自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

イタリア旅行 (8日目) ミラノ 最後の晩餐

2014年02月04日 | イタリア旅行2013

スファルツァ城を見学後、
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見ることが出来るサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ向かいます。
徒歩で移動が可能な距離。

トラムと遭遇。



昔ながらのトラムかな?
可愛らしいです。
乗ってみたい、と思ったのだけれども、路線図を全くチェックしていませんでした…

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会



ミラノにおけるルネッサンス期最大の建築物。
1466~1490年に建造。

後ろから見た教会の姿



教会の左側にあるこの建物が、「最後の晩餐」のチケットの受取場所。



12時45分の予約済み。
チケットは、20分前までに受け取る必要があり、無事ゲット。

「最後の晩餐」の予約は、業者にお願いしました。
ネットで取るのは個人でも可能なのですが、私が取ろうとした時は、すでに売り切れ…
今回の旅行での一番の目的は、この「最後の晩餐」でした。
正直、「最後の晩餐」がなかったら、ミラノを訪れることはなかったと思います。
見れないと意味がない!ということで、業者にお願いしました。
他にツアーに参加するという手もあるようです。

予約を取らずに、チケットを購入しに来ている人たちを何人も見かけましたが、
すべて売り切れていました。

予約時間に余裕を持ってきたので、時間があります。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の内部を先に見ようと思いましたが、
入ろうとすると、ちょうど人がいて、

クローズ!

って。
へっ?クローズ??
入れないの???

どうやら、見学は午前中のみのようです。
全くチェックしていませんでした…
痛恨のミス!
これが最終日だし…
ショックでしたー
内部見たかったですー

今から思えば、チケットを受け取ってすぐに行けば、入れたはず。
先に建物の外観写真をバシャバシャ撮ってしまったのを後悔デス…

本当によくガイドブック等で確認しなければなりません。

結局、かなり時間が出来てしまいました…

これは外にあった看板(というのかな?)



最後の晩餐は、この教会に付属するドメニコ派修道院の食堂に描かれている壁画。
レオナルド・ダ・ヴィンチが1495~1497年に描きました。

通常、壁画にはフレスコ画が用いられます。
この旅行でも見た、教会の壁画や天井画の多くはフレスコ画でしたが、
この「最後の晩餐」は、テンペラ画という技法で描かれています。

テンペラ画は、書き直しや重ね塗りが出来るのですが、
温度や湿度の変化に弱い為に、壁画には向かないようです。
なので、「最後の晩餐」は、完成からすぐに剥離が進んだそうです。
修復は何度かされたそうですが、失敗が続きました。
最近の大規模な修復が、1999年に終了。
私たちは今、その絵を目にすることができます。

見学はたったの15分で、あっという間でした。
人数は25人に制限されています。
オーディオガイドを借りて、見学をしました。

少々薄暗い部屋に、「最後の晩餐」が浮かび上がって見えました。
目にした瞬間の感動は、言葉には出来ないです。
想像していたより、大きかったです。

絵を見たら、キリストの足の部分がありません。
食堂の扉を付けたことによって、その箇所が切り取られたかのようになっているのです。

未来の私たちから見たら、何やってんだい!とツッコミたくなりますね。

もう一度みたいなと思ったけれど、不可能。
いつまで保存が可能なのか。
未来の技術が進んで、永久に保存出来たらいいですね。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« イタリア旅行 (8日目) ミラ... | トップ | イタリア旅行 (8日目) ミラ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-02-05 14:41:06
本物の最後の晩餐が見れるってすごい!
これこそ海外旅行の価値の一つですよね。
形あるものは・・・
というけれど、いつまでも残っていてほしいものです。
んんん (はなこころ)
2014-02-06 09:40:42
残念でしたね
観たかった・・ですね

なんか
ぴりぴりしとかなきゃ?ですか
チェックを怠ると
後悔することに~?
はるばるやってきて
後悔は
とても、残念ですね。

・・はなこころ
けんさん (freedombear)
2014-02-06 21:44:39
この旅行では、「最後の晩餐」鑑賞を第一目的として、
旅程を組みました~

本当にこれからも残って欲しいですね。
はなこころさん (freedombear)
2014-02-06 21:48:32
「最後の晩餐」が観れたので、まあ、満足です~~

ガイドブックを読んでいるつもりで、
読めてないんですよねぇ…

コメントを投稿

イタリア旅行2013」カテゴリの最新記事