Bella Giornata

あまり美しくない日々の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青信号の意味(大阪における)

2005-01-07 18:31:47 | Legislation
「事故防げた」再捜査で青信号側を起訴…信号無視死亡(YOMIURI ON-LINE)

どうなんですかね。片山隼くんの話が関連する話題として持ち出されてますが、それとこれとはだいぶちがうような…高度な注意義務をドライバーに求めるもの、と言いますが、この事件の相手は道端から飛び出してきた子供じゃなくて、高度な注意義務を求められているドライバーだと言うことをもっと重く見るべきだと思います。

運転していた男性の起訴された理由として
・見通しがいいこと
・30kmオーバー
が挙げられていますが、少なくとも見通しの良い悪いはこの際関係がないような。だって青なんですよ?大体、交差点の100M手前から車を確認できたとしても、停止線が交差点の100M手前にない限りその車が信号を無視して進入してくるかどうかは100M手前で分かるわけがないわけで。

となると、30kmオーバーと赤信号無視のどっちが事故の原因か、ってことになるわけですよね?そんなの考えるまでもないでしょう。免停になるのは仕方ないとはしても、業過致死ですか。まだ起訴されただけで有罪になったわけではないですが、調子に乗った遺族に民事訴訟とかまで起こされたら…大阪だけにないとは言えないような。

みなさん、大阪で運転をするときには気をつけましょう。自爆テロを受けた上、過失割合ゼロでも刑法犯にされかねませんから。多分、東京ではこんなことない…と信じたいものです。

刑法211条1項本文
業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁固または50万円以下の罰金に処する。
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラゴンボール | トップ | さよならの花びら »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Legislation」カテゴリの最新記事