで見ると、こんな感じ。



上には上っていません。
ここは、上に上りたい時にまた、訪れるカナ?
コメント (6)

京都5 愛宕念仏寺 & 鈴虫寺

2014年07月03日 | 国内おでかけ

嵐山観光を終え、車で愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)へ。

もう少し近い、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)と思っていたのですが、
無料駐車場がなくて、そのまま先にある愛宕念仏寺に行きつきました。

仁王門



ここではたくさんの羅漢さんに出迎えられます。



参拝者が彫って奉納し始めて、1200体あります。

それぞれが表情が豊かに並んでいて、一体一体見入ってしまいます。
どのような想いで奉納したのか、思いを巡らせました。

こんなテニスラケットを持った、羅漢さんを発見。



テニスをしている人が奉納したのでしょうか~

本堂



重要文化財。
鎌倉時代の建物。

多宝塔



かなり辺鄙な場所にあるのですが、沢山の人はいませんが、
参拝客を見かけましたし、外国の方もいらっしゃいました。

思いがけず寄ることが出来ましたが、とても癒されるスポットでした。


そして、車で少々移動して、鈴虫寺へ。



階段を上ります~



正式名称が「華厳寺」。
通称、「鈴虫寺」。
年中、鈴虫を飼育していることから、そう呼ばれています。



ここはとてもユニークで、鈴虫がいる部屋で僧侶による説法があり、お茶と菓子のもてなしがあります。

門前にわらじを履いた幸福地蔵さんがいて、お願いごとを叶えてくれることで知られています。

だからか、参拝者が多く、長蛇の列となっています。
アクセスは良くない場所なのに、こんなに人がいるとは・・・
でも、私はちょうどいいタイミングで入れました~



説法は面白いのだけれど、少々長いなぁ…
間延びした感じでした。
もうちょっとコンパクトに。

終わった後、お庭も散策出来ますが、自分のペースで歩けないのが残念…

お寺自体の印象が全然残りませんでした。

京都の街並みを望めます。



京都タワーが見えました。
京都駅から離れているのが分かりますね~

この近くにある苔寺(西芳寺)を訪れてみたいのですが、
予約制なんですよねぇ・・・
いつか!と思っているのですが。
コメント (4)   トラックバック (1)