創価学会体験記

選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親中派 創価学会

2006-04-26 20:02:18 | お知らせ
 巨大掲示板で見つけた発言。
「今回自民が負けたのは、安倍が池田先生の意に反して中国に喧嘩を売ってるから、これは仏罰です。」

 まだ 創価学会内部では 中国は親愛なる隣国らしい。たとえ、領海を侵そうが 日本周辺海域の資源を強奪されようが、公害を垂れ流そうが 反日デモが巻き起ころうが 関係ないらしい。いや 全く何が起こっているのか 知らないのだろう。

 自分たちの置かれている立場に 無頓着・不感症な創価学会諸君に 以下のニュース・HPを読んで頂きたい。

 胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席の歓迎式典で、胡主席が演説中、中国が「邪教」として国内では非合法化している気功集団、法輪功の関係者と見られる女性が報道カメラ席から「法輪功迫害をやめさせて」などと叫ぶ場面があった。
asahi.com 法輪功関係者? 胡主席の歓迎式典で女性が抗議 2006年04月21日01時33分

この裏話は 編集長村上龍 Japan Mail Media にも載っている。

中国政府による規制までの経緯
中国政府も当初は、法輪功の効果を高く評価し、表彰もしていた。また国家として気功に対し「三不方針」という、気功の科学性に関する論争・批判をしないことや、国は研究・観察するだけで提唱しないことや、国は反対しないことを当初、取り決めていた。ところが、1996年、党の機関誌『光明日報』などで法輪功に対する事実無根の中傷記事が掲載された数が増えてきたことを問題視する一部上層部の命を受け、1997年初頭と1998年7月の二度に渡り、公安部は法輪功に問題がないか徹底的に調査したが、いずれも何の問題もなし、との結論に至る。

 法輪功wik

数十万人の人たちは、地方の警察に追いかけられ、ほとんどの人は留置所、或は、強制労働収容所に監禁されている。監禁中、拷問、さらに殺害は日常茶飯事だ。

 頑張れ!日本の人権

江沢民氏は法輪功の弾圧を始めた首謀者である。1999年7月20日から、幾千幾万の法輪功学習者に「名誉毀損、経済扼殺、肉体消滅」の政策を実施して以来、3年間で、数十万の法輪功学習者は不法拘留・監禁・虐殺され、家財を差し押さえられ、苦しめられ、女性学習者は強姦され、数千人が精神病院に不法監禁されている。2001年10月末に出された中国政府の内部統計データによると、1600名の法輪功学習者が迫害によって死亡したと公表している。
 法輪大法情報センター

女の証言によると、その秘密収容所は血栓医院の大規模な地下施設を改築したものであり、2001年ごろに約6千人の法輪功学習者を監禁していたが、その中の4分の3の人はすでに腎臓、肝臓、角膜などを摘出された後処分された。現在にも約2千人の法輪功学習者が収容されている。ほとんどの人は秘密に逮捕されたため、家族にも行方を知られていない。学習者の多くは、生きたままで臓器を摘出され(生きたままの人から摘出した臓器は死体から摘出した臓器より売価が遥かに高いという)、そしてボイラーを改造して造った病院内の焼却炉で焼却処分された。
 大紀元

親愛なる中国は 宗教者を弾圧するのだ。チベットの惨状を見ても解るだろう。
偉大なる池田先生は 何をしているのだろうか? 大量虐殺の前に「沈黙は罪」であろうに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉7区 補欠選挙 | トップ | 愛国心を認めない公明党 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国 (創価学会嘘つき)
2006-04-26 21:18:11
創価学会の信仰に功徳はあるか?



広宣流布で平和な世の中に?嘘にきまってるだろ。

http://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki/e/70e4c712c40a3c909a498ab874a16e02

池田大作氏の色々な名誉や表彰、お金について。

http://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki/e/47447c83d3867f085563ac035b3c9436



手前みそですいませんが。やっぱり池田氏の過去の栄光が忘れられないんでしょうね。

もう30年もたっているので政治的な意味としてはないでしょう。

もちろん中国として池田氏はVIPでしょうね。

今の中国を変えてくれれば私も平和については評価するんですけどね。

池田氏の死後とオリンピック以後が心配です。
売国奴 (モモ)
2006-04-27 08:08:24
創価にどっぷり浸かっていると、媚韓、媚中になりますね。

洗脳って怖いです。
おはようございます (軒ちゃん)
2006-04-27 09:29:51
サイトの記事、読みました。



当然、池田名誉会長は聖教新聞紙上で、中国の大虐殺について詳しく報じて非難するべきです。「大虐殺の国」と。



韓国に対しても、いい加減に「文化の大恩の国」等という表現はやめて、「侵略国家」として同時中継でも竹島問題などについて明確に主張すべきです。



権力を持った人間による大虐殺、不法占領等について、「反権力」だと言ってきた学会は、きっぱりと主張しなければ、結局は中国や韓国という強いものにはひれ伏す売国的な団体であり、また内部の人間であっても守らない、弱いものを虐める団体、と見なされるでしょう。



内部でも個人的には、中国や韓国の行動をすごくいまいましく思っている人がいます。声をあがると自分が幹部に「指導」という名の罵倒をされたりするのがおちだから、黙っているだけです。
訂正です (軒ちゃん)
2006-04-27 09:32:19
声をあがると→声をあげると

の間違いです。訂正いたします。
Unknown (モモ)
2006-04-27 17:51:36
>内部でも個人的には、中国や韓国の行動をすごくいまいましく思っている人がいます。声をあがると自分が幹部に「指導」という名の罵倒をされたりするのがおちだから・・・<



これって本当ですか。

創価って言論弾圧の団体なんですね。

まあ、青年部が捏造にまみれた「南京虐殺祈念館」詣でをするくらいですからね。

いい加減、正しい歴史認識を持って欲しいです。
続き (モモ)
2006-04-27 17:53:36
これってほんとですか。

創価って自由な発言はできなくなったのですか。

まあ、青年部が捏造にまみれた南京虐殺祈念館詣でをするくらいですからね。

池田さんはじめ、創価の幹部は正しい歴史認識を持って欲しいです。

Unknown (ミスタ)
2006-04-27 19:36:06
はじめまして。創価学会員ではないですが、創価学会についていろいろ考えているものです。このブログでもいろいろ勉強させていただこうと思ってるのでよろしくお願いします。中国の対してしっかりした認識なしにただただ崇拝しているのはおかしいですね。もっと考えてほしいです。
公明党のおばさん (ちゅうた)
2006-04-28 00:10:51
そういえば、以前の選挙の際にうちに投票依頼にみえた、

公明党のおばさんも、

候補者のN氏は何度も中国に行ったりしていて、

それですごく中国とのパイプがあるんだってことを

なんか知りませんけども、

とてもよいことであるかのようにアピールされてましたね。



今回freeさんが紹介してくれた、中国に関するこれらの記事は、

その時のその公明党のおばさんみたいな、

そうゆう信者の皆さん方にもどうか読んでもらいたい内容だと

思います。



結局その候補者のM氏は、みごと当選しました。

おめでとうございました。



その時の公明党のおばさん、彼の支援に奔走された信者の皆さん方に、

この場をお借りしてですけど、「本当に、オメデタイデスネ」と、

申し上げておきたいと思います。
モモさんへ (軒ちゃん)
2006-04-28 05:54:24
>内部でも個人的には、中国や韓国の行動をすごくいまいましく思っている人がいます。声をあがると自分が幹部に「指導」という名の罵倒をされたりするのがおちだから・・・



これは、会合などで幹部などがいる前でそういうことを言ったりすると、後で夜中に家まで押しかけられることがある、ってことです。



だいぶ昔になりますが、会合で幹部に、多くの人がいる前で色々問いただしたことがありました。



その場では幹部も黙ってましたがその日の夜遅く別の幹部が夜10時過ぎに家に押し掛けてきて、「信心が足りない証拠だ」などと、随分言われました。



夜10時過ぎの学会活動は、当時も戒められてたはずですが。まぁ、私もみんながいる前で、聞かれたくないことを聞いたので、カチンときたのかも知れません。

皆様 (free)
2006-04-28 19:29:19
創嘘さん

 記事読ませて頂きました。あの記事のように まとめてあると 納得できますね。



皆様

 最近 記事を書くのに 色んな事を調べています。

更新やコメントのお返事が遅れると思います。ご了承下さい。



ミスタさん 初めまして。

 私も 稚拙ながら 考えたことを 文にしようと模索しております。宜しくお願いします。



 質問などもお気軽にして下さい。コメント常連の方もきっと お答え下さるでしょう。^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

「三色鬼」にご用心! (博士の独り言)
 三色旗を揚げた住宅や、三色ラインの入ったウィンドウや看板を見かけたことがあるはずだ。何のシンボルかといえば、それは「創価学会員」であることのサインである。この三色のサインは、創価学会の直営企業や資本の入った企業。あるいは社長や経営陣に影響力の ...
「チベットの現在」(特集) (博士の独り言)
 何を怖れてか、わが国のメディア、特に新聞がチベットが報じる機会は少ない。中国の軍事侵攻以来、120万人ものチベット人が犠牲になった。中国軍が銃口を向けたチベット人のほとんどが無防備な若者であり、無抵抗な婦女子であり、僧侶、老人であった。本稿では、 ...
反日の「三色鬼」! (博士の独り言)
 閑静な住宅地などによく見かける「公明党のポスター」と「ご自由にお持ちください」の聖教新聞のミニコーナー。「触らぬ神に祟りなし」とはいえ、「触らなくても祟りあり」というべきか、わが国には三色旗の毒が回りはじめているようだ。「三色旗」⇒「三色鬼」 ...
「中国の外交談話」一考 (博士の独り言)
 5月9日、ニューヨークの第60回国連総会で第1期の人権理事会が発足。中国が、146票(参加191ヶ国)で理事国に当選。その後発表された同国の外交談話は「中国政府は一貫して自国人民の人権と基本的自由を強く重視し、その促進と保護に尽力するとともに、国際人権分 ...