もっと幸せな星を目指して

環境問題発で約10年色々と悩んだ末にたどり着いた、幸せな社会の在り方を提案していきます。

最近のトヨタ自動車のニュースより

2006-07-24 22:42:52 | ・モビリティ
欠陥放置問題で悪いニュースがあったトヨタ自動車関連の最近のニュースです。

21世紀の地球環境保全のためトヨタ自動車、メニコンが畜産向け たい肥化促進システムを共同開発
 たい肥完成までの期間を約45日間と大幅に短縮し、畜産農家の負荷を軽減できる

トヨタ、日野、燃料電池ハイブリッドバスの営業運行エリアを中部国際空港及び周辺地域に拡大

●7/23の日本経済新聞より抜粋
新日石とトヨタ、植物由来の燃料、2009年度試験生産。

共同開発中の植物由来のディーゼル車向け燃料を二〇〇九年度からマレーシアで試験生産する方針を明らかにした。両社は試験生産を通じ量産技術の確立を急ぐ。
 両社はすでにエンジン性能を損なわず、軽油並みの性能確保にめどをつけている。

●マガジンX(06/8)にて
次期プリウスに太陽電池によるソーラー発電を搭載した車両の設定を検討

ハイブリッド・ソーラーカー・燃料電池・バイオディーゼル、それにたい肥??と、全方位に積極的な様です。


★本日も読んで頂きまして有難う御座います。気軽にコメントお願いします。
 又、読んで頂けたらこちらをクリックお願いします→



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 地球温暖化に関するアンケー... | トップ | バイオマス・ニッポンを読む(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

・モビリティ」カテゴリの最新記事

トラックバック

#41 マレーシア(2) (バイオマス燃料情報局)
7月23日(日)日経7ページに載っていた記事のもっと詳しい内容が、7月25日(火)日刊工業新聞13ページに載っていました。 - - - - - - - - - [要旨] 1.政治的背景: 1.1 5月にアブドラ首相が来日した折にバイオディーゼルを両国間最優 ...