ガーベラのように

日々の日常や楽しかったこと、伝えたい思いなど
いろいろ書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CZ舞台観てきたよ♪

2014年11月29日 22時36分43秒 | 日記
舞台『CLOCK ZERO~終焉の一秒~リンゲージ』観てきました!!

『CLOCK ZERO』は大人気の乙女ゲームで舞台化は3度目なのです。
私は今回、初めて観劇させていただきました。

あの壊れた世界がそこにはあって、
私の大好きなキャラたちも活き活きと存在していたし、
物語がぎゅうっと凝縮されていて、
CZの世界を心ゆくままに堪能出来ました。

理一郎の物語(現代END)だったのですが、
理一郎、原作ゲームで私が抱いていた印象とは少し違って、
カッコ良かったなぁ!! (〃▽〃)


そして、終演後のアフターイベントでは、原作ゲームのキャスト
ルーク役の松本さちさん、カエルくん&楓役の幸地真作さん、
情報屋役の須藤翔さんが舞台に出演されました!!

なんて豪華で素敵なのでしょう!!

私はルーク役の松本さちさんが大好きなので、
ご本人に会えるなんて…!生トークが聴けるなんて…!
それで、今回、観にいった訳なのですが…

めちゃくちゃカッコ良かった!!素敵だった!! (〃▽〃)

さちさんがルークとして台詞を言うと、
会場からは一際大きな歓声があがっていました。

出演者にアテレコをしたり、舞台の感想やCZへの思いが聴けたり、
皆のCZへの愛をいっぱい感じることが出来て、
そして、そんな空間を一緒に共有できて、とてもしあわせでした!

楽しい楽しいひとときでした!!

私はこれからもずっとCZを応援していきますよ!
皆も一緒に応援していきましょうね!!

雲取山へ♪

2014年11月29日 06時10分04秒 | 登山
今年ももう11月後半です。
朝晩の気温がぐぐっと下がり寒くなりました。
皆さまは如何お過しですか?

先日、雲取山へ登山に行ってきたのですが、
まだ、山行レポートが書けてなかったので書きたいと思います。

11月22日(土)晴れ☀

雲取山の標高は2017m。
東京・埼玉・山梨の3県にまたがる奥多摩の中では最高峰の山です。
どの登山ルートも道程が長く、一般的には1泊2日(雲取山荘泊)で登る山なのですが、私たち親子は三峯神社からのルートを選択し、日帰りで登山してきました。
三峰ルートは標高1040m、標高差977mと登山口が他のルートに比べて高い位置にあるので日帰りもできるルートではありますが、それでも距離が往復約21kmと長いので、ちょっとチャレンジではありました。
でも、無理なチャレンジではなく、今までの登山で十分に体力をつけてきたので
大丈夫だという自信があったので、頑張ってきました!!





5:55分 雲取山登山口

5時20分に三峯神社の駐車場に到着しました。

「わぁー!!星が綺麗だねー!!」

見上げると、満天の星空でした☆
良い登山が出来ますように!

まだ夜明け前でしたが、ヘッドライトを装着して
早めに出発です!

駐車場の階段を上り、お土産物屋さんの前を右へ行き、
しばらくして白い鳥居をくぐり、登山届けを提出。
ライトで照らしながら名前を書いたよ。何だか楽しい♪
リーダーはもちろん息子で!

登り始めて、20分もすると辺りはすっかり明るくなりました。








三峯神社奥宮の鳥居です。奥宮のある妙法ヶ岳へは
今回は時間的に余裕がないのでパスしました。

山にはまだ私たち親子だけです。
朝の空気が清々しいね~♪




炭鉱平です。
ここには白炭を焼いた炭窯跡がありました。

戦後、秩父地方では白炭を作るのは重労働なので、生産効率の高い黒炭に切り替わり、
白炭は今では生産されなくなったそうです。





地蔵峠です。時刻は7時35分。
お腹が空いたので、ここで朝ご飯のおにぎり🍙を食べました。

登山道にはベンチがたくさんあるので休憩できるし、
また、道しるべにも距離が書かれているので、どれくらい歩いたかわかるので有り難いですね!

👦「2kmは休まずに登ろうね!」
👩「うん!頑張ろう!」





地蔵峠から数分で霧藻ヶ峰です。

こんなところに秩父宮殿下と妃殿下のレリーフが!
岩壁にあったので、気づかずに通り過ぎてしまうところでした💧

休憩所?のような山小屋もありましたが、ここでは休まず
先へ進みます。





展望が素晴らしい~!!
曇りの予報だったけど、晴れて良かった!!






お清平です。標高は1450m。







お清平を過ぎると、だんだん岩が多くなり、
前白岩山まで急登が続きます。

お!いよいよ登山らしくなってきました!
岩場・鎖場は登るのがすっごく楽しい♪

ここまでずっと私たちだけで他の登山者に
会わなかったのですが、後ろから初めて声が聞こえてきました。

この後、雲取山の頂上へ行く道中、ひと組、ふた組と
どんどん追い越され、後からきた登山者を見送りました。
いや~、皆さんペースが速い!
…てか、私たちが遅いのか(^_^;)
ま、競走じゃないのでね、マイペース!マイペース!





前白岩山の肩に到着!ふぅ~。
さらに、登りますよ~~!








9:23分 前白岩山(標高1776m)山頂ー!!\(^o^)/

山々の尾根と青空のコントラストが美しい!!
そよぐ風が気持ちいいね♪

次は白岩山を目指しますよ!





見て~!雪❄です!
この日雲取山では今年初めての雪、初雪が降ったのです!

そんな日に山を登れて良かったね!😆





霜柱発見!!

👦「この形、鉄砕牙みたいだね~!」
👩「おお!本当だね~、カッコいい!」

※鉄砕牙(てっさいが)とは…アニメ『犬夜叉』の
主人公 犬夜叉が持つ妖刀のことです。

犬夜叉ごっこをしながら、先へ進みます(笑)





10:17分 白岩山(標高1921.2m)山頂へ到着です!

ここで、ちょっと休憩です!大好きなチーズ鱈を食べました。
チーズ鱈って、つい鱈を先にむいちゃいません?





芋ノ木ドッケです。
ようやく、ここまで辿り着きました!
地図でみるとあと3分の1くらい?さぁ、頑張ろう!!





右側が切れ落ちた細い道には、薄っすらと雪が積もっていました。
滑りやすいので、ここは慎重に!
今回から軽アイゼンを装備してきたので、
息子は使いたがっていましたが、これでは全然必要ないですよね。
でも、早く使いたいね!






大ダワ到着です!

この先の道が男坂と女坂に分岐していました。
さて。どっちに行く?
見ると、うお!男坂はかなりな急登です。

どっちを選ぶかはリーダーである息子次第。

きっと、男坂を選ぶんだろうなぁと思っていたのですが、
緩やかな巻道の女坂を選択してくれました。

母はホッと胸をなでおろしたのでありました(笑)





雲取山荘です。手前にはテント泊できる場所もありました。
だいたいの皆さんはここに宿泊するんですね~。
テント泊は楽しそうだよね♪

さあ、ここからは最後の急登りです。
私たちを追い越して行った男性登山者がもう下山してきました。速い~。

「おっ!来たね!もう少しだよ、頑張って!!」

と、声をかけてくださいました。
山では、全然知らない人とでも、声を掛け合ったりできるから
良いよね!嬉しいよね!





12:12分 雲取山山頂、制覇ーーー!!!

出発してから6時間15分かかっちゃいましたが、
ようやく到着です。やったね!!

急いで、記念写真を!
今回はスマホの電池の消費が速くて、あと6%しかなく…。
しかも、予備の電源でも充電できず。なぜだぁ~。。






息子だけはと、手前が1等三角点のある場所でパチリ!
ギリギリセーフで撮れて良かったよぉ。

お昼ごはんはきつねのどん兵衛と豚カレーうどん。
新しい登山アイテムにガスコンロと鍋を買ったのです。
初めて使うので、今回はお湯を沸かすだけにしました。
山頂は寒いから、温かい食べ物が美味しいのよね。

富士山も綺麗に見えたし、このひと時が至福の時間なのです。

ゆったりと景色を堪能し、お腹がいっぱいになった後は
さぁ、下山です。下山は来た道を戻ります。

この日の雲取山の日没時間は16:42分です。
だから、遅くても11時頃には山頂に到着したかったんだけど、
ちょっと遅くなっちゃいましたね💦💦
日没までにはたぶん間に合わないから急いで下山しなきゃ!なのですが、全く感心出来ない事ではありますが、今回はこれも想定内でしたので、いつもと同じペースでいくことにしました。

アップダウンのあるキツい道程。
下山開始して1時間くらいは体が重くて、結構辛かったです。
でも、だんだんと解れてきて、それ程辛くなくなって、楽しく下山することが出来ました。

途中で、小休止している時、コツコツコツコツ…。
音がする方を見てみると、キツツキを発見!!

わぁ、可愛いね!!

今度は双眼鏡があるから、使ってみようね!
24日が息子の誕生日だったので、以前から欲しがっていた双眼鏡をプレゼントしたのです。とっても喜んでくれました!


前白岩の肩を過ぎ、お清平の手前に差し掛かった時、
甲高いキューーンというような鳴き声が聞こえてきました。
何だろう?鳥にしては大きいよねって思ったら、鹿が3頭こちらを警戒するように見ていました。

「ここは我らの森。早く立ち去れ、人間!」

そんなふうに言われたような気がして、そして、なんだかちょっと怖くなってきて、
その場を足早に通り過ぎました。お邪魔して、ごめんなさい~。

どんどん日は傾き、辺りは薄暗くなってきました。

霧藻ヶ峰の山小屋に辿り着くと、管理人さん?がいて、
「日帰りで来たの?凄いね~。」
と、驚かれました。

「ここからはあと1時間くらいだから気をつけて!」

ありがとうございます。頑張ります!

しばらくして、いよいよタイムリミットが!
真っ暗闇に包まれました。

ヘッドライトを装着し、私はさらに息子の足元を懐中電灯で照らしながら行きました。

左側が切れ落ちていたのでなるべく山側を歩き、
木の根があるよ!次は段差があるよ!滑りやすいから気をつけて!
とお互いに声をかけつつ、慎重に、慎重に!下山しました。

18:05分 駐車場へ到着です。
流石に足に疲れは出てましたが、爽快感のある疲れで、
私も息子も元気に無事に下山出来ました。

踏破したよーーー!!\(^o^)/


今回は時間がなくて温泉には入れなかったけど、
凄く、楽しい1日でした!!!

釈迦ヶ岳(山梨)へ!

2014年11月14日 18時13分01秒 | 登山
11月13日(木)晴れ☀

山梨県にある釈迦ヶ岳へ行ってきました!!

この日は茨城県民の日で、学校が休み!
天気予報も☀マーク!
これは山登りに行きたくなるよね♪

今回は息子が前から行ってみたいと言っていたので、この山にしました。登山口の近くにはすずらんの群生地があって、6月にはたくさんの可憐なすずらんが咲くのだそうです(6月初旬にはすずらんの里まつりも開催される)
見て!外灯がすずらんの形をしてるの、素敵!






車はすずらん群生地駐車場へ停めようと思っていたんだけど、間違えてだいぶ手前に停めてしまったようで、しばらく林道を歩いていたら駐車場がありました。なんだぁ~(^_^;)

林道途中にあった「釈迦ヶ岳へ」と書かれた道標から登山開始です。

晩秋の空気に包まれた登山道をゆっくり登ります。
聞こえてくるのは木々のざわめきと
落ち葉を踏むかさかさ、さくさくという足音と、
小鳥たちのさえずりだけ。
静かでとても気持ち良かったです!

出発してから約1時間で府駒山到着です。
さらに進むとだんだん岩が多くなってきました。
頂上は間近です。





頂上直下の岩場を登る息子です。
太いロープがありました。綱引き用?
この岩場はやや険しくて急ではあるけど、取っ掛かりが多くあり、そんなに危険な箇所はありませんでした。
なかなかに楽しかったです!!







12時18分 釈迦ヶ岳山頂~!!標高1641m。
(見事に逆光ですね…^^;)

大きな富士山が眼前に聳え立っています🗻

うわあぁ~~~!!
なんて美しいんだろう!!!

山梨百名山の山々も360度見渡せて
素晴らしい景色です!!





息子とツーショット♪パチリ📷

雲ひとつない青空の下、美しい富士山を見ながら食べるおにぎり🍙が美味しくって!!

しあわせ~~~!!!





ふたつ並んだお地蔵さま♡

山頂には単独の登山者と4~5人のグループが既に登頂しておりました。
少しして、またグループの登山者が入れ替わりに来た以外はいなくて、
やっぱり平日は静かでいいね。
グループのひとりの登山者が、
「もっと景色が綺麗な場所があるから帰りにぜひ行ってみて!」
と新道峠からのビューポイントを教えて下さりました。


「わあ!見てみたいね♪♪♪」

息子も私も同じ気持ちだったので下山後に
行ってきましたよ!
それがこの写真です☆





絶景でしたーー!!!

富士山の裾野に広がる樹林帯が橙色に美しく色づいていたし、
河口湖も見下ろせて、本当に素晴らしい景色でした!感動~!!

素敵な場所を教えて下さり、
ありがとうございました!!!




今回は釈迦ヶ岳~日向坂峠(どんべえ峠)~黒岳へと予定していたのですが、首都高が事故で大渋滞で、8時の到着予定が大幅に遅れてしまい、10時30分になってしまって((+_+))
日向坂峠に到着した時点で13時50分。
なので、黒岳への登山は時間的に断念しました!

もう~。残念だよね~。
行く道中、挫けそうになり、河口湖で遊んで帰えるだけでもいいか…
とも思ったのですが、諦めないで行って良かったです。

本当に、素晴らしい景色を見ることもできたし、
山の中も静かで気持ち良かったし、良い登山ができました。
息子との思い出もまたひとつ増えて嬉しい!!楽しかった!!


そして、楽しみの日帰り温泉は今回は紅薔薇温泉『みさかの湯』へ行きました。
施設の前にはバラ園があり、今の時期はもうほとんど咲いていませんでしたが、薔薇の季節には満開に咲き誇る花を見ながら温泉でゆったりできるのだそうですよ。
お風呂はとても綺麗で、露天風呂もあり、気持ち良かった!! (*≧∀≦*)

温泉の後はフルーツ牛乳で乾杯!

フルーツ牛乳といえば、映画『テルマエ・ロマエ』のあの場面を
思い出すよねww美味しかった!



日の出山・御岳山・大岳山へ

2014年11月06日 14時46分06秒 | 登山



11月4日(火)晴れ☀

秋も深まり、山の木々の紅葉が美しい季節になりましたね。
皆さまは如何お過しですか?

この日は息子の小学校が文化祭(3日)の振替えで休みになったので、
親子登山を楽しんできましたよ!
今回は日の出山~御岳山~大岳山へと奥多摩の山を
縦走してきました。





つるつる温泉第2駐車場に停め、少し下ってこの道標を右へ進んで行き、
車道をしばらく歩きます。





車道を横切って歩く沢ガニ発見!!
側を流れる沢から出てきたんだね。息子がツンツンすると、
小さなハサミを振りかざして応戦!
必死に威嚇してるようだけど、全然怖くないよ~(笑)

8時10分 日の出山ハイキングコース入り口

先ずは日の出山山頂を目指します。

小さなアップダウンのある登山道を行くと、
ミニ尾根が何ヶ所かありました。





急な木の階段が続きます。キツイね~~~。
階段は苦手です。でも、良いお天気!!気持ち良い!!








9時43分 日の出山山頂!

山頂には私たちだけ…だと思っていたのですが、
単独の男性登山者が先に登頂していました。チッ!(笑)

見晴らしが良いねー!最高ー!
ゆっくりしたいところだけど、まだまだ先が長いので
小休止の後は次の御岳山へと出発です。






10時40分 武蔵御嶽神社

お土産物屋さんが並ぶ小さな門前町を通り抜けると、
御嶽神社の大鳥居がありました。

神社でお参りを済ませた後、息子は『子供おみくじ』をひきました。
運勢は小吉でしたが、勉強運が良かったみたいで、にっこり😊

ここまで来て、ようやくたくさんの登山者と出会いました。
ケーブルカーを利用して御岳駅からきたんだね。





さて。次は大岳山目指して出発です!

途中、リンドウの蕾を見つけたよ♪可愛いね~!






11時2分 長尾平分岐へ。

ベンチに座り、紅葉🍁観賞♪
真っ赤な葉や橙色や黄色に染まった葉が、太陽の光に透かされてとても綺麗!!
どの色の葉も綺麗だけど、私は赤みがかった橙色が好きです!!









長尾平からロックガーデン方面へ。
七代の滝と天狗岩です。

滝までは0.2km。時間あるかな~って思ったけど、せっかくなので寄って行くことに。
行きは急な下り…という事は当然帰りは登って来なければならない訳で。いや、いや、めちゃくちゃハードでした。。。

今回はね、ホントあまり時間がないので、いつもよりもペースを上げて行動していたので、すれ違った登山者に早い~!って驚かれました。





ロックガーデン到着!

ロックガーデンって、もっと凄い岩登りができると思っていたんだけど、普通に岩庭園風な場所で、なんだぁ~と息子も私もかなりガッカリでした。苔むした岩がたくさんあって、趣のある気持ちの良い場所ではあったけどね。






綾広の滝です。

芥場峠を越え、作業小屋を過ぎると、ゴツゴツした岩場、鎖場があり、急登が続きます。
キツイけど、あとひと踏ん張り?頑張ろう!





13時40分 大岳山山頂\(^o^)/(標高1267m)

「頑張ったね~~!!」

雲がなければ、富士山が一望できるんだけどね。
午後になっちゃったからかな…見えなかった!残念…!

でも、展望は最高!!気持ち良い!!


30分のお昼休憩の後、下山開始。
日没が早いので、急がねば!




15時20分 天狗の腰掛け杉です。推定年齢は350歳。

ロックガーデン分岐から左側の平坦な道を通り、距離を稼ぎました。
山頂からここまで約1時間できたね。凄い、凄い!
でも、もう15時30分。日没が迫っているので集中してさらにスピードUP!
トイレ休憩以外はノンストップでいったけれど16時30分を過ぎて、足元が見えづらくなってきてしまったので、今回初めてヘッドライトを使いました。
いやぁ、暗くなった山は怖いね~。
2人だけだったし、心細かったよぉ。

16時50分 ハイキングコース登山口入り口へ到着!
そして、林道を通り、17時駐車場へと無事に辿り着きました。

あと3時間は早く出られたら良かったんだけどね…。
(朝仕事があるから仕方ないけど)というか、今回はね、計画にちょっと無理があったのかもです。長尾平から大岳山までが思っていたよりも時間がかかってしまって。
冬は日没が早いので、よく考えなければ。反省、反省。。

でもね、息子は「これはこれで楽しいよね♪」って言ってくれて、
大変だったろうに。優しい子だよぉ(ノ_`。)。

さて。楽しみの温泉へ♪
今回は『つるつる温泉』で汗と疲れを癒やしました。

温泉に入った後はロビーでゆっくり。
ラムネで乾杯したよ♪

「お風呂へ入ると、キツかった事とか、そんな事あったっけ?って、
なんか忘れちゃうね。そんで楽しい気持ちしか残らない」

ね~♪本当にそうだよね!いろいろ楽しかったね!
また、一緒に登山しよう!!。.:*.゜☆(●´∀`●)ニコ.゜☆.。.:*.゜