活字日記

毎日読んだ活字系(雑誌、本、新聞、冊子)を可能な限りレポートします。

【10月17日】

2016-10-17 | 文庫

色々とすさんだ社会面の記事を見て、昔はよかったというため息を年寄りは言いがちですが、実は昔も今もすさんだ事件は同じくらいあったのです。ネット記事が氾濫しているので、ちょっとしたこともあっという間に拡散しますが、かつて地方で起きたことは地方の中でのニュースで終わっていたことも多いものです。時代をずーーっと遡ると、人権なんて発想がない時代、子供は親がいかにしようとも親がいつも正しいという時代の方が長かったのです。捨てようが売ろうがはたまた殺すことも自由、そういう時代が近代以前では普通でした。本当はひどかった昔の日本、は古典からそういう事象を洗い出して、実は昔に暮らす方がいかに生きにくかったかを示しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【10月16日】 | トップ | 【10月18日】 »

コメントを投稿

文庫」カテゴリの最新記事