Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「中国行きのスロウ・ボート」

2010年06月07日 | 
先日、高校時代の文藝部の仲間が集まる機会があり、
懐かしい連中と、久しぶりに文学論なども少々交わしたのでした。
その時、村上春樹の作品の中で何が一番好きか?という話になり、
「中国行きのスロウ・ボート」の名を挙げた友人が二人いたので驚きました。
私も昔、確かに読んだことがあるのですが、どちらかというと薄い印象しかなくて
内容をすっかり忘れていたくらいだからです。
春樹の初期の短編集、ウチの書棚にもあったので
久しぶりに読んでみました。
その中で、「午後の最後の芝生」に私は一番魅かれました。

彼女に別れを告げられたばかりの大学生の「ぼく」は
夏のバイトに芝刈りをしていたが、もうその仕事をやめようと思う。
最後の仕事に行った家の女主人は、投げやりでぞんざいな話し方をするが
夫と娘をなくし、悲しみに包まれていた。
彼女は「ぼく」に娘の部屋を見てくれという。
見たところでは、この家の娘は「感じのいいきちんとした」女の子のようだった。
「ぼく」はわけもなく悲しくなってきた。

これだけの話です。
登場人物の誰もがやさしいし、誰もが寂しい。
しかし、その寂しさを共感することも、寄り添うこともできない。
関わり合うことで、孤独は更に増していく。
外では夏の日射しと蝉の声が痛いほどに溢れている…
泣きたいような切なさとやさしさと。
眩しい日射しと人の孤独が交差する一場面を
さっくりと切り取ったような、そんな作品です。
どうしてこれを忘れていたのだろう?

加えて、出てくる小道具がにくい。
ジム・モリソン、ポール・マッカートニー、FENのロックンロール、
芥子の効いたハムとキュウリとレタスのサンドイッチ、コカ・コーラ、ウオッカ・トニック。
こうして見ると、春樹の初期の作品というのは
こうしたポップで明るいアメリカン・グラフティのような小物に彩られた
切ない孤独感に満ちているなあとつくづく思うのです。
安西水丸のイラストが合う筈です。

中国行きのスロウ・ボート
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「50代美容革命」 | トップ | ブブゼラ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読後感 (MI生)
2010-06-09 20:11:44
再読されたのですね。数ある作品群の中からS君も「午後の最後の芝生」を推したのは単なる偶然ではないような気がします。このさりげない日常を描いた掌編には同時代の若い読者の感性を揺さぶるプロットが隠されています。おぼつかない記憶を頼りにストーリーを思い出そうとして真っ先に浮かんだのは、「僕」が娘の部屋で確認した彼女の不在が失踪というよりも自死の気配を強く喚起させた点です。即物的に描写された主不在の部屋がすべてを語ってくれます。小奇麗に刈り取られた庭は既に過去のものとなってしまった夫と娘との幸せな暮しへ誘う唯一のよすがだけに、依頼主の女性は執拗なまでに芝刈りにこだわります。一方、「彼女」を喪った「僕」は芝生を刈ることにアイデンティティーを見い出そうとします。「喪失感」が通奏低音の如く漂うこの作品には、他者との関係を喪った「僕」(或いは依頼主)のアイデンティティーを求めて苦悩する姿が淡々と描かれています(決してその苦悩は言葉では綴られませんが)。その後の村上春樹の作品群に共通する主題がこの掌編ですでに明確な輪郭を与えられていることに驚かされます。村上春樹は自己の存在が他者との関係によってしか確認されないことに早くから気付き、小説世界で今もその主題を追求しています。家族から隔離された「青豆」や父を喪った「天吾」の孤独感がオーバーラップしてきませんか。生きることは切ないことですね。生きることの確かなぬくもりを感じるために、沢木耕太郎も薦める「ボローニャの夕暮れ」でも観に行きましょう!
MI生さま (zooey)
2010-06-11 22:43:55
丁度9日から帰省していて
返事が遅れてごめんなさい。
実家にもPCはあるし、携帯からも見られるのですが
中々ゆっくり書き込む暇がなくて…

>「僕」が娘の部屋で確認した彼女の不在が失踪というよりも自死の気配を強く喚起させた点

私もそう思いました。
一言も触れられていないけど
この「感じのいいきちんとした女の子」は自殺したのだろうなあと。
整然とした部屋や、フランス語や英語の辞書の使い方の描写などから。
そしてそれが、この女主人を今もなお苦しめてやまないのだろうなあと。

>「喪失感」が通奏低音の如く漂うこの作品には、他者との関係を喪った「僕」(或いは依頼主)のアイデンティティーを求めて苦悩する姿が淡々と描かれています

そういう持って行き方があったか…
「ぼく」のきちんとした芝の借り方が
女主人の胸を打ち、いなくなった娘の部屋まで見させたというのはなんとなく分かったのだけど
それをどうまとめていいかよく分からなかったの。
Thanks!

「ボローニャの夕暮れ」って
これね?
http://www.alcine-terran.com/bologna/
イタリア映画、時々ドキッとさせられるものがあります。
また語り合いましょうね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事