ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

最大4点差を追いつき、最後は里崎のサヨナラホームラン(20130814vsE)

2013年08月15日 01時58分11秒 | 野球-マリーンズ
チームとして3年振りのサヨナラホームランだそうです!


<試合の感想箇条書き>
(視聴環境:TwellV、パ・リーグTV)

○夕方に買い物に行って帰ってきて、やっとテレビを付けたら既にスコアは0対4。あああ、昨日の勝利が無駄になるような展開になってるorzとがっくり。ただ、その後少しずつ点を返せていたので、まだ希望は失わないで済みました。特に初回に1点でも返せたのは大きかったので角中のタイムリーは嬉しかったですし、5回にイーグルス先発の美馬が勝利投手を意識し出すところにつけ込んで、ブラッズのホームランや大松のタイムリー、里崎の犠牲フライとこつこつ攻めることができたのは良かったと思います。
○4対5でしばらくスコアが動かなかったときはちょっと嫌な予感がしました。普段のマリーンズなら、追いつけない程度の反撃で満足してしまうきらいがありますからね。何がなんでも同点には追いつかないといけないんだから…とちょっとじりじりする気持ちで観ていました。ただ、肝心の8回の攻撃が観られなかった。角中が四球で出てゴリがライト前ヒット、そしてブラッズが同点タイムリーということのようですね。どうもイーグルス側に守備のミスも出たらしい(ゴリのヒットのときサードまで走った角中は本来ならアウトだったらしい)。でもそのおかげで同点に追いつけた。相手のミスを喜びたくはありませんが、どんな形であっても点が取れるのはやっぱり嬉しいです。

○延長に入ってからは、なるべく早く試合を決めて欲しいと願っていました。まだあしたもあさっても試合があるのだから、できるだけ投手を消耗したくない。好調なブルペン陣だからといって、延長12回までやるのは厳しい。もちろん、ここまで頑張って負けるのは論外だし、もしも引き分けになるにしても今この瞬間から豪雨が降ってコールドになって欲しい、くらいの気持ちでした。だから9回あっさり3人で終わったときはかなり残念だったし、10回は先頭のゴリが出たのにその後が三者三振でやっぱりガッカリ。それだけに、11回先頭の里崎が決めてくれたときの喜びといったら…!PCで動画を見ながら、届け!入れ!と拳を握りしめていました。ライトポールぎりぎり、スタンドに届いた打球!

○里崎のサヨナラホームランは、2010年5月のこの試合以来ですね。この試合は当時のエントリにも書いたようにいろいろ思うところがあって忘れられない。今日のホームランと、あの日のホームランの着弾した場所は似ていましたね。今日の試合が、また心に残るものとなればいいなぁ…
○チームのサヨナラホームランも、やはり2010年の、8月に大松が打って以来とのことで…そっか、そんなに出てなかったかサヨナラホームラン。まぁこの翌年から統一球の影響でチーム本塁打数激減したもんなぁ…サヨナラホームランは、特別なもの。サヨナラ勝ち自体特別だけれど、その中でも、ホームランで決まった試合は、いつまで経っても心に残る。3年振りにそんな試合を観ることができて幸せです!

○里崎のヒーローインタビュー、リアルタイムで聞いていたときもグッと来るものがありましたが、もういちどYouTubeで観直して、ますますしみじみとしてしまいました。ただでさえ感極まってた里崎の声が、インタビュアーの松井アナに俊介の名前を出されたときに、よりいっそう震えていた気がしました。近年のマリーンズを支えてきた同い年のバッテリですからね…あすの試合は、チームの今季これからにも大きく関わるし、俊介自身の進退にも関わる。里崎の緊張も高まるだろうなぁと、なんだか怖くなる思いです。でも、なるようにしかならない、とも思う。あすは俊介が観られることを喜び、そして投球を楽しみにしたいと思います。


この試合のスコアはこちら(ニッカン)


ランキング参加しています。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
この記事についてブログを書く
« 井口抜きで勝てたのは大きい... | トップ | 則本を打てずに3連勝ならず…... »
最新の画像もっと見る

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事