沖縄での一人暮らし

再び、沖縄での一人暮らし。歴史・自然・文化を伝えます。

フィッシュ ストーリー

2018-10-14 | 音楽


久しぶりに面白い映画でした。
「僕の孤独が魚だとしたら…」

意味不明な歌詞と、がなりたてるパンク…。
しかし、繰り返し聴いているうちに、その謎が解けて意味がどんどん深まってきて、好きな曲になって来る。
いくつもの出来事が、時代を超えて、積み重なって行く。最後に種明かしのように一気に完成する痛快感。

セリフも音楽も映像とのタイミングも計算され尽くしていて、何度も推敲されたシナリオを想像する。

テーマ曲は斎藤和義。原作は伊坂幸太郎。

伊坂幸太郎は、会社に勤めながら小説を書いていたが、出勤途中に斎藤和義の曲を聴き、小説のために退職を決意したそうです。

耳にした音楽が人生を変える。人を救い、地球までも救う。

だけど、曲が売れなければ、音楽が誰かに届くことがあるのか…。

登場人物も、いい仕事をしていました。

この映画は、売れたのだろうか。 面白かったので続いて二度も観ました。二度目の方が作者の考えに近づけるので、より楽しめました。

逆鱗のFish Story、実際に販売されたそうですが、いつか、人生を変えたり、地球を救うことになるのでしょうか。

コメント

I LOVE OKINAWA

2018-10-08 | 沖縄

ビーチをジョギングしていたら、砂に文字が書いてあった。

ILOVEOKINAWA

だけど、台風直後の海岸には、漂着ごみが結構あるのが気になった。

町に戻ると、おじさんが一人で、竹ぼうきで台風で散らかった落ち葉を掃いていた。

集めた落ち葉の山が、道沿いに、いくつもある。

声をかけると、おじさんは笑顔になって、いろいろ話してくれた。

2週連続の台風で、腰が少しきつい、という。

 

夕方、涼しくなってきたので、大きなごみ袋とごみばさみを買って、海岸に行った。

プラスチックのごみは、分解するまで200年かかるという。

プロ仕様のごみばさみは、小さな破片も上手につかめる優れもの。

200年も、放っておかないよ。

300メートルくらいの間、海岸を歩きながらごみを拾って、70リットルの袋が4つ。

漁の道具、ペットボトル、小さなビニル袋、砕けたプラ片。

小さなプラ片でも、黄、赤、青の原色が多く、光に反射するので、意外と見つけやすい。

夕陽が、にっこり、落ちていった。

コメント

今週も来ました 台風25号君

2018-10-04 | 沖縄

先週の24号君に続いて、今週には25号君がやって来ました。
誰か 呼んだ?
車が錆びないよう、1時間も並んで待って 洗車したばかりだけど。

風速25メートル以上で発令される暴風警報が出ると、沖縄の会社は退社命令が出ます。公共交通もストップします。

沖縄気象台の予報だと、明日の午前中まで警報出ているので、お休みだね。

自宅でもパソコンがあれば普通に仕事はできるし、停電にさえならなければ、

と書いたところで、ちょうど停電になった。

外は風が鳴く。窓に打ちつける雨の音。
海沿いのお家は怖いだろうね。

一晩中 ゴウゴウ風が強く吹いていた。
停電は四時には復旧した。
徹夜で、強風の中、働いている人達のおかげだ。

暴風警報が解除された模様なので、今日は仕事ができる。
コメント

台風通過後

2018-09-30 | 沖縄

朝になっても停電中なので、近くの公園までジョギング と思ったら、街路樹倒壊。
根が横に伸びていない。
根が歩道の下まで横に伸びていたら、倒れなかったのに。

工事中の名護市民球場。雨水なのか、高潮が入って来たのか?

ここは、高潮が入って来た跡が痛々しい。
遮るものがないと、公園に海水と砂が入ってくる。

海水の流れた跡が残っています。
左の防風林にぶつかっています。

回り込んでみると、右側の芝生が防風林の盛土で守られたのがよくわかります。

車道側の樹木は、沖縄の防風林の代表 フクギ。
枝折れ無し。チャンピオンです。
公園側の樹木は、オキナワキョウチクトウ。実がつく時期なので、枝折れ多数。無残。

木の実はパッションフルーツに似てるけど、毒があるらしい。なんで植えたの?

風の通り道では、オキナワキョウチクトウがダウンしています。
ジョギングが散歩になり、枝の片付け作業になっていました。
街の方も、家の回りの掃除や道路の枝折れの片付けをしています。

帰宅しても停電中で、窓や家回りを水洗いして、ほのかな明かりの中で、断水に怯えながらシャワー浴びております。
12時間後、停電が復旧しました。
懐中電灯持ってトイレ入るのはキャンプを思い出した。
携帯電話の中継局も停電の影響で通信状態悪くなりました。
コメント (2)

台風来た‼️

2018-09-29 | 沖縄

台風の暴風雨が、沖縄本島に吹き荒れています。
換気扇を叩く音 、窓を打つ雨の音、電線を鳴らす音、強風が近づいて来て、木々や建物を通り抜ける際は、オーケストラで楽器を一斉に鳴らすような複合音。
通り過ぎる時に聞こえる甲高い音は、ドップラー効果なのか、悲鳴なのか。

沖縄気象台の警報を見ると、25メートルの強風が夕方には45メートルにもなると。
暴風警報に従う沖縄は、今日は休みの日。
バスも観光施設も動かない。「外に出ない」が徹底しているね。

この沖縄独特のルールは戦後27年間続いた米軍統治時代に定着したと思います。上は台風の段階別の米軍指示を訳したサイトからの抜粋。
「屋外活動はすべて禁止」という段階。

今日の気温は最高28度で最低27度。
これは海水の表面温度とほぼ同じ。
エアコン使いたいけど、室外機が壊れるので、ガマンです。
さっきから、停電を繰り返しているのが心配。

東南の窓のサッシでは、外から雨がブクブク吹き込んでいる。
北側の洗面所で雑巾を洗っていたら、窓の外が何かの影で一瞬暗くなった。
嫌な予感がして、強烈な風を押しのけて玄関のドアを開けると。

パイプスペースのドアが勝手に開いてバタバタしていた。閉めようとしたけど、蝶番がズレていて、閉めることも出来ない。

お隣さんも同じ。既にドアが傾いていた。
これから45メートルに風速上がる予報だけど、まさかどこかにドアが飛んでいくことは無いよね。

朝6時から16時間経つけど、まだここに居る。
時速25キロでノンビリと動いている。
車なら後続車からクラクション来るね。

風速40メートルの暴風は夜中まで続き、そのあと朝まで暴風警報が発令されています。

今日は8回も停電しました。今も停電中。

台風で停電して、子供の頃を思い出した。
台風の目では、青空が見えて不思議な気持ちになった。
やがて風向きが逆になり、風でなびいて倒れていた草たちが、今度は逆向きに倒されていくのを見て、動けない植物は大変だと思った。
コメント (4)

海にかかる虹

2018-09-26 | 沖縄


朝 前方に大きな虹が見えた。
車を止めて、海を見ると、虹が海から海へと大きな半円を描いていた。


虹って、直ぐに消えてしまう。
こういう景色が見えるとは、いいことあるかな。

コメント (2)

中秋節

2018-09-26 | 沖縄

旧暦の中秋節。この時期は沖縄では満月のもとで伝統的な文化に根ざした行事が各地で行われる。

首里城では、中国から国王任命のためにはるばるやってきた冊封使を歓待する中秋の宴。
名護では、八重山地方で歌い継がれて来たトウバラーマ大会。

石垣島や西表島などの八重山地方の出身者たちが主催し、遠く離れた故郷を想い、本島北部でこのような行事が受け継がれていく。

参加者は、自分で歌詞を作り、それぞれの情感を乗せて、三線や笛、男女掛け合いの歌で競い合う。
雲で見え隠れするほぼ満月の月が美しい。

沖縄の月見団子と言えばフチャギ。

お餅の周りに小豆がまぶしてある。
スーパーでもフチャギが各種売り出されていた。
コメント

安室奈美恵さん 沖縄の新聞がラッピング

2018-09-24 | 沖縄

9月16日と17日の二日間にわたり、琉球新報と沖縄タイムスの2社がラッピングを行った。

通常の新聞紙を、新聞紙大の安室奈美恵さんの特集記事で包み込む。

通常よりも20万部近く増刷したものの、売り切れた模様。

ファンにとっては、記念になる。

沖縄での引退コンサートには、内地はもちろん、台湾や香港からも多くのファンが来たという。

大きな花火も引退を飾ったようだ。

9月17日の沖縄タイムスの一面記事は、安室さん引退の記事だった。

こちらは琉球新報。表紙も。

感謝の言葉が続く。県民栄誉賞も受賞。


駆け抜けた25年。いい写真だね。


台湾のホテルにあったポスター。

Be Okinawa

 沖縄へ行って、沖縄の自然、ゆったりと過ぎる時間、人の暮らしにふれて、自分を取り戻そう。

コメント

台湾で思わずカメラを構えたモノ

2018-09-23 | 台湾

台北駅ターミナル前にそびえ立つビルの壁面に、卓球姿の愛ちゃん。日本なら東京駅前だね。

信号が変わると、バイクの轟音が鳴り響き、二人乗り車も爆走する。

車の停止線より前に、バイク用の停止線が設けられているので、赤信号の度に十数台のバイクが整列する。

青信号になると、車に追いつかれないように、一斉に走り出す…。

日本でも昔この仕組みがあったような気がしてきた。

並んでいる赤と緑のポスト。地元の人に聞くと、赤ポストは速達用。

郵便事業は苦戦しているみたい。投入口の一つを速達にすればよいのにね。

鉄道の切符です。

自動券売機で購入すると、お釣りの硬貨と一緒に、プラスチックのチップが出てきます。

初めて買ったとき、私も何気なく、財布の中に硬貨と一緒にチップを入れていました。

目の前で「切符買ったのに、切符が出てこない!」と駅員室に駆け込んだ日本人女性がいました。

台湾の硬貨に慣れていないし、まさか硬貨と同じ形のチップが切符だとは思いつかないです。

「切符は、きっとあなたの財布の中にあります」と言われないように注意しましょう。

改札を入るときは、チップをかざして(中にICチップが入っているのでしょう)、出るときは投入します。

さすがIT台湾。切符のリサイクルですね。

選挙の巨大ポスター。車の中からも、よく見えます。

こういうところに、台湾の合理性を感じます。台風接近時には、急いで撤去するのでしょうけど。

「老爺素食」  キョーレツな看板です。 

「年寄りは粗食」という意味ではなく、素食は中国語で「菜食」の意味だとわかり、少し安心。

「年寄りは菜食」  野菜を食べて健康長寿という意味かな。

お相撲さんと、細川たかしさん。台湾で人気があるのかな。

コメント

台湾の飲み物とスイーツ

2018-09-22 | 台湾

Taiwanese Traditional Drinks 台湾の伝統的な飲み物 冬瓜茶(とうがんちゃ)です。

冬瓜をサトウキビから作った黒糖と数時間かけて煮詰めたものが原料です。

茶の木以外の植物を使う「茶外茶」で、麦茶とか、昆布茶とかの仲間ですね。

梅やレモン、タピオカなど組み合わせて、飲みやすくおいしくしています。160円前後です。

こちらはTea Ale。 立冬というビールで、7.2%アルコールが入っております。

こちらは台南市にある阿川の冬瓜茶。台湾の人には人気で行列ができています。

この冬瓜茶メニューの多さがスゴイです。

レモン入りが飲みやすいよね。

どの店もカップシーラーがあって、こぼれないようにカップにシールしてくれます。

家庭で作って飲めるように、原料も販売しています。

台南市にある安平豆花のスイーツです。

タピオカが入った杏仁豆腐です。豆腐味だけど、おいしいです。

信裕軒 開業105年の老舗です。香料や防腐剤、色素などの添加物を一切加えず、昔ながらの手法。

もち米の実と芋を使い、外はサクサク、中は食べ応えがある。軽いのでお土産によろし。

パイナップルケーキです。お土産にはよく出ているとのこと。冬瓜入り。1個が大きいので、分けて食べる感じです。 紫色がタロイモケーキです。見た目が面白い。表面がパサパサで、中はお餅が入っていて美味しいです。 月餅です。旧暦の中秋節には台湾の人達は互いに贈り合うとのことです。 パンフレットだと中身がわかりやすいです。 台北の三越百貨店の地下にお菓子店が集まっており、見比べできて便利です。
コメント (4)

台湾の市場

2018-09-21 | 台湾

台北の永楽市場に行って来ました。
大きなビルが市場になっており、二階より上が布専門で有名ですが、今回は1階を探検。

入口に出来ていた行列を突き止めると、高く積み上げられた赤い箱と立ち昇る湯気。
台湾の人に人気のものは、これでした。

台湾油飯(もち米のおこわ)、鳥のモモ肉、味付けゆで卵、タロイモ餅の詰合せ。

こちらのおじさんは、牛のアキレス腱 、ナマコ、サメのヒレなどを売っています。どれも食べたことないけど。

こちらのおばさまはスゴイ技。道具を使わずに鉄板の上でクレープを次々と作ります。
熱いハズなのに、手際よく素手で焼いていきます。

こちらのおじさまは、疲れちゃったのか、悩み事が重すぎるのか、うつ伏せです。

こちらは野菜屋さん。日本語でキャベツの表示。台湾では高麗菜とあります。苦瓜はニガウリ、bitter gourd. ゴーヤですが、どう見てもブロッコリー

こちらの野菜屋さんには、日本語でキコーノ。小葉瓜は中国語でキューリ。

市場の野菜に一部日本語表記がある意味は、日本人観光客向けではないように思う。
戦前は台湾で日本語教育が行われており、高齢の方は日本語を話せるし、読み書き出来る。市場に来る高齢の方に向けた表記なのだろう。
キコーノを見て、そう思った。
コメント

台北の問屋街

2018-09-17 | 台湾


台北の問屋街といえば、昔ながらの街並みが残る迪化街(ティーホアチエ)。
場所とかはタイペイナビが詳しいです。
歩道がアーケードなので、お客さんは日除け雨避けで涼しく、商品も傷まない。日本では無理だね。
カラスミです。1切れ300元1100円。お買い得ですねー。

ナマコです。北海道産が人気で1斤(600g)でなんと35000元12万円と高額です。近海の6倍の値段が付いてます。
沖縄にはたくさんいるけど、北海道にナマコいるのかな?

キクラゲです。台湾産で1斤600グラムで900元3200円。安いよね。

行く手に犬が2匹。どっちがホンモノでしょうか。

おお、道しるべを見つけました。
東京が右2000キロで、上海が左3000キロ、前方116キロが台北、後方13000キロがリオ。

ということは、100キロ東南に位置する花蓮辺りにあった道しるべを台北に持ってきたんだね。

こちらは竹製品の店。店の奥で作っている。こういう店は品物がいいので、買いだね。

竹トングと竹ヘラお土産です。竹へらは餃子用にどうかな。

さっきの犬です。当たりましたか?

沖縄は湿気が多いから、乾燥品の問屋街はあまり見かけないです。
見て歩くだけで楽しいですよ。

コメント

台湾の朝食

2018-09-17 | 台湾


台北のホテルの朝食です。前回は早朝から街に繰り出したけど、ホテルでの食事は初めて。

ブッフェスタイルなので、美味しそうなものを選びました。
牛肉麺 。麺は柔らかいです。コシがない、伸びた感じ。
料理人に指差して頼んだら「ソバ!」と返されました。ソバではないけど…。
肉まんとお芋のフライ、春巻風の中身不明、昆布巻、炒め菜、焼うどん。芋粥。

おかわりは、サラダと果物とカフェラテ。
サラダにハスの葉が珍しい。レンゲの由来は蓮華ハスの花だけど、葉も同じ形だね。

フルーツは、スイカとメロンとパッションフルーツとスタートフルーツ。形と彩りがいいね。

2日目は、これ。
サラダ。ハスの葉。

今日は麺ではなく、ビーフン。

こっちの方が好き。食べやすい。

今日は軽めの朝食。


フルーツ。やっぱメロン、パッションフルーツ、スターフルーツの3つは食べないと。

コメント

台湾のスーパー

2018-09-16 | 台湾
台北タイペイの大型スーパーに行きました。
カルーフル重慶店。
フランス系のスーパーです。
場所や店内の様子はタイペイナビが詳しいです。

入口にあったオレンジジュースの自動販売機。

オレンジを3、4個絞ってたっぷりのフレッシュジュースを作ってくれる。

1元は3.6円なので39元は約140円。これは美味しい。

動くスロープで上がっていきます。これなら買物カートも大丈夫。

売り場が広いね。

メガドンキに似たような品数の多さ。


入ってすぐに、おまんじゅうコーナー。
中秋節が近いので、贈答品だね。

果物は米国産が多いけど、ちょっと高価。

日本産の野菜といえば、ヤマイモだね。

こちらは台湾産の果物だけど、少し値段が高いのは高級品なのかな。

この辺からお菓子コーナー。

これは人気商品の置き方ですね。さっそくお土産に購入。

タマゴも少し高いですね。10個入りで79元290円。

茅台(まおたい)酒54度  379元 1400円。

日本だと4600円くらいなので3倍。これはお土産だね。

レジの店員さんは観光客とすぐに見破って、日本語ボードで聞いてきた。

「台湾内で消費しますか、それとも国外で消費するお土産ですか?」と書いてある。

「お土産です」の文字を指さすと、レシートに加え、なにやら明細書を発行してくれた。

レジを出たところの右側に、税金払い戻し用のカウンターがあった。 パスポートを見せて「外国人旅客購買特定商品少額還付明細申請表」に記入すると、

消費税相当の5%が還付された。手数料16%引かれたけど、お得感あった。簡単なのでお試しあれ。


店を出ると、大きな虹がかかっていた。

コメント (2)

台湾新幹線

2018-09-12 | 台湾


台湾の新幹線です。
台北と台南間の約300kmを乗りました。
車体は日本のJR東海。座席も列車音は新幹線と同じです。

運行系統はフランスのTGV。
外交に気を使ってます。

ホームは、列車が近づくと黄色く点滅して知らせる。IT台湾ですね。
11年前に開業したのですが、google mapsでは新幹線は載っていない。道無き道をぐんぐん進みます。

iPhoneのmapには、載っています。
最高速度300キロ、結構早いことがわかります。

外の風景は日本と似ています。

営業成績を地元の人に聞くと、運賃収入だけではなく、沿線開発をセットで行うことでなんとか黒字を目指しているとのことだった。
平日でしたが、乗車率は高くて好調のようでした。
台北ホームのスタッフたちは女性でした。

台湾旅行では、乗ってみたいですね。

コメント (4)