陳 満咲杜の「為替の真実」

陳満咲杜のFXブログです。ブログ引っ越ししました。新ブログはhttp://chinfx.blog136.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気になる記事

2007年12月19日 12時49分59秒 | 相場心理の真実
昨日の新聞には、気になる記事が載っていた。

記事のタイトルは「家計保有外国証券 初の10兆円突破」、個人投資家の資金は日本株から離れ、新興国株を中心に資産が積み上がったという内容だ。10兆円の金額には投資信託が含まないことに鑑み、海外株に流出した金額がいかに大きいかを容易く想像できる。

新興国株の代表は中国、香港、ベトナムあたりであろう。何しろこの2年間、驚異な高騰率を誇る市場であるだけに、個人投資家を惹きつけたのも当然の成り行きである。

が、私見では、前記市場のいずれもバブル化しており、日本株こそ過去最大の割安度を測れるまで調整して来た。言い換えれば、この記事も「逆張り」サインとして、来年日本株上昇、中国、香港、ベトナム株下落を暗示していると言えよう。

実際、中国、香港株はすでに調整して来た。面白いのは、上海株総合指数が1000割れから3000大台に乗せた際、専門家らは「バブルでは」との指摘が多かったに対し、6000台になった時点、このような指摘が逆に殆ど聞こえなかった。日本でも、最近の投資専門雑誌において、中国株専門家らの大半も「押し目買い」と推薦している。最大の根拠はやはり中国がまだ「バブルではない」からだ。

一方、日本のバブル崩壊も含め、人類の歴史において繰り返し証明した事実とは、大半の市場参加者が「バブル」と気付いていないこそ「バブル」を発生させ、逆に大衆が絶望している最中に強気相場が生まれたのである。よって、「お隣さん」と違うことをやりたければ、今新興国株売り、日本株買いというストラテジーに転換すべきか。

私自身、資産の90%を日本株にシフトしている。10月9日の鶏先か、卵先かにも書いたように、大阪証券取引所における中国A株ETF投信の上場を逆サインと見、中国株を売り切った。一方、今日の「日経」の「ノンバング 時価総額、ピーク比6割減」との記事を見て、買い増しを考えている最中だ。

ちなみに、ノンバング株に関する悲観的な記事が今年中随分新聞の紙面を賑わせていたので、私にごっそり下値を拾うチャンスをくれた。最近、消費者金融各社から年間報告と配当が郵送され、家内は封筒を見てかなり心配しているようだが・・・・・・。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

Comments (13)   この記事についてブログを書く
« ドルインデックス再考(日足) | TOP | ドル高の限界、英ポンドはパ... »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぢょん)
2007-12-19 13:49:19
日本株の割安感については,この1ヶ月の経済ニュース番組や新聞(米紙も含めて)などで良く見たり聞いたりします。その割には買いが進む気配すらなかなか感じられません。

日経平均は8月に大きく下げた後の戻りもが弱く,11月の下げでは8月の安値を下抜きました。
10月に今年の最高値を更新し,11月の下げでも8月の安値を下回らなかったNYダウとはえらい違いです。
日経平均が弱気で推移している原因はどこにあるのでしょうか?
Unknown (たかだ)
2007-12-19 14:32:43
こんにちは。
陳さんの記事を見て、中国株は良いタイミングで処分できました。ありがとうございました。

ニホン株ですが、米国のローカル市場とも言われていますので、今後米国経済が失速するに伴いNYダウの下げ、ニホン株も連れ安になる可能性が高いと思うのですがいかがでしょうか?

ニホン株が上がり始めれば、更に円高になるんでしょうね・・・(こっちの方が楽しみです♪)
個人投資家の悲劇 (DD)
2007-12-19 15:52:52
今、株式市場の状況を見てこれから、新規に株に投資しよう!と言う意気込む人は少ないでしょう。「新興市場の株で3億円を稼いだ!」などの題名の本も見かけなくなりました。結局投資家の心理が冷えこめば、新規参入者が減り、先細りは続きとなり、上昇は見込めないのではないでしょうか。私は株式に関しては、悲観論者で一切手を打しておりません。低迷はまだまだ続くと思います。
 今年の春先、某短資会社のセミナーに参加したとき
「今年は個人投資家の悲劇がありうる」と講師の方が言っていました。その時は、何の事かその意味が理解できませんでした。
悲劇はまだ入り口に過ぎないと言う人もいます。
株安も円高もまだ底ではないのかも。
ポン円 (初心者KT)
2007-12-19 16:22:49
今日のトレンド拝見しました。
ポン円の円安バブルは220円あたりで終焉ということでしょうか?
11月13日のブログを考量して、今後の見通しをお聞きしたいです。
Unknown (ryoji ↑)
2007-12-19 20:02:19
220円から219円を割り込めば、H&Sが完成され190円位が目標ではないでしょうか?陳さんお願いします。私の目標ですが・・・・。
ベトナム株 (あんず)
2007-12-19 20:40:20
陳さん、こんばんわです。

ベトナム株もヤバイのですね・・逃げ遅れないように注意しますっ


日本株は、下がっているので少し戻したら売ってしまおうと思っていたのですが、セミナーで陳さんが、日本株に90%投資されているということで、それを聞いてから、日本株が可愛く思えます。

陳さんはインド株式についてはどう、お考えでしょうか・・・株アナリストでないのに困らせる質問でしたらすいません。

USD/CADのストップ (けろけろ)
2007-12-19 20:45:12
シグナルの件での書き込みになりますので、承認せずに削除していただいてかまいません。
昨日から掲載されてるUSD/CADのシグナルについてですが、ストップの値が理解しがたい値になっていますのでご確認いただけないでしょうか?
直近高値の1.0250かターゲットまでの半値の1.0125のタイプミスではないかと思うのですが・・・。
今後とも有用な情報提供、よろしくお願いします。
今晩は (陳)
2007-12-19 21:57:55
皆さん、今晩は。
 
日本株については、「買う理由を見当たらない」との声がつい最近の「円を買う理由を見当たらない」に近い発想にあると思います。また、円と同じく、円高を信じなかったのは殆ど日本人で、日本の将来を悲観視しすぎるのも日本人自身であります。このような状況の行き過ぎた時こそチャンスだと思われます。

では、なぜ日本株が浮上しないかという質問のカギはやはり「外人」にあるでしょう。「外人」達は資金力だけではなく、日本株式市場における影響力を十分認識し、また「武器」として使おうとしています。三角合併解禁後、安ければやすいほど彼らには都合がいいでしょう。言いかえれば、彼らは目下秘かに安値拾っているかもしれません。いずれにせよう、割安であれば、必ず修正されることになります。そして上昇に転じた時、市場心理も強気に転じるので、やがて「買われ過ぎ」の段階に発展していきます。もちろん、その時の主役はいつも「個人投資家」となります。この故、DDさんの言う「個人投資家の悲劇」が生まれます。日本ではなく、世界共通の現象であります。

ryojiさんのご指摘の通り、220割れを以ってH&Sが完成されるので、更なる下値へ打診する蓋然性が高まるとの意味合いです。ただ、フォーメーションの目標値は202近辺と思いますので、いきなり190円台とは見られません。

インド株?うん・・・・あんずさん、すみません。あまりインド株を見てないので、何とも言えません。

けろけろさん、大変申し訳ありません。ご指摘の通り、ストップは1.0125のはずです。1.1025はタイプミスです。明日修正します、失礼しました。

Unknown (ぢょん)
2007-12-20 00:03:01
陳さん
日本株が上昇しない原因についてのコメントありがとうございました。
私自身はFXオンリーで株の売買はしないのですが,今の為替相場(特にクロス円)は株価動向に一喜一憂の状況で,大変気になっておりました。
陳様、こんにちは。 (CLOUD9)
2007-12-20 04:55:41
いつもお世話になっております。
「株」に関する見解、言いたい事はほとんど陳様に言われてしまいました。(笑)
仰る通り。日本株に関しましては非常に海外の思惑の渦中そのものと言って良い程なかなか根深いものがあると思われます。
現象の本質を紐解いて参りますと、実に戦前、そして戦後からの話をしなければならなくなり、そこに隠された世界規模の思惑と黒幕、TABOO・・などなど。(笑)
少し前に原田武夫氏がYAHOO FINANCEで非常に興味深いコメントを綴っておられましたが、何故か途中で打ち切り。(笑)
この方は本も出版されております。結構面白かったですよ。
陳様が「為替の真実」をお書きになっている様に、この方も同種思考タイプの方と位置づけております。
あとは、「赤い楯」(廃刊)という書物もなかなか面白いですね。ロス・チャイルドを語っている本ですね。(TABOOだったかな。汗)
ううん・・陳様、他悩み中さん見解含め、株の事、為替の事、書きたい事が山盛りありすぎてどうしましょう?(笑)
もう、いっその事陳様にお会いして直接話しがしたい!!(笑)

Recent Entries | 相場心理の真実