フォレスタの散歩道(パート4へ) 東日本大震災の20日前、2011年2月にスタートしたこのブログも1000回を超えた

概ね2~3日毎の更新、1回に3題の記事をめどとして来たが、以後間隔や記事の数などに捉われずに更新することとしたい。

トンガの海底火山の噴火で日本に津波/気を張り詰める大学入試共通テスト、そこに事件が・・・

2022-01-17 10:25:27 | 日記

    昨夜(16日)テレビのニュース番組を視ていたら、15日(日本時間午後1時過ぎ)に発生したトンガ諸島の海底火山噴火による津波等の模様が報じられていた。日本でも強弱の差はあるが広範囲の海岸で津波が見られたらしい。日本から8千kmという遥か離れた南半球の海洋で起きた噴火である。噴火後、日本の海岸で潮位が少し上がることが予報されたものの津波警報が出されたのは深夜になってからだった。初期の段階では津波の予測は出来なかったという。専門家の解説では「海底噴火で①空気の振動②海面(潮位)の変化という2つの要素が相俟って日本の海岸に影響が出る」とのことであった。
    今回の例よりさらに離れた地球の裏側であるチリの大地震により巨大津波が日本に押し寄せて、太平洋側海岸一帯に大被害をもたらしたことは遠い過去のことではない。
   またごく最近では、地震や津波の被害はなかったが、小笠原諸島近海の海底火山噴火で膨大な量の軽石が港や海岸に打ち寄せて、色々な被害が出ている。
    かくして地中・地下の異変は人類が住む地球上に予測出来ない被害をもたらして来たし、今後も絶えることはないだろうが、日本を取り巻く地殻の変動による地震については被害等のシミュレーションが研究されているものの、遠方からの余波についてはお手上げなのだろうか。


    16・17日の2日間で行われた大学入試共通テスト。一年で寒さが最も厳しいこの時期に行われるため、毎年何らかの障害となる事象が起こる。降雪による交通機関の混乱やインフルエンザの流行などがお馴染みのニュースだが、昨年・今年は新型コロナ感染症に対する厳重な対策である。いつの世でも受験生やその家族の神経は休まらないことだろうが、私の周りでも3年前と昨年受験生の孫がいて、初詣に合格祈願をしたり、試験直前の健康や空模様などを気にしたものだ。
   今年はそこに予想もしない事件が起きた。共通テストの会場となる東京大学付近で受験生ら3人が刺されて重軽傷を負ったというもので、加害者は東大志望だったという高校二年の少年。犯行目的で名古屋の自宅から包丁やナイフなどの凶器や放火のための着火剤などを携えて、深夜バスで上京し犯行に及んだと報じられている。それでなくても神経を張り詰めている全国の試験会場ではこうした事件の防止にも神経を尖らせなければならなくなった。単なる殺人未遂だけでは済まない事件である。
   

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岩波ホールの閉館/出会いの合言葉は『オミクロン』・変異の終りはない?!

2022-01-15 13:34:43 | 日記

   名画上映の岩波ホールがこの7月に閉館するという発表があり、映画ファンのみならず幅広い層から惜しまれている。客席220ほどのミニホールで半世紀以上に亘って世界の名画を送り続けて来たわけだが、それもコロナの影響に打ち勝てなかったという。ネットで記事検索するとどれほど多くの人達が懐かしみ、残念がり、名残を惜しんでいるか伝わって来る。
   私も足繁く通ったわけではないが、個別の映画上映施設としては一番多い。今は過去の名画や人気映画があちこちのテレビ局で放映され、私もそれを楽しんでいるが「岩波ホールがまだそこにある」ということは映画ファンにとって故郷(ふるさと)を持っているような感覚がある。
   一番よく利用したのは今から10年ほど前の数年間。神田神保町にある岩波ホールとは目と鼻の先の学士会館で、あるビジネス団体の定例会に出席していた頃だ。前月と変わっていれば映画のタイトルに拘わらず映画を観て帰った。
    その後は神保町付近に出かけることもなく、わざわざ時間や電車賃をかけて映画を観に行くことも余りない。最後は昨年の4月の「ブータンの山の教室」で、コロナ禍もありそれ以降は出かけていない。この映画もやはり深い余韻を残す作品であったが、閉館までにもう一度くらい行くことがあるだろうか。


   もう新型コロナウィルスの感染拡大は止まらない。昨日と今日、今日と明日では感染者数が著しく変り、このブログでも「今日は△△件」などと書いたり出来ない。読者に読まれた日により数字がひどく変わってしまうからだ。
   このところずっと外で人と会った時は、「コロナ感染」が挨拶として交されるが、昨今ではそれが『オミクロン株』が口からほとばしるようになった。姿形が見えず、色も音もなく、しかし猛烈な勢いで人類世界に拡散しているが、変異というのはこれで終りということは無いように思う。これから先、マスクとワクチン接種だけで身を守れるのだろうか。


   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日々倍増のコロナ感染で新年会見合わせ/またまた「紅白」で

2022-01-13 11:51:32 | 日記

   日々倍増の勢いで拡大している日本のコロナ感染者数。この勢いでは昨年8月を中心とした第5波ピークに追いつき追い越すのは時間の問題ではないかと危惧される。そんな中、先週5日の新年会は駆け込みで開けたが、本来なら昨年内に開くべき2つの忘年会が、慎重を期して年明けの10日と13日に延ばして新年会としたことが裏目に出て開催見送りとなってしまった。こんなに早く感染再拡大に至るとは予想もできないオミクロン株の感染力の強さである。

 
  昨年末からNHKの紅白歌合戦について2回ブログに取り上げた。「歌の祭典なのかダンスのショーなのか分からず、つまらなくなった。元に戻すか、もうやめる時では?」という主旨のものだ。
   そしたら、昨日(12日)の朝日新聞に正否反対の声が載っていた。紅白支持者は「出演者の歌唱力は人の心に元気と感動を呼び起こしてくれた。音楽の力は偉大だと感じる」とあり、一方私と同感の主は「全く面白くなかった。グループが多く、歌を聴かせることよりダンス・パフォーマンスを見せる方が主で『歌合戦』ではない」と。後者はぴったり私の主張と一緒で、もう見切りをつけていた昨年は2~3組を視ただけで「ああ、やっぱり」と、すぐ他局の懐メロ主体の番組に切り替えた。上記の”支持者”も歌唱力の魅力を称賛しており、ダンスに魅入られたとは書いていない。たった2人だけの賛否両論掲載だったが、不振だった視聴率からもNHKは見直しをすべき・・・と芸能関係には超疎い私はこだわっているのである。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「燎原の火」となって来たコロナ感染拡大の勢い/今年の初詣

2022-01-09 17:55:06 | 日記

『燎原の火となるのかオミクロン株』と題する投稿をしたのは12月16日のことである。新しい変異株による感染の急拡大に対する恐れを案じてのことだった。投稿した時点で世界の71ケ国 で感染者確認が拡散されてはいたが、日本での感染者は海外からの入国者だけであり、「水際作戦」が功を奏しているかとの期待もあった。
だがその後間もなく海外からの入国者ではない、いわゆる「市中感染者」が続々と現れ、従来のデルタ株等と併せて現在東京では一気に1日1000人を超えたし、大都市地域は軒並みに増大し、また米軍基地のある都市で突出した感染者が出ている。今や爆発的な、まさに「燎原の火」となって感染が拡大しているのである。人口18万人の我が街三鷹市では、年末までゼロの日が多かった新規感染者が、わずか1週間後の1月7日には二桁(14人)となった。
世界的にも、日本国内でも、我が住む街においても感染爆発の恐れが今ひた寄せている。


松の内は明けたが今日(9日)になって家内と深大寺へ初詣に出かけた。正月三が日は参拝の善男善女で溢れ、山門をくぐるまで100mほどの列に並ばなくてならないが、今日になるともう自由参拝が出来る。(写真左) 家内は例年ここでのおみくじで一年の運勢を占うのが習いになっている。今年はどんな運勢か聞いてはいない。参拝を終えて戻った参道では軒を連ねる土産店で買い物をしたり、好みの蕎麦屋を探したりしながらたくさんの人が行き交っていた。(写真右)

 
深大寺本堂でのお参り       参道の賑わい

我が住む町の氏神様である八幡宮には三が日内に一人でお参りをした。
写真下左は参拝入り口の鳥居、右は奥の院の正殿に向かう参拝者






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京で久しぶりの雪景色/改めて紅白歌合戦に思う

2022-01-07 10:02:06 | 日記

   東京は昨日(6日)は4年ぶりとかの雪が降った。前日からの天気予報通り昼頃から降り始め夜まで降り続き、我が家の周辺(三鷹市)は久しぶりの雪景色になった。
   日中はいつもリビングのカーテンは開けたままでいるが、昼頃から細かい雪がチラつき始め、やがて雪量が増して来て窓から見えるヒマラヤスギに雪が積もり出した。テレビ放映の映画「黒部の太陽」を見入っていた後の夕方に外に出てみると、マンションの前庭はかなりの積t雪、北側の駐車場に停めてある車はすっぽり雪を被っていた。住宅街の細い道に出ると車のタイヤ跡がくっきり、ノロノロ運転の夕刊配達のバイクとすれ違う。その先の病院では職員がエントランス・スペースの除雪作業に追われていた。   
   一夜明けて朝になると、どのテレビの報道番組も交通事故等の雪害を中心としたニュースでもちきりになった。

   それにしても東京駅地下街での新年会が5日のこと。コロナ感染再拡大の前にできて「いい時にやったね」と喜んだものだが、更にこの雪とは一日違いで、重ねてラッキーであった!!
   

   6日の新聞に載った『週間テレビ視聴率ランキング』で、12月27日から1月2日の視聴率1位は例年通り「紅白歌合戦」が不動であったが、視聴率としては2部構成になった1989年以降最低であったという。
    年明け3日のこのブログ投稿で、大晦日の定番番組「紅白歌合戦」を視始めたが歌手だかダンサーだか分からないのがゾロゾロ出て来てもう視る気がせずに他局の歌謡番組にチャンネルを切り替えたと書いた。そして、紅白は歌謡中心の番組に戻すか、もうやめ時かと思うと続けた。
   まだまだ他の番組の追随を許さぬ視聴率であるが、もう凋落傾向にあることは明らかである。我が家でもそうであったように、大晦日の恒例行事になっていてマンネリでテレビをつけているに過ぎない家庭がかなりあるのではないかと思う。視聴率の結果を知って、いよいよ3日投稿の考えを強くした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする