ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

則本を打てずに3連勝ならず…(20130815vsE)

2013年08月16日 00時33分46秒 | 野球-マリーンズ
収穫はあったけど、やっぱり悔しいなぁ…


<試合の感想箇条書き>
(視聴環境:パ・リーグTV)

○また夕方出かけていて、出先からiPodでパ・リーグTVをチェック。俊介が投げている姿を、切れ切れではありますが観ることができてちょっとじーんとする。帰宅したのは6回表の頃。ホームランを打たれてなおも走者を置いて、という場面で、ゴロを捌いた塀ちゃんへ向けた俊介の笑顔を観て、今度ははっきりと感動。久しぶりの一軍マウンドで、俊介はいい顔をしていました。今日の投球に対する心配もそうですが、俊介自身の進退を心配するような状況だっただけに、こういう顔ができるのなら大丈夫だなぁと安心もした。それに、やっぱりずっと長いあいだ観てきた選手がこうしてグラウンドに居てくれることが嬉しいんだ、と、俊介の顔を観て実感した気もします。もちろん若い選手たちもベテランたちと同じように応援していて、彼らにはまた未来への希望という別の大きな要素を求めていて、それはすっごく大事なのですが、これまでずっと観てきた選手たちに対しては、観てきた試合数・年数以上の思い出や思い入れがあるわけで。グラウンドでの姿を観るだけで、それらが全部フラッシュバックのように蘇るのです。そういう気持ちを、今日の俊介の姿を観てパーッと思い出してしまいました。
○実際、「良い雰囲気」を持った、良い俊介でしたね。ダメなときの負のオーラがなくて、テンポが良くて気持ちが良かった。試合には負けたし、先に点も取られたけれど、この俊介ならまだ未来がある。伊東監督も次があると言っていたようですし、安心しました。
○俊介自身、昨日の里崎のヒーローインタビューを聞いていたことで気合が入ったのだそうで、こういうのってなんだか嬉しいなぁ…しみじみ。

○打つほうはなー…則本は盛岡でのライオンズ戦ではイマイチだったので打てるかなと思っていたのですが、今日はすごく良くて、点を取れる気配がなかったです。ブラッズの犠牲フライのみで、これもブラッズのものすごい集中力でなんとかもぎ取った1点という感じでした。ただ、このブラッズの打席で分かるように、選手たちの気持ちはまったく切れていないのは分かったので、それは収穫でした。9回には角中がラズナーと対戦して17球だっけ?粘りに粘りましたしね。
○こんな風に、投打ともに収穫はありましたけれど負けは負け。3連勝しなければこのあいだの仙台での借りは返せなかったと思うので、やっぱり悔しいですけどね…。

○チームもファンも気合が入りまくっていた首位イーグルスとの3連戦は2勝1敗となりました。できれば今日も勝ちたかったけど、まずまず御の字といえるかなと。あすからはオリックスと3連戦。イーグルス戦で気合を使い果たしていないかちょっと心配ですが、少しずつでも貯金を増やせるように戦って欲しいと願っています…。


この試合のスコアはこちら(ニッカン)


ランキング参加しています。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 最大4点差を追いつき、最後は... | トップ | ここで負けないというのがい... »
最近の画像もっと見る

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事