自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

小川糸 『ツバキ文具店』

2018年12月20日 | 読書

小川糸 『ツバキ文具店』



主人公の鳩子は、鎌倉で文具店を営みながら、手紙の代筆を請け負う代筆屋をしている。
皆からはポッポちゃんと呼ばれている。

持ち込まれる代筆のお仕事からの出会いや出来事を通じて、亡き祖母への想いへ触れていくお話。

ちょっぴり切ないけれど、心温まるお話でした。
とても良かったです。

代筆屋って、身近にはありませんが、そういう仕事があるんですねぇ。

私も綺麗な文字を書けるようになりたいです。

仕事でも生活でも、手書きの機会は大分減りましたが、
たまに書くことがあると、あぁ・・・と思いながら、書いています…

そして、鎌倉を訪れてみたいです。
今まで鎌倉を舞台にしたお話はいくつか読んでことはありますが
この作品ではすごく思いました。

続編もあるようなので、読んでみます~
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 宮本輝 『長流の畔 流転の... | トップ | 原田マハ 『暗幕のゲルニカ』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鎌倉 (にゃんぱす)
2018-12-21 23:52:51
ツバキ文具店は、NHKでラジオドラマとテレビドラマがありましたね。
ラジオは竹下景子さんと西田敏行さん。
テレビは、多部ちゃんがポッポちゃん役でした。
鎌倉と言えば、先月だったかな鎌倉物語の映画版がテレビ放送されてました。
鎌倉は、京都や奈良との違いは海が近いこと、富士山も見えます。
県内なのでバイクで出かけたりハイキングに行きますよ。
http://hide66blog.blogspot.com/2018/12/blog-post.html
http://hide66blog.blogspot.com/2018/12/blog-post_8.html
にゃんぱすさん (freedombear)
2018-12-24 00:41:16
富士山が見える、というのは、特別感があります。
何度か、鎌倉行き計画は考えたことがあるのですが、
別の所になったりして、なかなか実行されません…
いざ鎌倉 (にゃんぱす)
2018-12-27 18:59:15
鎌倉へお越しの際には、鎌倉と藤沢を結ぶ江ノ電乗車がおススメです。
鎌倉の由比ヶ浜から江ノ島まで湘南海岸沿いはサザンやユーミンの世界が待ってます。
鎌倉高校前駅はスラムダンクの舞台になった所で海外からの聖地巡礼者で賑わっていたり、江ノ島越しに富士山を眺めたり、獲れたてのシラスを味わったりと、古都鎌倉とは別の楽しみも満載です。

2番目のリンク、4枚目の写真 七里ヶ浜

ぜひ鎌倉へ welcome!

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事