FOXHEAD

自動車内装専門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LAMBORGHINI カウンタックを彩る No3

2010-02-23 18:34:36 | お知らせ
LAMBORGHINI カウンタックを彩る No3

前回は特注のレザーの染色が出来上がった処まででした。 
今回は内装を変更するのと同時に車体を色替えするので、
内装パネルはすべて取り外します。

まずはドアーパネルから取り外します。ガラスをいっぱいに下げてから、
下側のビスを緩めドアーロックを取り外し、ガラスを傷つけないように
上方に持ち上げるようにしてアッパーパネルをはずします。



外れました!



アウターパネルを外しますと奥にインナーパネルが残ります、
インナーは外周を20~25個位のリベットで止まっていますので
ドリルで揉んで取り外します。



カウンタっくは内装パネルを取り外すときはリャークォーターガラスを
外す作業が必要です。

アニバーサリー以前のカウンタックはフロントガラスも外す必要がありましたが
ルーフガーニッシュが取り外しが可能になったアニバーサリーは大丈夫です。



カウンタックのガラスを外すのは非常に破損率が高いので、
ガラス屋さんも嫌がります。 

因みにガラス屋さんによって違いがありますが、フロントガラスの
脱着工賃は¥250,000~位はかかります。



各パネルは取り外し完了です。



ネーキッド状態になり全塗装のため塗装屋さんにドナドナと
荷馬車ならぬ積載車に乗せられてゆきました。

続く・・・・

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jpまで
お気軽にご相談ください。


『メーカーブランド(車バイク)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ferrari ディノ246GT レスト... | トップ | ferrari ディノ246GT レスト... »
最近の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事