ファイナンシャル プランニング オフィス  FPリフレッシュのブログ

高齢期のすまいと介護をメインテーマに、高齢者施設・住宅の最新情報、見学記、セミナーのお知らせや趣味の旅行記を書いています

ウエブサイト掲載のご案内

2022年04月28日 | コラムのご紹介
明日からゴールデンウイーク
心ウキウキという方も多いのでは
コロナが少し落ち着いているうちに
リフレッシュするのもよいですね

本日、SBIいきいき少額短期保険ウエブサイト
お役立ち情報/いきいき生活の知恵
第13回「高齢期のお金を考える会」に

いざというとき焦らない!
高齢者施設選びの決め手は‶優先順位″の策定

がアップされました

いつもお伝えしているものをまとめたかたちです
お休み中にお時間がございましたら
お立ち寄りください

では楽しいゴールデンウイークを!

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

産経新聞に取材を受けた記事が掲載

2022年03月28日 | お知らせ
本日、産経新聞に、取材を受けた記事が掲載されました
『100歳時代のマネー講座』というシリーズの
<50代から考える「ついのすみか」>

大きなイラスト入りで、大変わかりやすい紙面です
担当の記者さんは誠実な方で、気持ちよくお仕事をさせていただきました

今回に限らず、有料老人ホーム「月額費用」のめやすは
10万~100万円と、大変幅があります
月額100万円!?
驚くほど高額で、そんなの無理!と思われる方も多いことでしょう

在宅介護の場合は、家賃も生活費も計算に入れず
訪問介護やデイサービスといった介護保険サービス利用料金などで
1カ月いくらと表記されますので
月額10万円もかからないのが一般的です

しかし、介護施設の場合は、特養でも有料老人ホームでも
24時間生活支援を受けてくらす施設のため
介護職員さんの人件費だけでなく
家賃に当たる居住費と食費なども含めた金額で表記されます
そのため、在宅介護の場合の費用と同じ土俵での比較はできません

もし、皆様が1泊1万円のホテルに、1カ月(30日間)滞在した場合
少なくとも3度の食事代は別途かかりますので
宿泊費(30万円)+食事代(90食分)は必要です

介護施設では、その宿泊費+食事代に
食事・入浴・排泄などのお世話を24時間受ける介護費用
水道光熱費などもすべて含めた金額の表記となりますので
1カ月20~40万円程度必要となるのは
ご理解いただけるのではないでしょうか

1カ月100万円という高額帯の施設の多くは
入居時に支払う家賃の前払金(入居一時金)0円コースを
選択した場合が中心ですが
そのほかに

・地価が高額なところに立地
・居室が広い
・共有施設が充実
・手厚い介護体制やリハビリが受けられる
・食事に力を入れている

など、ニーズの多様化に対応して差異化されている施設とお考え下さい

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

本日発売の『婦人公論』に掲載!

2022年02月15日 | お知らせ
「女性の解放と自我の確立を求める時代の声」
をとらえた雑誌として創刊され
「女性の幸せを追求する」
「年齢にとらわれない自由な生き方を応援する」
格調高き婦人雑誌

大変光栄なことに、3月号の特集
「ひとり老後を、楽しく自由に 最後まで」
の1項目として、取材・監修させていただきました

<自宅?施設? あなたに最適な終のすみかは>
6ページです

春らしいサクラ色の表紙
表紙のモデルは松坂慶子さん

開くと目に入ってくるのは
美輪明宏さんの
<ごきげんレッスン>
すてきなメッセージでした

書店で手に取ってご覧ください

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

suumo 『新築マンション』首都圏版

2022年02月03日 | お知らせ
街でよく見かけるsuumoマンションシリーズ
この「新築マンション」首都圏版2022.2.1号
シニアレジデンス まるわかりガイド特集
【シニア向け分譲マンションQ&A】
の取材・監修を担当させていただきました

首都圏郊外を中心に、シニア向け分譲マンションが増えています
セミナーでも、よく質問を受けるようになっています
自立のシニア層が暮らしやすいような
食事、生活支援、緊急時対応サービスなどが付帯された
ちょっと華麗な、住み心地のよいマンション

介護施設ではないので、介護サービスは受けられませんが
クリニックが併設されているところは結構あります

終のすみかにはならないかもしれないけど
介護施設ではなく活気ある空間で
おいしい食事をいただきながら
好きなことをしてくらしたい
という方には、選択肢のひとつとなるでしょう

このsuumo「新築マンション」首都圏版には
スーパー銭湯の特集も掲載されていました
行ってみたいなぁ~ というところが満載!

後半の新築マンションの価格感もとても参考になりました

よいお仕事をさせていただきました

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ


介護のコラム2本公開

2021年12月27日 | コラムのご紹介
年末の慌ただしい時期となりました
日本海側は数年に一度の大雪だそう
帰省をお考えの方は、コロナと大雪でダブルパンチ
大変ですね

さて、コラムが2本同時に公開されました~というご案内です

SBI証券のとっても読みやすいサイト
『お金でデザインするライフプラン マネ男とマネ娘』
20代~50代くらいの方々に読まれている人気のサイト

とにかくフランクで、わかりやすい
ちょっと読んでみようかな~という気になるサイトです

年末年始、ふるさとに帰省されたり、実家に兄弟姉妹が集まったり

そんなとき
親御さんや祖父母が、ちょっと弱ってきたかなぁ~~ 
もしかして、ちょっと認知症かなぁ~~
なんて、不安になることがあるかもしれません

そんなとき
イザ!というときのために押さえておいていただきたいのが
<在宅介護><施設介護>
両方の基礎知識です

あまり考えたくないテーマではありますが
頭の片隅にインプットしておくと
役に立つかもしれません

今回は、その2つを同時にアップ

◆1 在宅で介護したい!知っておきたい公的介護保険サービス

◆2 「親が安心して暮らせる老人ホームを探したい!」
    必要な費用と捻出法、希望に適った施設選びのポイント

です

年末年始、ちょっと時間が空いたときに、是非、読んでみてください

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

『高齢者ホーム 2022』が出版されました

2021年09月13日 | お知らせ
今年も朝日新聞出版から『高齢者ホーム』(朝日新聞MOOK)が出ました
知っているだけでも2012年版(2011年発売)から毎年秋以降に出版

高齢者施設(有料老人ホーム)の費用は、施設ごとに表記法がマチマチで難解
しかし、このMOOKでは同一基準でリスト化されており、比較しやすい

私も毎回楽しみに購入し
セミナーでもご紹介しています

ちなみに2015,2016,今回の2022では取材・監修をさせていただきました

これまでは全国の有料老人ホームが対象となっていたのが
今回の『高齢者ホーム 2022』では首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)に限定
人口の集中している1都3県にターゲットを当てたということなのでしょう

掲載施設数は、1都3県で1,589施設
『高齢者ホーム 2021』では、全国3,989施設を掲載
そのうち1都3県の施設数は1,550だったので
首都圏に限れば、少し増えたといえます

首都圏の施設をお探しの方には大変有効なデータ集ですので
ご紹介させていただきました

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

日経新聞に取材協力

2021年08月27日 | お知らせ
本日8月27日の日経新聞折込『人生100年時代の羅針盤』巻頭特集「介護のリアル」に
取材協力させていただきました

高齢者にも読みやすいような大きな文字で
・公的年金の仕組み知る
・お金の準備、早めに着手
・在宅介護、ケアマネと連携
・施設入居、順番待ちも
と大きく4ページにわたって取り上げられています

この中の「施設入居、順番待ちも」のところ

掲載の「高齢者の住まい選びのイメージ図」では
自立時から、人生終盤をどこでどのように暮らしたいかを考え
「自立時から住み替えを検討する人が増えている」ことから
・早めに、自宅より安心感のある住まいに住み替える
・自宅介護が難しくなるまで自宅で暮らし続ける
まずは、このどちらかのコースに決めてチャートを進めていく

自立時から<終のすみか>に住み替えたいのなら
「介護付有料老人ホーム・入居時自立型(自立型ホーム)」が唯一の選択肢
入居にはかなりの費用が必要だが
要介護になっても最期まで暮らし続けられるという安心感は代えがたい

記事の最後は、自立型ホーム入居者の方々がおっしゃる
「私たちは子ども孝行なのよね」
というつぶやきで〆ていただいた
皆さんは、どのようにお考えになられますか?

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ


日経プラス1に「有料老人ホームの費用」掲載

2021年04月17日 | お知らせ
本日4月17日(土)の日本経済新聞 プラス1(別紙)「学んでお得」に
『有料老人ホームの費用』が掲載されました

要介護認定を受けた人が入居する介護付有料老人ホームの費用
前払金と月額費用の詳細をわかりやすく書いています

いつもセミナーで使用している
<想定居住期間内に退去した場合の返還金額の図>も掲げました
これを見て戴くと、ご納得いただけるのでは

本文最後にありますが
コロナ禍で外出もままならないことも重なり
要介護入居者には介護施設は「住まい」のみならず「社会そのもの」

できる限り自分らしく生きられるような環境を選択することが大切です

是非、お読みいただきたいと思います

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

婦人画報の取材を受けて

2021年03月30日 | お知らせ
コロナ禍の昨今、心が躍るうれしいお仕事をいただきました
婦人画報です

伝統的な日本の古典から最新情報まで
グレードの高い上質な世界へ誘ってくれる一冊

きれいな写真と広範な興味深い内容が
心を豊かにしてくれます

婦人画報でははじめてという「セカンドライフの住まい」特集に
取材していただけたのは、大変光栄です

昨日見本誌を受け取り、時が経つのも忘れ熟読
ワクワクと熱き思いが沸き上がり、大変楽しく読ませていただきました

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

資産形成をスタートをされたい方への「はじめの一歩」

2021年02月12日 | コラムのご紹介
近年、30代・40代の若い方々も「老後が心配」と
資産形成を始めている人が増えてきました
しかし、預貯金だけではお金は増えないのはわかっているけど
どうスタートしたらよいか… 具体的にはどうしたよいか…
なかなかスイッチオンとならない

こんな方々に向け、コラムを書きました

「初の投資で老後資金1000万円」は夢ではない〝今すぐつみたてNISA" の底力

昨年8月と同様に、Sankei Biz < 新時代のマネー戦略>
からご覧ください
https://www.sankeibiz.jp/econome/news/210212/ech2102120602001-n1.htmSankei

老後資金形成は、時間を味方に
「長期・分散・積立」で
今すぐスイッチオン!してください

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

大人のおしゃれ手帖特別編集・・・すてきなMOOKです

2021年01月10日 | 出版のご案内
TJMOOK「大人のおしゃれ手帖特別編集 賢く安心な、おひとり様の終い方」(宝島社)
の見本誌を拝受受いたしました

昨年秋から、取材・監修でお手伝いさせていただいていました
その名の通り、とてもおしゃれなMOOKです
ごちゃごちゃした盛り込み感がなく、上質でシンプル
おしゃれなシニア女性が、手元に1冊置いておきたくなるような
静かに浸透していきそうな1冊です

ステキな女性が登場しています
樋口恵子先生。お久しぶりに(誌面で)お目に書かれた感じです
以前、NHK文化センターの樋口先生の講座に伺っており
施設見学にも連れて行っていただきました

岸本葉子さん。NPOらしさの講演会に来ていただきました
今回エンディングノートを書いていらっしゃる写真が!
NPOらしさの「らしさノート」が大きく写っていました

心に残るお仕事をさせていただいた達成感は
何物にも増して心に沁み、残ります
ありがとうございました

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ


ラジオ出演

2020年11月15日 | その他
今月は日曜日朝、5~6分だけラジオ出演しています
InterFM897「TALKIN’ ON SUNDAY」(DJ:古家正亨さん)
『Better Life』のコーナー(7時15分頃~7時23分頃)に、

「新しい本のご紹介ができるので、どうですか…」と
お声かけいただき、ラジオなら…と、出演させていただくことに

念願の世界構成遺産・熊野古道詣から帰って早々の収録
まだ頭の中は「懺悔懺悔 六根清浄」の掛け声がまわっている
熊野三山、那智の達、鬼が城を思いおこしながら

準備不足で臨んだスタジオ
かなりアドリブでの5回分の収録でした

来週、再来週と、あと2回
ドキドキは続きます。

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

出版 その後のご報告

2020年11月13日 | 出版のご案内
10月8日に「イザ!というとき困らないための 親の介護と自分の老後 ガイドブック』
(ビジネス教育出版社)が出版となり、たくさんの方々に暖かく迎えていただいています

「わかりにくい制度がコンパクトにまとまっていて、とても役立つ」
「広範囲に及んでいて、わかりやすくて、勉強になります」
「これから親の介護が心配なので、助かります」
「親は亡くなったけど、自分の老後に備えるために、読んでいます」
「我が家にも、1冊揃えましたよ!」

などの反響をいただきました

全国の図書館でも700冊揃えて戴いているとのこと
近年、書店では取り寄せが多くなり、オンラインでの購入がメイン
図書館で実際に手に取ってみるのも一手ですね

さて、1つお詫びがございます
何度もチェックしましたが、ミスが2か所見つかりました

ビジネス教育出版社HP「書籍etc.正誤表」をご覧いただきたいと思います
https://www.bks.co.jp/seigohyou.html

どうぞよろしくお願いいたします

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ



本出版のご案内

2020年10月08日 | 出版のご案内
本日、2冊目の著書となる
『イザ!というとき困らないための 親の介護と自分の老後 ガイドブック』
が発売されます

諸々の紆余曲折があり
FP継続セミナーで10年ほどお世話になってまいりました
「ビジネス教育出版社」から出して戴くことになりました
感謝です!

自分らしいシニアライフを検討されたい方
突然、親の介護が必要になったとき
どこに相談すればよいのか
どんな介護サービスが受けられるのか
いくら位お金が必要なのか を知っておきたい方

予備知識として、介護保険制度や高齢者施設・住宅の概要を
押さえておくことで、慌てずに、ベストな対応が可能となります

本書は、「イザ!というときのためのガイドブック」として
皆様のお手元に1冊置いていただき
何かのときに参考にしていただくことをコンセプトとし
左右見開き1項目の形で、ビジュアルにも配慮しています
右のページには、できる限り客観的なデータを盛り込み
ご納得いただけるように工夫を凝らしています

親御さんの介護や、高齢者施設・住宅探し
ご自身の「終のすみか」探し
また、皆様のライフプランご検討の折に
お役立ていただきたいと思います

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ

親自身で賄えるか 知っておきたい介護施設の費用 

2020年08月28日 | コラムのご紹介
SankeiBiz 新時代のマネー戦略に
前回(8/14)に引き続き
【親自身で賄えるか 知っておきたい介護施設の費用】
がアップされました

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/200828/ech2008280702001-n1.htm

今回は、施設に入った場合にいくら位必要かを
ざっくり出しています

ある程度の概要を知っておくと
イザ!というときに困らないという前回の続編

施設における介護費用についての基本的なことは
この初心者向けシリーズをお読みいただきたいと思います

a href="http://www.fp-refresh.jp/">有料老人ホーム探しはFPリフレッシュへ