ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

まさかの暴投サヨナラ勝ちでなんと8連勝(20130509vsL)

2013年05月10日 11時28分58秒 | 野球-マリーンズ
伊藤ちゃんに今季初勝利が付きました。


<試合の感想箇条書き>
(視聴環境:スカチャン1)

◯負けてもいいから野上を打ってくれ、と思っていたこの試合。ええっと、野上から取った点はオーちゃんのタイムリーエラーと井口のソロホームランの2点、打ったヒットは8イニングスで6本…うーん、微妙(笑)。でも試合は勝ったからいいのかなぁ、いいことにしよう。連勝を素直に喜ぼう。これだけ投手をつぎ込んで、引き分けならともかく負けたりしたら連勝中とはいえチームの体力的なダメージは大きかったと思うので、相手の自滅とはいえ、勝てて良かったです。
◯先発の藤岡は、初回だけ観ても「あー厳しいなこれは…」と思う出来。2回以降も調子が上がることもなく、ストライクとボールがはっきりしているし、球が全体に高いし…与四球は4個ですか、もっともっと与えた気がしてた。ヒットもきっちり捉えられた当たりが多かった。これでよくライオンズ相手に5回を2失点だけで済んだものだなと。逆に言うと藤岡が耐えてくれたからなんとか試合になったし、試合にも勝てた。ここまでまとめてくれたのは流石ですけれど、でも藤岡の力はこんなものじゃないはずなのに、と歯がゆくもなります…昨季の序盤を思い出すとね。交流戦で日程が空く期間にいったんローテから外して(セスも戻ってくると報道があったし)、下でちょっと鍛え直してもらえないかなぁ、と願っているのですが、どうかなぁ…。そしてまた輝きを取り戻して欲しいです。もちろん、ローテに入って試合を作れる状態のままそれができればいちばんなのですが。

◯打線は野上を打てないなりに、なんとか食らいついてはいたかなと。3回に追いついたのは得点こそオーちゃんのエラーですけれど、それもネモの強い当たりでしたし、チャンスを作ったのがこの回先頭だったえむのヒットだったというのが嬉しい。えむは5回にも先頭でツーベースを放ち(得点はならなかったけど)、正直打撃にはまったく期待していないところだったので、こうやってチャンスの起点になれたのはいいなぁと。えむにはマスクを被って一軍の捕手としての経験値をどんどん積んでいって欲しいところではありますが、やはり打席に立つ以上はそれなりの結果も残せないといけないわけで、野上のような好投手からマルチヒットというのは、打者としても大きな経験になったと思うので、この試合での奮闘は良かったです。若い選手が試合ごとにどんどん成長していっているのを感じ取れる今はすごく楽しいなぁ…。
◯8回裏の井口の同点ソロホームランはちょうど観れていない時間帯だったのですが、延長11回裏に入る前に流されたリプレイを観て、井口のガッツポーズの格好良さにちょっと震えそうになりました。井口のあんな力の入ったガッツポーズ、2010年のクライマックスシリーズ1stステージ第2戦延長で放った決勝のヒットのとき以来じゃないでしょうか。チャンスを作っても作っても後続が倒れて1点が取れなかったところで出たホームラン。ホームランの威力を改めて知った気がします。8回裏というだいぶん追い詰められたこの場面で出るというのは、井口やチームが好調な証なのでしょうね。ちなみにホームのQVCマリンでマリーンズの選手が打ったホームランは3月31日対オリックス戦で清田が打ったもの以来2本目とのことです…4月にホームで0本とは!orz

◯6回から藤岡を諦めて継投に入りました。いきなりろさろさだったときはかなーりドキドキしましたが、今季初登板をいちおう三凡。ろさの目処が立てばブルペンもずいぶん楽になりますね…まぁこの試合だけでは大地の好プレーもあったし評価しにくいですが。7回はハットリ。ハットリがなんだか普通に1イニングをきっちり抑えている(感涙)ワンポイントとしてはだいぶ楽に観ていられるようになりましたが、1イニング任せられるようになった…のかな、そうだといいな…。8回の上野は観れていないのですが、ピンチは作ったけれどなんとか抑えた感じですね?9回の松永は、同点に追いついた直後という難しいイニングで、しかも先頭打者にB3S0としたのにちゃんとツーストライクに持ち込んで打ち取るという流石のメンタル。10回に益田を持ってきて、きちんと3人で打ちとって流れを作りました。
◯そして11回に伊藤ちゃん。正直、このあいだ生で観た京セラでの乱調が頭にこびりついている。登板もそれ以来。11回が始まる時点で伊藤ちゃんと昨日打たれた中郷しか残っていないから、仕方なく伊藤ちゃんなのだろうと思っていました。できれば益田を回跨ぎさせたほうがいいのに、なんて思ったりもした(益田の身体を考えたらそれはしたくないし、伊東監督ならそんなことはしないだろうけど)。そんな風に不安だらけで、先頭の坂田にボール先行だったときは「ああやっぱりダメなんじゃないの」と思ったものですが、気づけば坂田は三振に取り、炭谷・上本も打ち取っていた。見事な内容・結果で、今季初勝利が転がり込んできました。うん、やっぱりマリーンズは伊藤ちゃんが元気じゃないとね!と実感した。昨季が怪我でほぼ棒に振り、今季もいちど抹消になるなど不安定なマウンドが続いていたけれど、この勝利で乗ってきてくれたらいいな…

◯11回裏、先頭井口がフルカウントから四球で出て、次の伊志嶺が送ろうとして死球となったところで就寝の時間。録画してテレビはつけっぱなしで寝室へ…さすがに気になって、iPodでTwitterを見ながら経過を追っていました。ゴリが送って大地敬遠、オギタカ勝負らしい。そうしてテレビから歓声が聞こえ、家人が「暴投でサヨナラだよ」と報告に来ました(笑)。この結末は予想していなかったよ…
◯子どもたちが寝た後に寝室を脱出し録画を確認。思っていたのと違う球がWPになっていたので驚きました…これは普通の炭谷なら取れるでしょ、と思ったけれど、9回にサファテとのサイン違いで投球を直接喉に受けて負傷していたのでその影響がおそらくあったのかもしれません。この9回のプレイ自体すごく怖かったですが、こういう風に影響もしてくるんだね…
◯状況になんだか既視感があると思ったら、これとほぼ同じ状況だったんですね。このときのほうが選手たちはしゃいでますね。ちなみに当時のエントリはこれ
◯決着が付いたあと、渡辺監督が審判に何か抗議してセカンドにボールをまわしたりしていたのはなんだったんでしょうか、アピールプレイになるようなところはなかったと思うのですが…。

◯お立ち台はもちろん伊藤ちゃんと、それとオギタカ。井口じゃないの?オギタカはこの試合ノーヒットだったのに立たされ台かwwとか思ったのですが、まぁ復帰ご祝儀かな。ふたりともなんだか可愛かったです。伊藤ちゃんの意外(?)と理路整然とした受け答えにちょっと感動もしたり。選手たちのこういう姿を観るのは本当に幸せなひとときです。

◯これで8連勝、なんとライオンズを抜いて首位に立ってしまいました。もちろん反動は怖いし、昨年も一昨年もこの時期は首位だったりすごく調子が良かったけれど、終わってみればあの順位だったんだから、浮かれたくとも浮かれられません。でも、純粋に嬉しいですよ…今季始まる前は、こんな風に「一時期さえも良いとき」さえも無いと思っていたし、開幕2試合サヨナラ勝ちしただけで「この2試合の喜びだけで1シーズン生きていけるし、そうしなくちゃいけないんだろうな」と思っていたのですから…。浮かれはしないけれど、今、この良いときの感動を、1滴残らず搾り取るように楽しんでゆきたいです。


この試合のスコアはこちら(ニッカン)


ランキング参加しています。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 西野の好投で7連勝(20130508... | トップ | 負けたのは仕方ないけどね…(... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とし)
2013-07-01 21:39:36
ご無沙汰です。

この試合の幕切れについてすでにいろんなところで話題になってますね。打順、球速ピッチャーの背番号、ドラ1のピッチャー、解説の人同じ人らしいとか。

野球は不思議なものですね。
としさんへ (forty-niner)
2013-07-24 23:18:18
わああ、コメントいただいていたことに今気づきました!レスが遅れに遅れてしまい本当に申し訳ありませんでした…
ご無沙汰しておりました。お元気そうで何よりです!

そうそう、この試合のときのエントリに書こうと思って忘れていたことでした。元になったのがこちらの試合ですよねhttp://blog.goo.ne.jp/forty-niner_49/e/746ae84ecdbaa4b464ee2a57806a3100
うん、ほんと、野球って不思議ですし、面白いです…だからどんなに忙しくても、観てしまいます。いろんな面白さを、これからも楽しんでゆきたいです。

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事