ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

「グランドスラム」から、マリーンズの選手を探してみる⑦竹原・荻野忠・川崎(2回目)編

2010年02月18日 17時09分24秒 | 野球-マリーンズ
その①(竹原特集)
その②(ブルペン投手陣特集)
その③(若手投手陣特集)
その④(俊介特集)
その⑤(移籍・引退・退団選手特集)
その⑥(木村特集)

①で書いたように、昨年末に社会人野球専門雑誌「グランドスラム」のバックナンバーを何冊か買ったので、そこからマリーンズの選手の「過去」を探してみる、という記事です。7回目は、①で特集した竹原と②で特集した荻野・川崎に、あとから見つかった記事を追加してゆきます。


<日立製作所・荻野忠寛>
「グランドスラム26号(2005年都市対抗)」、「夏に輝いたヤングパワー」の特集記事より。
胸のすくような快投だった。神奈川大で2度のリーグ戦MVPに輝いた、荻野忠寛の潜在能力はわかっていた。だが、日立製作所へ入社してからの投球にはお目にかかれず、ようやく関東代表決定戦の一回戦で、東芝を相手にマウンドに登る姿を見た。すると、名門のエースを務める磯村秀人を向こうに回し、1-0の完封勝利を挙げてしまった。やはり、その実力は本物だと確信し、本大会での登板を心待ちにしていた。
一回戦の相手は、前年の覇者・王子製紙。だが、「うちにはいい投手がたくさんいるので、僕はいけるところまでいけばいいと思っていた」という右腕は、キレ味抜群のストレートに加え、カーブ、スライダー、チェンジアップと、球速と軌道が微妙に異なるボールを左右のコーナーに散らし、7回を3失点で白星を手にした。
驚いたことに、二回戦でも先発。いい投手がたくさんいる中でも深い信頼を得ている証だろう。今後の活躍からも目が離せない。
この記事の写真。

ちなみにこの特集記事にはおぎの他にも、三菱重工横浜硬式野球クラブ・岩崎哲也、日産自動車・梵英心、JR九州・小松聖、NOMOベースボールクラブ・藤江均、JR東日本・中尾敏浩という、のちにプロに進む選手が掲載されています。おぎはこの中でも出世頭のひとりですねー。

同じく「26号」のメイン記事「第76回都市対抗野球大会グラフ詳報」、1回戦「日立製作所vs王子製紙」の写真。見出しは「新人・荻野が3失点の好投 日立が前年王者を振り切る」
記事では
昨年の王者が悔しさにまみれた試合は、同時に新たなヒーローを生み出した。日立の先発を任された荻野忠寛は、新人らしからぬ安定感抜群の投球で勝利の原動力に。次の登板も楽しみだ。
とあります。

写真のキャプションは「日立の先発・荻野忠寛は、ダイナミックなフォームからキレ味抜群のボールを投げ込み、王子打線を7回まで5安打に抑えた」

これらの一連の記事。彼がプロ1年目から中継ぎとして活躍、その後も抑えにまわったりしたということが頷けるような記事だなぁと思います。アマチュア時代の実績・実力はほんとに抜群だったんだ、と改めて実感。社会人としてはこの年がルーキーですが、翌年も特に都市対抗の予選ではほとんどの決定戦に登板するなど獅子奮迅の活躍をしていましたし。今季はまた中継ぎに戻ることになると思いますが、それが適任だとも思いますので、さらなる飛躍を期待しています。



<ホンダ熊本・川崎雄介>
上記と同じく「26号」のメイン記事「第76回都市対抗野球大会グラフ詳報」、2回戦「JR九州vs七十七銀行」の記事の写真。画像が悪くてスイマセン(でも元記事の写真もイマイチだった…)

写真のキャプションは、「JR九州の三番手・川崎雄介(ホンダ熊本から補強)は、最終回をピシャリと締めた。」

雄介はこの大会、補強されてJR九州のメンバーとして都市対抗に出場。この2回戦で最終回を投げ、準々決勝のホンダ戦では先発し6回1/3、日産自動車に敗退した準決勝でも小松聖をリリーフして最後の3イニングスを投げるという、こちらも獅子奮迅の活躍。なるほどこれで一躍ドラフト候補に躍り出たというのも分かるなぁと、グランドスラムを読んで思いました。
あとそれとは別で、今はわたしはすっかりJR九州のファンなので、「小松・米藤・川崎」という投手リレーに萌えて(燃えて?)しまったり。いろんな楽しみかたができるグランドスラムです。



<三菱自動車岡崎・竹原直隆>
「グランドスラム21号(2003年都市対抗)」、「第74回都市対抗野球大会地区予選グラフ」より。
この号は、予選のレポートがカラーで、本戦がモノクロという妙な構成。カラーのほうで地味に竹原を見つけた。東海地区予選、第一・第二代表決定トーナメント2回戦で敗れた三菱自動車岡崎は、第三・第四代表決定戦でも準々決勝で破れ、最終の第五・第六代表決定トーナメント(敗者復活トーナメント)にまわります。その準決勝・ヤマハ戦に勝って、都市対抗出場を決めたときのナインの写真。

キャプションは「一昨年、都市対抗準Vの三菱岡崎は2年ぶりの代表権。堀井哲也監督は、ナインに囲まれて号泣した。」
号泣する監督の真後ろに笑顔で立ってるのは竹原ですよね?いやあ、こういう、選手たちの笑顔が弾ける写真を観ると、やっぱり都市対抗の予選を観に行きたいという気持ちが募ります。今季こそ…

同じ号の「第74回都市対抗野球大会グラフ詳報」、1回戦「三菱自動車岡崎vs松下電器」の写真。

キャプションは「三菱岡崎の反撃の口火は、4回表に飛び出した竹原のソロ本塁打。」
この試合の竹原は4番レフトで先発出場、2回戦と準々決勝も4番レフトで4打数2安打1打点と活躍しましたが、「兄弟対決」となった準決勝の三菱ふそう川崎戦では4打数無安打と抑えられ、試合も7対0で敗退しています。都市対抗で勝つというのは想像以上に難しいのだろうなぁと思いますね…

同じく「21号」の「第35回IBAFワールドカップ 日本代表選手写真名鑑」より。またピンボケでスミマセン(これはカメラのせい)。

これが、前回に竹原特集した記事の後半部分の記事に繋がるわけです。しかしこのページの名鑑にズラリと掲載された選手を眺めると、ほんと錚々たるメンバだなぁ…こういう中でやってきてやっとプロにかかって、それでもプロで活躍できるとは限らないのだから、プロとはどれだけ厳しい世界なのだろうと改めて思います…


今回はこれで終わりです。シーズンが始まるまでに、もういっかいくらいはこの「グランドスラム」の記事を載せようと思っています、たぶん俊介のになるかな。


<全然関係ないんですが、おまけ>
去年買った、息子用の服です(身長90センチ用)

激安子供服チェーン店で見つけた奇跡の「TAKE25」ロゴ。友人には「竹原のオフィシャルグッズかと思った」と言われましたが、竹原とはまったく関係はありません、たぶん。これ着て球場を歩いている2歳児を見かけたら声をかけてください(親のほうに)。しかし自分用のが欲しい…


参加しています。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« そういえば、登録名「雄星」... | トップ | 赤田と阿部真宏がトレードかぁ… »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (米作)
2010-02-18 17:41:27
竹原に期待してます。
米作さんへ (forty-niner)
2010-02-19 01:01:50
わたしも期待しています。期待というよりも、強く願う、という感じですが。
荻川! (そらき)
2010-02-19 21:08:22
ほんとに獅子奮迅の活躍!すごいですなー。雄介が先発してたってのもちらっとは聞いたことあったけど、7回途中まで投げたのか!
おぎっちはこの写真見る限りほとんどフォーム変わってないですね。キャンプでも全然いじられてないっぽい。それだけ安定してるってことなのかな。今季はとても楽しみです。
小松・米藤・川崎は同じく萌えますぬ(*´Д`*)雄介の太股の太さにも!ここだけは変わってないんだけどその上に付いたものがorz

笑顔の写真いいですぬ。都市対抗予選て2次は大阪ドームなのかな?それなら見に行けますねー。行ってみたい!
そらきちゃんへ (forty-niner)
2010-02-20 00:52:04
雄介、1回戦は小松・藤岡のリレーだったので出番無かったみたいですが(ちなみにこの1回戦の相手・三菱重工神戸の先発は、あのノーノーの木林)、2回戦以降の活躍ぶりはすごいですね、鉄腕!先発転向もあr(ry
おぎもなんだか改めて感心してしまったというか…みんな凄い選手なんだなぁ、プロにかかるんだから当たり前なんだけど…

都市対抗2次予選、関西でやるのはドームもあるけど少しだけで、西京極がメイン、あとは舞洲や明石あたりらしいです。「大阪ガス今津グラウンド」とかじゃなくて良かったw西京極なら行けるかなー(舞洲だと遠いなあ)
Unknown (なお★)
2010-02-20 03:16:23
> 奇跡の「TAKE25」ロゴ
すごすぎますっ!

ミラコー!!


タケの貴重な記事アップ、ありがとうございます♪
なお★さんへ (forty-niner)
2010-02-20 17:06:49
すごいですよね!>TAKE25ロゴ
衝動買いを超えた、瞬買い(?)でしたもん。まぁ安かったからというのもありますがw

グランドスラムの記事読んでいただいてありがとうございます(・∀・)社会人時代も格好いいですよね。

野球-マリーンズ」カテゴリの最新記事