自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

幸運来る!?

2007年12月27日 | 日々

私は最近知ったんですが、美輪明宏さんの写真を2週間携帯の待ち受けにすると、
良いことがある、と。

昨日、その写真を知人から貰って、早速待ち受け画面に設定しました。

いや~、携帯を開ける度に、ちょっとビックリします。
あまりにもどアップで。

真実はともかく、良いことは信じます。
いや、信じたい!
良いことあるかな~

コメント (2)

年賀状作成終了

2007年12月23日 | 日々

やっと、年賀状の印刷をしました。
両親と私の分と。

絵探しはちょっと前からしていたのだけど、
本格的にし始めるのは、なかなか進まずで

やり始めたら、さくさくと出来上がり~

でも、これから宛て名書きだ…

コメント

高知に行ってきました

2007年12月19日 | 国内おでかけ

先週末、社員旅行で高知に行ってきました
バスでの旅行です。

まず、祖谷(いや)のかずら橋です。
あっ、高知だけでないですね。
高知&徳島の旅です。

祖谷は、かなり奥深い所にあり、普段酔わないのだけど、
ちょっとだけ酔ってしまいました

かずら橋を訪れたのは、10年以上振りなんですが、
かなり変わってて、驚きました
周りの環境が。
結構観光地化されてました。
綺麗なお土産屋さんが出来てました。
かずら橋自体はそのままなんですが。

 

かずら橋を渡るのは、初めてではないのですが、こんなに怖かったっけ??
と思いました。
下をみずに渡ろうと思うのだけど、見てしまう。

次は大歩危(おおぼけ)です。
大歩危峡で遊覧船に乗りました。

 

山の中なので寒いかと思ってたけど、思っていたよりは寒くなかったです。
天気も良く、気持ち良かったです。

それから、高知に向かって、宿に到着。
昔(かなり前)、高知に住んだことがあったので、懐かしかったです。
といっても、ほんの少しだけ。
かなり変わっていそうなので、記憶がかなり曖昧なので。

この日は、忘年会を兼ねた宴会
やはり、鰹のたたきの皿鉢料理が出ました~
鯨の鍋も。
もうお腹イッパイでした。

泊まった旅館は、サービスもお風呂もご飯も良く、快適に過ごせました~

翌日は、まず高知城&日曜市散策です。

 

日曜市では、芋ケンピを買い、芋の天ぷらを食べ歩きしました。
それから、桂浜です。

 

やはり、坂本龍馬像ですねー
桂浜では、アイスクリンを食べました。

食べてばっかりの旅行で、この二日間だけでも太りました
でも、楽しく良い旅行でした

コメント

綾辻行人 『十角館の殺人』

2007年12月09日 | 読書

そして、綾辻行人著『十角館の殺人』。
館シリーズの一作目。
これは二度目です。
再び手に取ったきっかけは、最近『暗黒館の殺人』が文庫化された為。
もうすでに買ってあるのだけど、もう一度館シリーズを読んでから、
暗黒館を読もうと思って。

事件が起きた島に、ミステリ研究会に所属する大学生が訪れ、
一人、そして、一人と殺されていく…のですが・・・

これはトリックはなんとなく覚えていました。
他の作品は恐らく覚えておらず、それだけこの作品は印象深かったです。

それだけあの一文に、唸りました。

そして、水車館、迷路館、人形館、時計館、黒猫館、そして暗黒館に続くのかな。
暗黒館までまだまだ先ですね。
コメント

川上弘美 『ニシノユキヒコの恋と冒険』

2007年12月08日 | 読書

3冊目は、川上弘美著『ニシノユキヒコの恋と冒険』。

一人の男性、ニシノユキヒコを巡って、10人の女性が主人公がニシノユキヒコを語るお話。

ん~、ニシノユキヒコ - 西野幸彦がつかめない。
10代から50代にかけての彼の話を読んでて、つかめないけど、分かるのは
どうしようもない男、かな。
どうしようもないのだけど、憎めないのです。

印象深いのは最初の話の「パフェー」。
死んでしまったニシノユキヒコが昔の女性の所にも出没。
この話が一番最初にあるのは、作者の何らかの意図があるのかな。

コメント

乃南アサ 『行きつ戻りつ』

2007年12月08日 | 読書

二つ目は、乃南アサ著『行きつ戻りつ』。

これは短編集なので、半身浴用にお風呂で読むことになってしまった一冊。
夏は半身浴はしなかったので、前の冬から今年の冬にかけてかなり時間がかかって
読み終えた小説です。
なので、初めの方の話はあまり覚えてなくて…

悩みや事情をもつ女性の旅先での話の短編集。
珍しくミステリーではないです。

彼女たちが持つ悩みや事情も、身近な感じがします。
子供のこと、お金のこと、母親のこと・・そして、自分のこと。

収めれている16の話の中で、訪れたことがある場所が、
岡山の備前と高知。
この二つの舞台の話は、やはり読みやすかった。
情景が浮かんできました。

コメント

恩田陸 『ドミノ』

2007年12月08日 | 読書

本を読んだのに、感想を書かずにしばらく放っておいて、
もういいやーと思ってたけど、自分にとっても履歴になるので、
やはり書くことに。

まず、恩田陸著『ドミノ』。

登場人物が多く、それぞれの視点から書かれて、初めは少し混乱しました。
最初は登場人物を参照しながら、読んでました。
こんな多くの登場人物がどうマッチしていくのだろう?
と思いながら、読み進めました。

後、東京駅近辺のことがもっと分かっていたら、
より一層楽しめたのかも?

変わった形態のお話ですが、面白かったです。

コメント

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた

2007年12月06日 | 映画/TV
最近、映画を見ることがめっきり減ってきました。
続編のALWAYSを見にいこうと思っていたけど、このままでは終わってしまいそうだし…
レンタルするのも、なんか面倒で…

でも、暇な時にネットで映画情報を見てたら、コレ知ってるよーな?
けど、なんだっけ??と思った映画が、↓

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた - goo 映画

思い出しました
9月にスイスに行った時に、飛行機の中で見た映画でした。

これが結構面白くて、長時間のフライトでも暇つぶしになった映画でした。

暴力夫に悩まされる、主人公はウェイトレス。
その夫と別れる為に密かにお金を貯めている中、妊娠が分かり、
そして産婦人科医とは不倫関係になるのですが…

貯めていたお金が暴力夫にばれたら、ドキドキして、
離婚の為に隠していた妊娠もばれて、またドキドキして。
それにその暴力夫が本当にダメダメ夫で、不倫相手との繋がりは全然OKと思ってしまいました…
でもその人にも奥さんがいるのですが…

ラストもスッキリしていて、頑張れ~と応援したくなりました。

因みに飛行機の中で見たもう一つの映画は、
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』。
でもこれは初めの2作(だったかな?)は見たことなかったので、
いまいちよく分からなかったけど、ジョニー・デップはやっぱりカッコイイ
再認識しました~

コメント

初めてのDS&脳トレ

2007年12月03日 | 日々

初めてDSをしました

我が家に来たのは一週間ほど前だったかな?
本体は新品で、ソフトの脳トレは、中古のよう。
早速始めると、名前を登録しようとすると、すでに登録されている名が二つ。

何だ??と考えていたら、前の持ち主の名前のようです。
あらまぁ…って感じですね。
それもフルネームで登録されていて、脳年齢は二人とも60代でした。
私の想像ですが、年配の方が買われてて、それをそのまま売ったのかな~?

でも、メモリは本体ではなく、ソフトの方なんですねぇ…
知らなかったです。
売る時は要注意です。

で、脳トレを始めて、約一週間。
脳年齢は、30代と40代を行き来しています…
暗記モノがあると、40代。なければ、30代です。
分かっていたけど、暗記モノは弱いです。

これはいいなと思ったのが、一日出来るのが制限があるということ。
初めは物足らないと思ったけれど、こういう感じの方が、長く続けられそう。
もっとやりたい!とずーーーとしていたら、きっと飽きて、続いてなさそうな気がします。

後、同僚から常識力トレーニングを借りました。
これも結構面白い。
今日は百人一首の問題が出ました…
分かんない…

電車の中でしている人たちを見かけますが、確かに暇つぶしにはなりますね~
でも、恥ずかしいですが。
女の人でもいるのかなぁ??

そういえば、地球の歩き方とかも出てるようです。
本タイプより軽いのかな?
ちょっと微妙だけど、すごいです。

TOEICのもあるようなので、買ってみようかな~
私の本体ではないけど…
コメント