活字日記

毎日読んだ活字系(雑誌、本、新聞、冊子)を可能な限りレポートします。

【5月16日】

2017-05-16 | 文庫

作家の山旅を読了。現在生きていて山物を生業としている作家、あるいは山屋であるひとは除かれたアンソロジーです。明治末期から昭和10年代位までに山を登った人たちが多く掲載されています。最後に出てきたのは辻邦正、北杜夫で両者は旧制松本高校での先輩後輩で付き合いが長かった人です。松本高校を出た人は多くいて、この本でも結構出てきます。自分も山は登るのでかつて松本高校に憧れたことがありましたね。

「作家の山旅」山と渓谷社編 山と渓谷社

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【5月15日】 | トップ | 【5月17日】 »

コメントを投稿

文庫」カテゴリの最新記事