ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

よかった…(20090611vsC)

2009年06月12日 09時23分01秒 | 野球-マリーンズ
得点だけじゃない、「嬉しいこと」がたくさんあった試合。


<試合の感想箇条書き>

○嬉しかったのは、1イニング15点とったことも勿論ですが、たとえば早坂の同点タイムリースリーベース(しかもプロ入り初のスリーベース)。それに悩めるゴリの満塁弾。前の試合でミスをしたふたりが取り返してくれたこと。談話から、前日のミスをちゃんと反省していると分かったこと。それらが嬉しかったのです。

○正直、立ち上がりの直行を観たときは、こんな試合になるとは夢にも思いませんでした。2点先制されて「ああまたこの重い2点にやられるのか」という気分になったし、同点に追いついた直後に無死2塁のピンチを作るしね。
○それから「完投勝利」というのもちょっと「参考記録」って感じかな…なんせ6回以降のカープの攻撃は淡白にならざるを得ないですしね…ただ、4~6回はビシッと締めてくれたことは、勝利を呼び込んだと思います。
○8回以降あたりは古谷に投げさせても良かったんじゃないかとも思いますが、今後チームをのせていくためには無駄な失点はないほうがいいから、直行完投でもよかったのかな…このへんはボビー最終年ならではの「なりふり構わぬ采配」という感じはしますが、許容範囲ではあります。

○怒涛の6回裏、「48分間・20人攻撃」一覧。日本新記録だしせっかくなんで書いておきます。
(カープ 投手・小松)
1人目・福浦 レフト前へ流し打ってヒット 無死1塁
2人目・大松 サードファウルフライ 1死1塁
3人目・井口 センター・ショート・セカンドのあいだへ落ちるヒット 1死1,3塁
4人目・タスク 一二塁間を破る痛烈なライト前ヒットで8対2 1死1,2塁
5人目・サブロー フルカウントから四球 1死満塁
(カープ 投手・小松→ドーマン)
6人目・里崎 ピッチャーの足元を抜けるセンター前ヒットで9対2 1死満塁
7人目・チェイス 初球をレフト前へヒットで10対2 1死満塁
8人目・今江 フルカウントから四球を選び押し出し、11対2 1死満塁
9人目・早坂 右足首に当たる死球で押し出し、12対2 1死満塁
10人目・福浦 引っ張ってライト前へタイムリーで13対2 1死満塁
11人目・大松 ライト線へツーベースヒットで15対2 1死2,3塁
(カープ 投手・ドーマン→森)(マリーンズ 福浦→代走・堀)
12人目・代打塀ちゃん ライト前へ落ちる2点タイムリーで17対2 1死1塁
13人目・タスク ピッチャー返しでセンター前ヒット 1死1,2塁
14人目・サブロー またもピッチャー返しでセンターへタイムリー、18対2 1死1,2塁
15人目・里崎 またまたピッチャー返しでタイムリー 19対2 1死1,2塁
16人目・チェイス 足に当たる死球 1死満塁
17人目・今江 ショートゴロのセカンドへの送球が逸れエラーで20対2 1死満塁
18人目・代打雅彦 センターへライナーで飛ぶ犠牲フライで21対2 2死1,2塁
19人目・コーイチ またもピッチャー返しでタイムリー、22対2 2死1,2塁
20人目・大松 ライトフェンス前まで飛ぶ大きなライトフライ チェンジ

○17人目の今江で1イニングの最多得点タイ記録、18人目の雅彦で1イニング最多得点新記録となる「14点」を達成しました。このふたりがお立ち台でした。
○代走から入ったコーイチにそのまま打順がまわりましたが、打席に入るときのコールに守備位置がないのをプロでは初めて聞いた気がします。
○大喜びしていたのは4人目タスクのタイムリーまでで、あとは「マジ…?」という感じで呆然としながら観ていた気がします。いつまでも「満塁のピンチ」が終わらない、という。
○しかし塀ちゃんにまでタイムリー(しかもその後も打ってマルチ)が出るとは、すごい試合だなあ。
○大松がこの回唯一3回打席に立つという快挙(?)。しかしひとりでアウトふたつ稼いだのも大松です。
○談話で里崎が「こういうときは自分で止めたくないから緊張する」と言っていたというのを聞いて、へーそうなんだと思いました。意外というか。
○ライトスタンドの、得点後の選手コールはこの後どうやったんでしょう??全員は無理、だよね?
○しかし記憶と記録からこの回の攻撃を書き起こすだけでも疲れました…マリーンズとカープの選手たちは本当に疲れたと思います、お疲れ様でした。

○しかしこの試合スタメンだったのに、祭りの6回になる前に代えられてノーヒットの竹原…orz たしかに3回の満塁からの三振などは良くなかったですからね…でもこういう思いをした選手が、次のゲームを引っ張っていってくれるのではないか、と期待しています。

○カープに一矢報いて欲しいと願っていましたが、まさかこんな形で報いることになるとは夢にも思いませんでした。この点を他の試合にとっておいて欲しい、とはあまり思いません。こういう大勝が今のマリーンズには必要だったと思うので、この上ない内容だったと思います。また、選手たちの笑顔をたくさん観れたのも、嬉しい試合でした。こんな試合ができるんだから打撃陣はもっと自信をもって、なんとかこの試合のムードを次へ繋げていって欲しいと思っています。次は1日空いてマリンでのタイガース戦です。


この試合のスコアはこちら(ニッカン)



<今日のパ・リーグ>今季通算パ49勝51敗6分

せっかくカープが負けたからホークスは突き放すチャンスだったのに惜しかった!でも久しぶりにパが肉薄できて嬉しいです。平石お立ち台とかも、嬉しいニュースです。

ファイターズ 9 - 3 ベイスターズ
イーグルス 3 - 1 ドラゴンズ
ライオンズ 6 - 5 タイガース
オリックス 4 - 2 ジャイアンツ
ホークス 3 - 6 スワローズ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 不安になる敗戦…(20090610vsC) | トップ | 大事な試合に快勝(20090613v... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とにかく凄かった (マットゥン)
2009-06-12 20:27:22
昨日のマリーンズは何があったの?という位
点を取りましたね。

やっぱりその中でも早坂、今江両選手が
打って当たり前くれたのは嬉しかったですね
前の試合のミスをよく取り返してくれました。

竹原選手に関しては替えられたタイミングが
悪かったかなといった感じですが
交流戦の打率は良いので
この悔しさを次の試合
バッティングに繋げてくれればと思います。

そしてこの試合で野手の方達が
自信を取り戻しているといいなと思いました。

シーズンが終わった時、笑顔でいられるように
マットゥンさんへ (forty-niner)
2009-06-14 08:10:44
レス遅れてすみませんでした!
昨日の試合は出かけていて観れなかったのですが、
この上ない快勝だったみたいですね!
あの試合の翌日にしっかり勝てるというのは、
ほんとうに嬉しいことです。
早坂や今江の気迫もこうやって繋がってるんだなと…
ほんと、あの「15点」がターニングポイントになればいいなと思っています。

しかし竹原出番なし無念…
やっぱベニーちゃんがスタメン復帰してきたからなのかな。
もちろんベニーちゃんが元気なのは嬉しいんですが。

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事