自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

坂木司 『アンと青春』

2019年01月07日 | 読書

坂木司 『アンと青春』



シリーズ2作目。

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働く梅本杏子(通称アンちゃん)が主人公。
働き始めて8ヶ月となり、慣れてはきたけれど、奥が深い和菓子。
分からないことがいっぱいあり、日々学んでいる。

アルバイトという不安定な立場や将来について悩みながらも、
真摯に和菓子販売という仕事に取り組むアンちゃんの姿勢がとても共感できて、好きです。

前作でも思ったけれど、美味しい和菓子が食べたい~
久しぶりに上生菓子でも買おうかな。

続編もありそうかな。
楽しみです。
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 幸せのパンケーキ | トップ | 重松清 『赤ヘル1975』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事