自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

上高地・白川郷の旅 一日目 夕暮れの河童橋

2013年09月30日 | 国内おでかけ

散策を終え、宿にチェックイン。
シンプルな和室でした。

しばらく休憩して、夕食まで時間があるので、日没まで河童橋のあたりを歩いてみることに。



足が痛い…
少し足を引きずりながら、歩きます。

河童橋の上から穂高岳方面(歩いた方角)



河童橋の反対の方。



日暮れだったので、暗い写真になっってしまいました…

お土産屋さんをいくつか見て周りました。
上高地特有のものは、ここで購入すべきですが、
上高地以外でも売っているものは、上高地では買わない方がいいです。
少々高いようでした。

そして、宿に戻って、夕食。



この他にステーキもありました。
すごくお腹いっぱいになりました~

お風呂は温泉ではないですが、大浴場。
サウナもありました。

上高地の夜で星を見たら、とっても綺麗だろう、と思っていましたが、
曇りでダメでした…
台風が近づいてきていたので。
残念。
コメント (4)

上高地・白川郷の旅 一日目 明神池へ(右岸道)

2013年09月29日 | 国内おでかけ

梓川右岸道を歩いて、河童橋へ戻ります。



木の道で歩きやすいです。

左岸道より右岸道の方が距離が長いのですが、
変化に富んでいて、こちらの方が歩くのが、楽しいです~

ただ、アップダウンが少々あります。
私たちが通ったコースの方が、下りが多かったので、楽なのではないかと思いました。
河童橋方面から歩いてくる人たちは、上りが多くて、大変そうでした。

川も綺麗~



ベンチがあり、梓川を向いて休憩していたら、何か動くものが・・



猿でした。
写真には一匹ですが、対岸には沢山いました。

遠くから見るには、いいのですが、その後歩いていたら、かなり近くにも接近。



まさかここまで近くで出会うとは思わなかったので、とってもビックリしました。
背中の写真で精一杯。

怖かったです…

そして、岳沢湿原。



初夏には花が咲いて綺麗だそうです。

ここから15分ほど歩いて、河童橋に戻ってきました。

とても素晴らしい自然でした!
上高地の自然を満喫しました。


そして、宿に戻って、チェックイン。

疲れました~
このウォーキングがで、右ひざ裏がすごく痛くなりました…
筋肉痛にはならなかったのですが。
この後、一週間ぐらい影響がありました…


コメント

平岩弓枝 『鬼の面 / 神かくし / 恋文心中  御宿かわせみ 13/14/15』

2013年09月28日 | 読書

平岩弓枝 『鬼の面 / 神かくし / 恋文心中  御宿かわせみ 13/14/15』

  


御宿かわせみシリーズ、13~15作目。

江戸の旅宿「かわせみ」の女主人るい。
るいの恋人で、代々筆頭与力の家柄の神林東吾
この二人は夫婦みたいなものだが、家柄の差もあり、夫婦ではない関係。
東吾の親友で八丁堀同心の畝源三郎。

彼ら3人がメインで、「かわせみ」に関わる人たちが、江戸で起こった事件に関わっていく捕物帳。

3冊を一気に読みました。

何故ならば、15巻目の『恋文心中』の中で、東吾とるいの祝言を上げる話が入っていると知って、
我慢できず、立て続けに読みました~
なるべく、一作品ずつ読むように努めているのですが、いつ祝言を上げるのかずーと気になっていました。
まさか、15巻目ぐらい遅いとは思わなかったですが。

やっとこさ、るいと東吾が夫婦となりました。
いつだ、いつだ、と思っていたので、長かったー
祝言までは、結構あっさりと描かれていましたが、
祝言自体は、感動でした。
東吾の兄、通之進の気配りが素晴らしい~
コメント

上高地・白川郷の旅 一日目 明神池

2013年09月27日 | 国内おでかけ

明神橋を渡り、梓川右岸側へ来ました。

明神池がある穂高神社 奥宮へ。



穂高神社の本宮は、安曇野市にあります。
この奥宮は、日本アルプスの総鎮守、海陸交通守護の神。



寺社を訪れると、御朱印を頂いています。
この奥宮でも頂きました~



ここまで歩かないと、頂けない御朱印。
貴重です。

そして、奥にある明神池へ。
拝観料を支払う必要があります。

実際には分かりませんでしたが、ひょうたんのような形をしているそうです。

一之池



二之池



明神池は、穂高神社の神域。
荘厳な雰囲気でした。

これから、右岸を歩いて、河童橋へ戻ります。




コメント

上高地・白川郷の旅 一日目 明神池へ(左岸道)

2013年09月26日 | 国内おでかけ

上高地の散策は、明神池を周るコースを選択。

ガイドブックには、歩行時間2時間20分とありましたが、
もうちょっとかかったかな。

梓川左岸歩道を歩き、明神橋を渡り、明神池を見て、梓川右岸歩道を歩いて、河童橋に戻ってきます。

木々に囲まれた道を歩きます。



キャンプ場がありました。
朝晩は寒そう…



平坦な道が続き、気持ちいいです。



左岸道の半分以上は歩いたけれど、もっと歩いたような気分。

これは、川の流れのあと?



林が開けて、川が見えてきました。



景色が変わると、気分も変わります~

そして、穂高奥宮の標柱。



ここは分岐点で、まだまっすぐ行くと、徳沢へ。
でも、ここから1時間かかるそうです。

私たちは、ここを曲がって、明神橋へ。

因みに、ここにも宿があります。
宿を探していた時、安い宿があるなーと思っていたら、そりゃそうです。
バスターミナルから徒歩1時間はかかります。

明神橋と明神岳。



明神橋を渡ります~



そして、梓川右岸へ。
コメント

上高地・白川郷の旅 一日目 上高地へ

2013年09月24日 | 国内おでかけ

新穂高ロープウェイを離れて、上高地へ向かいます。

上高地は美しい自然を守る目的で、マイカー規制をしていて、
平湯温泉の駐車場(実際はあかんだな駐車場)に車を置いてシャトルバスを利用。
バスは、大正池、上高地帝国ホテル、そして上高地バスターミナルへ。

私たちは、上高地バスターミナルまで。
ここからは、絶対に徒歩となります。
荷物を持って、宿まで歩きます。

10~15分ぐらい歩いて、宿の上高地西糸屋山荘へ。



上高地って、比較的宿代が高め。
冬場は閉めているので、限られた期間内で稼がないといけないから?
実際、よく分かりませんが…
宿の数も少ないというのもあると思います。

上高地では、上高地帝国ホテルが一番有名。
日本初の山岳リゾートホテルだそう。
折角ならば、宿泊してみたいと思いましたが、値段どうこう考える前に、すでに予約で一杯でした。

ただ行ってみて思ったのですが、帝国ホテルは中心地から少し離れていて、
観光には不便なのかな?
泊まっていないので、よく分かりませんが。

今回泊まった上高地西糸屋山荘は、上高地のシンボルである河童橋からとても近いです。
そして、リーズナブルな宿として、クチコミでかなり評判が良かったので、決定。

1階のロビーにある喫茶室には、コーヒー、紅茶(何種類もありました)、お水が無料で頂けるスペースがありました。

チェックインは未だの時間だったので、荷物を預かってもらって、早速散策。
宿の人からも、明日はいい天気ではないので、今日ですよ、とも言われました~

散策マップを頂いて、出発です。

宿を出た所から、梓川を。



対岸はバスターミナルから河童橋までの道。

そして、河童橋。
たくさん人がいます。



夕方には人が減っているだろうと思い、後でゆっくりと写真を撮ろうと思い、
とりあえず、河童橋を渡ります。



河童橋からの一枚。



そして、これからウォーキングです。
コメント (2)

上高地・白川郷の旅 一日目 新穂高ロープウェイ

2013年09月23日 | 国内おでかけ

高山を離れて、新穂高ロープウェイに向かいます。

ロープウェイで、穂高連峰をのぞむことが出来る展望台へ。

新穂高温泉駅から鍋平高原駅を4分で結ぶ、第1ロープウェイ。
鍋平高原駅で乗り換えて、しらかば平駅から西穂高口駅を7分で結ぶ、第2ロープウェイ。

私たちは、第2ロープウェイのみに乗ることにしました。

駐車場にいると、ちょうど上がっていきました。



ここのロープウェイは、日本唯一の2階建てです。

2階の方がいいと聞いていたのですが、並んだ順に乗っていくので、2階には乗れませんでしたが、
ちょうど1階の一番前に乗ることが出来ました。



どんどん上昇します。



景色を見ていたら、あっという間に頂上駅の西穂高口駅へ。



2156m。
因みに、下のしらかば平駅は、1308mでした。

駅の屋上にある展望台へ。



いいお天気なので、綺麗に山々が見えました。



唯一分かる山が、とんがっているこの山 ↓



槍ヶ岳。
3180mです。


うっすら奥に見える、白い雲にかかっているのが、白山連峰。



白山スーパー林道がある山ですね。
ということは、白川郷がある方向ということです。

展望台の他に、お土産屋さんや軽食が食べれる喫茶がありました。

そして、しらかば平駅へ下ります。

次こそ、2階だ!
と思ったのですが、再び1階へ。
けれど、また一番前に乗れました。

下りの方が迫力があります。



ながーいロープ。

ちょうど中間地点で、上りのロープウェイとすれ違います。



そして、しらかば平駅が見えてきました。



レストランがあり、足湯も楽しめます。

そして、至るところ(ネット上でも)で紹介されていた「アルプスのパン屋さん」。



口コミ通り、とっても美味しいパン屋さん。
あんこクロワッサンを食べました~
パリパリでした!

次は、上高地です。
コメント (4)

ミュージカル 『レ・ミゼラブル』

2013年09月22日 | 観劇/音楽

昨日、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を観てきました。



大阪の新しくなったフェスティバルホールです。

同僚から音響がすごくイイと聞いていました。
そこまでは詳しくないので、なんとも言えないのですが、言われてみれば、そんな気がしました。
ただ、ミュージカルはもうちょっとコンパクトなホールがいいなぁ
というのが、感想。

新演出になったレミゼ。
前回見たのがかなり前なので、記憶は曖昧ですが、確かに変わっているのは、分かりました。

そして、キャスト表。



ジャン・バルジャン&シャベール役の人は、元劇団四季の人ですね。
二人ともジャン・バルジャンとシャベールの二つの役を日によって、演じてるそうです。
すごい。

マダム・テナルディエは、森公美子さん。
うん、迫力がありました~

ガブローシュは、加藤清史郎クンだったのですが、別キャストになっていました。
でも、今日の役の子も良かったです。

リトル・コゼットも可愛かった~

映画の方が、感動度が大きかったですが、
それでも、楽しいひと時を過ごせました。

観劇後は梅田に戻り、グランフロント大阪へ。
お茶をしようと彷徨っていたら、結局アフタヌーンティーで、アフタヌーンティーセットを食べました。



ボリュームがあって、かなりお腹いっぱいになりました。
コメント (2)

上高地・白川郷の旅 一日目 高山の朝市

2013年09月21日 | 国内おでかけ

高山の朝市へ。

朝の6時から12時まで毎日開催されていて、7時ごろ訪れました。

宮川に沿って、朝市が立っています。



ちょっと早くて、まだ準備をしている市もありました。



野菜や果物、お菓子や漬け物等々売られていて、見ているだけでも楽しいです。

みたらし団子を食べました。
甘いみたらし団子ではなく、しょうゆ味のお団子でした。


高山は、古い町並みが残る町。
少しだけ散策。



雰囲気が好き~



機会があれば、日中にゆっくり過ごしたい町です。

次は、新穂高ロープウェイへ。
コメント (2)

上高地・白川郷の旅 一日目 SAにて

2013年09月20日 | 国内おでかけ

上高地に向けて、真夜中出発。
朝の4時代には、ひるがの高原SAにいました。
ここでしばらく休憩。



このひるがの高原SAの標高は874m。
残念ながら、山々は見えず。

でも、とっても気持ちいい朝。
すがすがしい空気でした~

このSAでは、これから登山に向かうであろう人たちを何人も見かけました。

山々が近いのだなぁ、と改めて思いました。

高山の朝市が6時半から催されていて、高山を目指します。
コメント (2)

中秋の名月

2013年09月19日 | 日々

今日は、中秋の名月

プラス、満月~

とても、美しいお月さまでした。

先日の上高地旅行で歩きすぎて、まだ右ひざの裏が痛くて、ウォーキングは中断しているのですが、
今日は、少しお月さまを観ながら少々歩いてみました。



綺麗に撮ることは出来ませんでした…

歩いていると、他にも写真を撮っている人を数人見かけました~

次に中秋の名月の日に満月になるのは、8年後。
今年までは3年連続で、満月だったそうです。
知らなった。

お団子食べたくなりました
コメント (2)

上高地・白川郷の旅

2013年09月18日 | 国内おでかけ

今回の旅のブログは、一気に上げようとすると、いつ完成するのか分からないので、
短く切ることにしました。(今のところ)

タイトルは、「上高地・白川郷の旅」

旅のコースは、

一日目

高山の朝市
   ↓
新穂高ロープウェイ
   ↓
上高地 宿泊


二日目

上高地
  ↓
飛騨古川
  ↓
白川郷


新穂高ロープウェイ&上高地は、景色が重要なので、晴れ予報だった一日目となりました。
コメント (4)

綿矢りさ 『インストール』

2013年09月17日 | 読書

綿矢りさ 『インストール』



登校拒否をすることに決めた、高校生の朝子は、壊れたパソコンを捨てたゴミ捨て場で、
小学生のかずよしに出会う。
壊れたパソコンをかずよしが直し、かずよしからパソコンを使った仕事に誘われる・・・

初、綿矢りささんでした。
他作品を読んだことあるような気がするのですが、どうやら初めてのようです。

史上最年少で芥川賞を受賞されて、当然知っていましたが、
読むのが初めてなのが、自分でも意外でした。

この『インストール』は、十七歳のデビュー作。
現役高校生が書いた、高校生のお話。
因みに、芥川賞受賞作の『蹴りたい背中』は、その後の作品。

すごく共感したわけではないですが、
思春期の微妙な年頃の女の子が感じる将来の不安をふと思い出したりしました。

次は、『蹴りたい背中』を読んでみようかな。
コメント

帰ってきました

2013年09月16日 | 日々

昨晩、旅行から帰ってきました

帰宅途中から大雨で、少々怖いぐらいでしたが、
今朝起床して、テレビを見ると、想像以上に雨の被害が酷くて、驚きました。

私が住んでいる地域は、大丈夫だと思っていたのですが、
今朝は電車も高速道路も不通でした。

旅行計画を立てていた当初、2泊にしようかと考えていましたが、
結局1泊に。
それは、正解でした!

2泊だったら、なかなか帰ってこれなかったかもしれません。


旅行自体はハードスケジュールでしたが、とっても楽しかったです

今日はとても疲れて、昼寝もたっぷりしてしまいました

今晩寝れるかな…
コメント (4)

3連休~

2013年09月13日 | 日々

3連休です!

それも、2週連続 

同僚とも話していたのですが、3連休があるというだけで、気分が全然違います~

今週末は、上高地へ行ってきます

数時間後には出発です。

準備しなくては~
コメント (2)