自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

朝井まかて 『藪医 ふらここ堂』

2018年08月22日 | 読書

朝井まかて 『藪医 ふらここ堂』



江戸の子供専門の医院「ふらここ堂」が舞台。
小児医の天野三哲は、朝寝坊をし、患者を待たせるだけでなく、
面倒なことになると、逃げ出すことも多い。

周りからは「藪のふらここ堂」と言われる始末。

「ふらここ」とは、ブランコのこと。
庭にふらここがあるから、そう呼ばれている。

ヤブといわれつつ、実はすごい医師?とちょっぴり思っていたら、
やはりそうでした・・

そんな三哲や娘のおゆんを中心に、個性的な人たちをまきこんだ騒動ややりとりが描かれています。

面白かったです。
江戸の医療・暮らしを興味深く読みました。

江戸時代の医療とて、現代に通じるものがあると感じました。

三哲の過去は少し出てきますが、もっと知りたいかも。
後、続編があれば読みたい。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 中山七里 『静おばあちゃん... | トップ | 台風・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事