ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

ウエスタン・オリックスvsカープ(20130416現地観戦記)

2013年04月17日 17時47分41秒 | 野球-パシフィック全般
2011年3月以来のファーム観戦となりました。珍しく少しだけ画像付きです。


<試合の感想箇条書き>※試合以外のことも多いです

◯なんというか…ものすごく「野球切れ」「ファーム切れ」を起こしていたんです。甲子園のオープン戦は2試合観に行ったし、テレビでは毎日野球を観ている。でも、間近で、プロのプレイを観たい。硬球が空気を切る音を間近で聞きたい。木のバットが奏でるあの乾いた音を聞きたい、と思うようになった。子どもがふたり居て、そんなものを体感するのはあと数年は無理だと思っていた。土日の一軍の試合は家人の協力があるから少し観に行けるけれど、平日にファーム観戦は無理だと思ってた。でも、5歳の息子が少しずつ野球に興味を持ってきたことと、甲子園での観戦が意外にスムーズにできたことで、「ファームも行けるんじゃない?」と思った。そうしたらもう、禁断症状に近いものが出てきた感じ…。
◯じゃあ、行くか!となって、頭の中でシミュレーションをしてみる。生後9ヶ月の娘を連れていくのは抱っこ紐?ベビーカー?→ファームの球場にはオムツ替えの設備はないから、必然的にベビーカーになる。ではベビーカーで行ける球場は?→鳴尾浜は近いけど混むしスタンド狭いし無理。北神戸は駅から遠いし「登山」になる(フェンスを乗り越える、的な道があるしw)から無理。となると神戸サブのみ。ということで、神戸サブの日程とにらめっこする日々が続きました。
◯最初に行こうとしていたのは息子がおじいちゃんとお出かけしていた4月2日。行く気まんまんで準備万端、玄関を開けたらいきなり雨が降り出し泣く泣く断念。次は4月13日。ブログにも書きましたがこの日の朝に淡路島で大きな地震が起こり、交通網が乱れていた&震源に向かっていく感じになるので余震が怖いので断念…。いつ行けるんだろ、もう息子の幼稚園始まるから無理かも、とガックリしていたのですが、幼稚園が始まったもののしばらく朝だけの保育が続くこの4月16日に、ついに行くことができました。結果的に、この日で良かったなと思える試合となりました。
◯とはいえ、朝11時に幼稚園が終わってお迎えに行き、そのまま息子とベビーカーと宝塚駅まで歩き(徒歩20分くらい?)、阪急今津線で西宮北口、神戸線に乗り換えて三宮、そこから神戸市営地下鉄で総合運動公園下車、そして神戸サブまで徒歩10分という道程は、思っていた以上にきつかったです…。独り身ならもう慣れっこの路線ですけれど、ベビーカーでというのは初めてで、三宮で地下鉄に乗り換えるときにエレベーターがなかなか見つからなくて三宮の街をだいぶうろうろしてしまいましたし、電車内でも気をつかうし、球場に着いたら入り口のところの階段が登れなくて四苦八苦するし(ベビーカーを持ち上げて運びました)、13時過ぎにやっと試合を観始めたときには既にぐったり(笑)。まぁベビーカーを運ぶ羽目になったのはこの入口のところだけで、スタンドに入ってしまえば段差は無いので、あとはなんとかなったかな。
◯そんなわけで、スコアは付けられませんでした。いちおうスコアブックは持っていったんですけど(重かったorz)、息子にいろいろ説明するほうを優先しないと。だから詳細は覚えてないのですが、楽しんだから良しとします。
◯デジカメ(倍率3倍のしょぼいコンデジです)は持っていったので、少しだけ画像も貼り付けます。妙にデカくてすみません…未だに画像の扱いかたが慣れない…(あと、竹原の画像ばっかりになりましたw)

◯試合はオリックスvsカープ。球場に入ったときには試合は既に3回に入ろうかというときだったのでスタメンは(特にカープは)分かりませんが、だいたいこんな感じでいいと思います(写真)。あ、先発投手は中村恭平でした。岩手の富士大出身の左腕、応援しているので初めて観れて嬉しかったですし、なかなか好投もしていました。それと、カープの2番は見えにくいですが上本ですね。


◯ちょっと目当てにしていたのが竹原。このあいだ一軍登録を抹消になっていたので、ここで観れるかなと思っていた。そうしたら4番レフトでスタメンだったので、正直とても嬉しかった。下の試合で観るというのは複雑ではありますが、この試合の時点ではまだ登録期間ではなかったので、ここは割り切って楽しもうかなと。オリックスに移ってからの竹原は何試合か観ていますが、ファームで観るのはマリーンズ時代も含めて初めてのことです。なんというか「当たり前」のように4番に座っているのが嬉しいなと。この日は、第1打席は内容は分かりませんが凡退、その後は二飛・二ゴ・四球という内容でした。レフトからレーザービーム未遂なんかもありました(7回カープ先制の場面)。


◯1塁側ブルペンに近い席だったので、イニングのインターバルなどに息子に「近くで観てごらん」と観に行かせて、プロの球の速さを体感させました。「すごいねー」と目を丸くする息子が可愛かった(笑)←親ばか。こうやって野球の面白さ・すごさに目覚めてもらって、小学校に上がったら野球をして欲しいなぁ…(いや、もちろんやりたいことをさせるつもりですけれど)
◯お昼ごはんは持っていったのですが、飲み物を買おうと売店へ行って、この催し?に釘付けに(写真)。えっと、持ち帰りのカレーを買ったら選手のサイン色紙やサインボールが貰えるという…この“商法”で、カレーは飛ぶように売れていました。写真には映ってないですが、糸井や李大浩など主力も含めたかなりたくさんの選手のサインが賞品になっていました。わたしも許さんのサインボール欲しかったですが、荷物がいっぱいいっぱいだったので持ち帰りは断念。しかし美味しそうだったのでついイートイン(というのか?)で買ってしまった。このカレーはかなり美味しかったです。今まで球場で食べたカレーでいちばんだったかもしれない。まぁこのカレーは球場用ではなく、神戸のホテルのものらしいので、美味しくて当たり前かも…。


◯オリックス先発はドラ1ルーキー左腕の松葉。こちらも初めて観ます。スピードは140半ば、9回途中まで投げて四死球ゼロは素晴らしい。捕手もルーキーの伏見。オリックスのスタメンには伏見の他、高橋信二(ファースト)・辻ちゃん(DH)が居て捕手ばっかりでした。オリックスのファームは2年前以前はしょっちゅう観に行っていて、一軍よりもお馴染みの選手が多かったものですが、これだけブランクがあくと初めて観る選手が多くなります。
◯カープの出場選手はとても豪華で、小窪・天谷・迎・會澤・倉など一軍クラスがずらり。投手リレーも、中村のあとは、斉藤→岸本→青木→福井と豪華な顔ぶれでした。福井が球も荒れ気味・フィールディングもバタバタしていたのが心配。

◯8回から、竹原がファーストの守備に付きました。おお、初めて観るぞ。走者が出て、ベースに付く竹原の後ろ姿を撮ろうとフェンスに近寄ってシャッターを切ったところ、牽制球からの挟殺プレイを思いがけず撮影してしまいました(写真)(そして挟殺を完成させてドヤ顔でベンチへ帰るところがその下の写真)。というか、竹原が普通にファーストの守備をこなしているのに驚いたなぁ。いや、充分に無難でしたよ。これで起用が増えるといいんだけどなー。



◯8回裏にオリックスが野中の内野安打で追いつきます。オリックスは9回2死1,3塁で松葉→比嘉へスイッチ。10回裏は平井が投げました。平井を生で観るのは初めてのことで、ちょっと感動…その前にブルペンで投げているのを観ても感動していたので、実戦のマウンドは尚更観れて嬉しかったです。

◯9回裏、投手交代のあいだ、ネクスト付近に3番の辻ちゃんと4番の竹原が(写真)。マリーンズ時代は意外に観たことがなかったこの並び。なんだかいいなぁ…


◯試合は1対1のまま延長10回引き分けとなりました。練習も観たかったですが、既に時計は16時をまわっていて、息子の疲れも限界・帰宅するのに2時間かかるのでそのまま帰路につきました。帰りの電車は混んでいて、もっと大変だったけど、息子はよく頑張りました。

◯ああ、本当に楽しかったです。野球を楽しんだ!!と心から思った。でもちょっと、子どもふたりを連れての神戸サブへの移動、というものに体力と精神力の限界は感じました…この体制での観戦は、しばらく無理だろうなぁ…。ただ、もっと近場なら行けるし、娘だけなら抱っこ紐で移動すると楽だし、オムツ替えの設備もあるし、ということで、早速来週の甲子園でのファームの試合を観に行こうと考えています(笑)。うまくいくといいなぁ…


この試合のスコアはこちら(オリックス公式)


ランキング参加しています。
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
この記事についてブログを書く
« また西野で連敗ストップ(201... | トップ | いちおう望んでいたような試... »
最新の画像もっと見る

野球-パシフィック全般」カテゴリの最新記事