ガンダムエリアウォーズ中毒注意報

愛され系GAWハナクソブログ

DX運用法

2018-05-21 12:20:20 | MS・パイロット




そんなこと言われてもなぁ・・・・













頭がどうにかなりそうだ!!













ってのは冗談です。ルーにああーって言わせたかっただけです。なんかエロくて。






DX+ガロードの特徴は

・発動すると1ターン無敵
・発動率が割と高め
・バリアが剥がれる毎に攻撃力20%UP

です。



まず対強敵・対レイドですが、

ある程度のレベルまでの強敵やレイドに対して、他の同レベルの機体よりも倒せる可能性が高くなります。

これは無敵効果の賜物なわけです。


単騎で運用するなら、単純に延命効果の高いスキルを搭載するのが良いでしょう。

すなわち、回避・直感・逆襲あたりです。

ただし、どんなに強化しても通用するのは強敵のレベルが300程度でしょう。


ので、ベリハまでやレイド出しに特化していいのであれば回避・直感・逆襲あたりでOKですが、そんな極端な運用を考えている方は少数でしょう。




では、部隊でこれに当たる場合はどう運用するか?

まず、挑発や囮を付けて盾として運用しつつ、バリア消費による火力アップを期待する方法が考えられます。


こいつの弱点は、ガロードの想いの力が発動する前提だという事です。

これのみではあまりに危険ですのでサポートが必要です。

即ち、守るための戦いで外部バリアを付与することですが、こいつも言うほど発動率高くないので、保険としてはちと心許ない。

他に保険があればいいのですが、今のところこれくらいなんですよねぇ・・・なので、現時点ではガロードに挑発囮はあまり有用ではないと考えます。

もう一枚、バリアサポートユニットが登場すれば割と安定するんじゃないかと思うので、あくまで現時点では、です。







では、そのどちらでもないのであれば、何がふさわしいか?

他のユニットとの組み合わせで変わってきますね。

対強敵・レイドのおいて、バリバリのアタッカーを求めるのであれば、狂気・決死で良いでしょう。

例えば、イージスMAとかを持っているのであれば、まず攻撃はされないでしょうからね。

ただし、バリアによる攻撃力アップが全くない事と、攻撃されない事を鑑みると、そもそもガロードを乗せる必要がないので、お手持ちのバフバフカミーユでも乗せればいいと思います。


よって、ガロードに狂気・決死は不要となります。






他のユニットがメインの盾となり、DXはサブ盾的な位置付けが一番機能的ではないかと個人的には考えます。

序盤にバリアがうまく重なり、ターンオーバーが確定していればそのままアタッカーとして頑張れば良いし、

その逆にターンの半ばでメイン盾が落とされてしまった場合は、DXがサブ盾として攻撃を受け止める感じが理想です。

そのためには部隊に守フリを組み込み、ある程度DXにバリアが重なっている必要があります。

ので、ガロードに挑発囮は不要。むしろ直感回避等で延命能力を高める方がいいかもしれませんが、その時点で矛としての役割はイマイチになってしまいますね。


サブ盾で良いのであれば、付けるスキルは部隊の状態で様々なバリエーションが考えられるでしょう。

個人的には駆逐と逆襲かな。

駆逐のノーリスクバフと逆襲の回避反撃によるポテンシャルにより、レイド出しを単騎でできるコスパの良さを期待しつつ、F91が落とされてもターンオーバーできるだけのサブ盾能力を期待します。

対人においても、バフバフのようにペラい装甲ではないので、普通にそれなりに強いと思います。

両極端でない分特化した能力は期待できませんが、汎用性はかなり高くなるでしょう。




これが個人的オススメスキルその1です。







では個人的オススメスキルその2は?


挑発・囮です。



おいおいさっきそいつダメ出ししてたやん?

そうです。35%バリアが発動しなければ真っ先に落とされますからね。

発動しても真っ先に落とされちゃうかもしれません。かなり確率の低い賭けなので、これと守フリだけの組み合わせでは否定しますが

「リーダースキル:最速行動」ってのと組み合わせると面白いと思っています。

最速で行動し、無敵化しちゃえばかなり有利ですよね。それにおいてはバリアが発動したかしないかはあまり関係ないです。


また、「リーダースキル:最速行動」は100%発動ではないらしいので、発動しなければ厳しいという面もありますが、発動した次のターンは発動しない=最速行動ではないかもしれないという側面もあります。

これすなわち、無敵時間の延長もありえるわけです。DXが遅ければ遅いほど無敵時間が延長されるので、ハマった時の効果はかなり大きいかと思います。


また、ハマーン様の摂政の威厳が運悪く発動されてしまった場合においても、後列に盾役がいる事で前列がカカシになっている時間耐えきる事ができる可能性が残されます。

格下相手であれば、無念の敗北を喫する確率を抑える事が期待できるのではないでしょうか?


というわけで、リーダー機が中距離機でなければならない前提がありますが、挑発・囮の組み合わせも結構面白いと思いますよ。





っていう机上の空論ですからね。

実際やってみたら全然うまくいかなかった!責任とれ!と言われてもご勘弁くださいませw
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 暇イベではありますが | トップ | 渾身の構え »
最近の画像もっと見る

MS・パイロット」カテゴリの最新記事