ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

7月6日(日)vsホークス12回戦

2008年07月07日 09時52分03秒 | 野球-マリーンズ
本来ならこっちの試合を勝たなくちゃいけなかったのでは…

スコアはこちら(ニッカン)

この日も出かけていて、中継は観れていないし、公式タンチェックも試合終了後にしかできていない。映像では翌朝のスポーツニュースで里崎が西岡からの送球を弾いたシーンしか観ていない。だから、なんともいえない部分はあるのだけれど…(だから手短に)。
でも、公式タンで観る限り、こちらの試合のほうを勝たなくてはいけなかったのではないかなぁ、と思ってしまう。終盤までリードしていたわけで、8回に中継ぎ(久保)が打たれ、9回には守備のミスで勝ち越しを許し、という悪い流れ。結果論ではあるが、8回2死まで抑えていた雄介が、ひとりランナーを出しただけで久保にスイッチというのが、個人的にはひっかかる。せめてもうひとりランナーを出したときではダメだったのか。でなければ、イニングのアタマから久保に投げさせるか。

打撃陣はよく頑張っていたみたい。この日も和田を打って5回に逆転。竹原がホームランを打たなくてもこれだけ点を取れたというのが素晴らしい。9回の攻撃も惜しかった模様。福浦の当たりがスタンドインしていれば勝てたんじゃないかなぁ。

でもやっぱり、前日からの流れでいくと、この試合は是非とも取りたかったな…。この試合をとることによって、ホークスに与えたダメージは計り知れないものになったと思うし、マリーンズもいい流れで上位との対決にすすんでいけたはず。土壇場でこのゲームを落としたのは、実にもったいなかった…

それでも、カード勝ち越しできたことはよかったと思う。この勢いを忘れずに、次のファイターズとの対戦に臨んで欲しい。





■今日の公式タン

<2回表>
この回はしっかりと立て直し、3者凡退に仕留めた小林宏、さらに気合いを入れるようにパンパンっとグラブを叩きながら、ベンチに引き返しました。

…宏之の表情が伝わってくるような、いい擬音ですね。



<5回裏>
そして満塁男・大松が登場!里崎に続いて“楽に行け!

▼5番 大松
ショートフライ
1-0から力んで、打ち上げてしまった・・・
1死満塁

…「楽に行け」のあとがこの結果だと、ちょっと切ないなぁ(;><)



<5回裏>
連日の諦めない粘りの野球で、制球に苦しみ和田に対し、打者9人の猛攻で一挙4得点、一気に逆転に成功!

…「苦しめ和田」じゃなくてよかったw



<6回表>
▼9番 高谷
キャッチャーファールフライ
1-0から打ち上げさせ、キャッチャー・里崎がバックネットギリギリで捕球!
チェンジ

…いきなり登場の高谷は誰の代打?(正解は山崎の模様)



<9回表>
土壇場でホークスに勝ち越しを許してしまいました・・・。再び追い付き追い越して、サヨナラ勝ちを収めるべく、最後までアキラメナイッ!!

この台詞って、ズーリーがホークス時代に言ったのが始まりだよねぇ。そう考えると、相手がホークスの場合は微妙だなぁ、というのが正直なところ。いや、公式タンらしくていいんだけどね。



<9回裏>
▼6番 サブロー
フォアボール
フルカウントからのスライダーがインコース寄り高めに浮いたのを見極めた!ナイセンッ!さぁ満塁!
2死満塁

…おお、「!」の多さといい、公式タンらしくていいぞいいぞ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 7月5日(土)vsホークス11回戦 | トップ | 7月8日(火)vsファイターズ1... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念な誤審 (毎年千葉ロッテアジアチャンピオン)
2008-07-08 12:22:58
8回のサブローのホームインは絶対セーフです。誰がどう見ても。せっかくマリンスタジアムまで行ったのに後味が悪いです。入場料金返して欲しいです。永見武司審判に一刻も早い永久追放処分を出さないとプロ野球全体が腐りきってつまらない茶番になってしまいます。

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事