ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

9月27日(水)vsライオンズ最終戦

2006年09月27日 22時35分07秒 | 野球-マリーンズ
「マジック1伝説」に翻弄された試合…

スコアはこちら(マリーンズ公式)

なんて分かりやすいチームなんだ。
正確な時間は計っていないが、8回にジャスティンが、リーファーに同点ホームランを打たれた時間って、札幌でファイターズが勝利を決めた時間より遅かった、よね?
ああ。「マリーンズが負けたとしても、相手の胴上げ(1位通過)はない」と分かった途端にこれだものな。ほんとうに、なんて分かりやすいチーム。そんなマリーンズが好きなのだけれど。



試合は、じりじりとマリーンズペースで進んでいっていた。2回に先発俊介が2点を先制されるが、4回に満塁から今江の併殺崩れで1点を返し、5回にはやはり満塁から里崎の犠牲フライで同点に追いつく。7回は無死1・3塁から福浦の浅いレフトライナーで3走西岡がタッチアップでホームに滑り込みついに逆転。満塁でも最低限の仕事ができるようになっている選手たちを観ると、やはり伝説は生きていると実感する。

2回だけは崩れた俊介も、他の回は得点圏にランナーを進めても勝負どころで三振がとれるピッチング。やはりここのところのライオンズ戦ではなかなかいい感じで投げていたので、それを継続できていたように思う。来季もこの調子でお願いします。
そう、あとは俊介とうしろのピッチャーが守りきるだけ、と思っていたところで、札幌ドームの結果が入り、そして冒頭の悲劇へと繋がった。


そう考えると、8回アタマに、せっかく中継ぎ要員としてスタンバイさせていた久保ではなく、敢えてあのジャスティン・ミラーを持ってきたのも、こうなることを分かってのことだったのだろうか。


試合は延長に入り、10回裏に久保が先頭のリーファーにツーベースを許し、満塁策をとったところで中村の打球をファースト福浦が捕球できず(ヒット性の当たりだったが記録はエラー)、サヨナラ負けを喫することとなった。


きっと、札幌でファイターズが負けていたら、マリーンズはこの試合、勝っていたに違いない。なんの根拠もないが、断言できる。
だから本当に、自らのマジック1伝説に翻弄されて、そして負けた試合となった。ジンクスは継続しているのだ。



ま、冷静に考えると、俊介の勝ちが消えてこれで雅英より勝ち数が下になることが確定orzしてしまったし、伝説があろうとなかろうと、勝負事は負けるよりは勝ったほうがいいに決まっているのだけれどね。でも、なんだかあまり悔しくないのは、このジンクスのせいなのだろう。


さあ、泣いても笑ってもあと1試合。順位も何もかもが決まってしまった状態で、しかも仙台でのイーグルス戦、マリーンズの先発は直行だから、なんだか負けそうな予感がものすごくするけれど(笑)、本気の試合は来季始まるまでできないのだから、選手も、観に行けるファンのかたたちも、めいっぱい「野球」をしてきてくれればいいな、と思っている。



※ファイターズ1位通過のこと、新庄のことなどは、後日また別エントリを上げます。



【今日の公式タン】

◆1回表(修正済み)
「表:マリーンズの攻撃
マリーンズ 投手・渡辺俊)」

…1位通過を賭けた熱い戦いのはずが、いきなり呑気な紅白戦に…



◆スタメンメール
 マリーンズ
6 西岡
7 青野
3 福浦
2 里崎
9 ベニー
5 今江
2 塀内

…ああ、紅白戦だから塀ちゃんがキャッチャーなのね…あれ?



◆1回裏
「1番 福地 高いバウンドのショートゴロを西岡が素手で掴み1塁送球!アウト!1死。
西岡が素晴らしい判断でショートゴロに仕留めました!!」

…ここだけで「!」が4つもあってテンション高くていいですねぇ。



◆2回裏(修正済み)
「6番 中島 内角のシンカーを打って、キャッチャー前へのゴロ。里崎は1塁へ送り2死2塁。」
「7番 中村 内角のシンカーを押っつけた当たりはセンターオーバーのタイムリーツーベースヒット・・、0対1。1死2塁。」

…先制されたショックで敵のアウトカウントを減らす暴挙に出る公式タン。マリーンズ的には損ですよ~。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 9月26日(火)vsライオンズ19... | トップ | 2001年9月26日のことと、ビー... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つくばっとマリン)
2006-09-27 23:12:27
いきなり「キャッチャー塀内」でしたからね。「今日は最初から飛ばしてるなあ、公式タン。いいぞいいぞ」と思いながら、試合を楽しみました^ ^

パ・リーグの順位が確定する大一番だけれど、紅白戦のようにリラックスしてやってほしい、という公式タンの親心が伝わってきました。

追記。 (つくばっとマリン)
2006-09-27 23:21:05
携帯の球団公式HPの「ボビー語録」によると、今日は「ライオンズ戦」ではなく「ファイターズ戦」だったようです…orz。

公式タンの試合後の関心の行方がよくわかります^ ^;
インボイスの (けーたろー)
2006-09-28 02:55:01
スコアボードの中の人は、ミラーのことを「ミラ一(ミライチ)」と表記していました・・・。リーファーに被弾したのはミライチさんで、カブレラと対戦したのはミラーさん。現場で公式タンを連想してしまいました。
つくばっとマリンさんへ (forty-niner)
2006-09-28 07:12:56
あはは、親心いいですねぇ、ええ、ナインもそれにこたえていい試合をできたのではないでしょうか。ほんとマリーンズペースの試合だったのにぃorz

で、試合後の公式タンは新庄のセレモニーやファイターズのビールかけを見ながら携帯公式を更新したと…(笑)



昨日の公式タンはなかなかいい感じでしたねぇ。今季あと1試合しかないなんて寂しいなぁ…
けーたろーさんへ (forty-niner)
2006-09-28 07:13:20
けーたろーさんのところで実際の「ミライチ」映像を見て、けっこうなインパクトに笑ってしまいました。ちゃんと「ミラー」だったら被弾しなかったのか…くそー。

しかしそんなんだったら「リーファイチ」になりますよねぇ。いや、「リイチファイチ」か…ってもはやなんのことやら。インボイスのスコアボードの中の人、恐るべし。

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事