营养健康的源泉

健康是每個人都應該重視的。每天攝入的食物種類要多種多樣,因為每種食物的限制,食物種類越多,收集就越全面。

ペットを飼うためのステップ、玄関を入ってから仲良くなるまでの流れ

2022-10-14 15:06:39 | 日記

インターネットを見ていると、いろんなかわいいペットを飼っている人がいて、うらやましいやら、自分も「かわいい」ペットを飼って相手をしてあげたいと思うやら。 新参者の私たちが、ペットを飼うにはどうしたらいいのか?

「ペットを飼うということ

新しい技術やインターネットが発達し、ペットを飼う方法はたくさんあります。 犬や猫の場合(実際には、特別な方法を必要とするいくつかのペットがあります)、あなた自身の猫や犬を取得することは実際には非常に簡単です寵物保險、採用のより一般的な方法は:インターネット上で購入できるように、またはペットショップで購入する、親戚の家から赤ちゃんを採用する、多くのチャンネルで、プラットフォームが何らかの理由で、再びペットを保つことができない人々、この時点で新しいを望むだろう。 "野良猫 "がよくいることは周知の事実です。

我々は、すべてのペットの採用にもかかわらず、多くの飼い主が、しかし、トラブルの独自の小さな気まぐれや恐怖のために、責任感がないので、しばしば野良動物があることを知っている、それは本当に無力で、街をさまよい、失われたペットを所有することになります。 だから、我々はペットを採用する前に、いくつかの心理的な準備をする必要があります、すべての後に、ペットはまた、あなたがそれを選択しているので、それに対して責任を負う必要があり、生きている生命である 家を失ったペットが快適な「家」を持てるように、これらの機関に出向いて里親募集をしていただければと思います。

猫や犬に避妊・去勢手術は必要ですか? 一定のニーズはあると思います。まず、「毛皮の赤ちゃん」は発情期には非常に教えがたく、横柄になりやすいこと、そして、「毛皮の赤ちゃん」が愛の結晶を手に入れたとき、まだこの小さな命を受け止める必要があるので、後遺症は止めたほうがいいということです。 余韻に浸るのは止めた方がいい。

養子縁組の事前準備

かわいい子」を飼ったら、ペットのためだけでなく、自分のためにも、健康ほど大切なものはないので、獣医さんに来て「かわいい子」を診てもらうとよいでしょう。 どんなペットであっても、病気やウイルス感染が含まれていることがあるので、この「リスク」をクリアするために動物病院へ来ることが大切です。

検査が終わったら、いよいよ「カチューシャ」のワクチン接種です。 まず、「プレワクチン」とは何かについて説明します。 プレワクチンとは、実はウイルス感染を弱め、減少させたものなのです。 弱った菌がペットの体内に入ると、体が感染症に反応し、抵抗力がつくので、今後、再び感染症に遭遇しても、楽に対処できるようになるのだそうです。

子犬や猫にワクチンを接種することで、狂犬病などの病気から合理的に身を守ることができます。 ただし、猫と犬では予防接種の時期が異なるので注意が必要です 子犬:一般的に犬は生後30日~14週で接種し、15週以内が最適とされています。 猫:猫や子猫が生まれた3ヵ月後にワクチン接種を行う必要があり、その後、事前のワクチン接種の実際の効果を高めるために再接種することもあります。 (親が子供に真剣に向き合い、丁寧に対処するように、ペットも定期的な機関に通い、それなりのワクチン接種をするようにしましょう)

主要都市では子犬の飼育が禁止されているところもあり、それを扱う特別な組織もあるので、特定の部署に出向いて、法的に適合した「ドッグパーソン」になるための書類を入手しなければならないのです。

ペットの飼い方

まずは、みんなの「毛皮の子」に、寝床となる快適な「小さな家」を与えて、我が家への信頼感を得て、新しい家族の一員になってもらうことです。 次に、「毛皮の子」専用の仕事をあらかじめ用意しておくことで、「毛皮の子」のお皿に食材を見つけると、食べ頃がわかるようにすることです。 食材は、ペットショップやインターネットで、専門的にペットに起因する、栄養バランス、高い吸収率と消化率、科学的に根拠のあるレシピ、標準的な製品品質、与えやすさ、特定の病気を予防する機能を備えたドッグフードや子猫用フードを購入するように心がけましょう。 いわば、子犬や猫に最も適したフードです。

飲食や小屋といった基本的なこととは別に、日頃からペットと「触れ合う」ことが必要で、関係をより親密にするだけでなく、ペットがあなたを「認識」し、あなたを そうすることで、二人の関係がより親密になるだけでなく、ペットがあなたを自分の親しい友人として「認識」するようになるのです。 猫や犬は子供と同じように知能があり、豊かな内面を持ち、それを大切にしなければならない。

結論

この「動物」に定期的に会うことで、自分の仕事のストレスから解放され、自分自身の心と体のプレッシャーから解放されるという研究結果が出ています。 私たちにとっては、この「動物」は自分のペットでしかないのかもしれませんが、この「動物」にとっては、私たちはみんな地球人なのですから、優しくしてあげることが大切なのです。 ペットを飼うことは、時に感情的に自分の子供を持つことと同じで、「パパとママ」になることで責任を持つだけでなく、世話をし、健康に成長させ、同時に私たちに付き合ってくれ、幸せを運んでくれるのです。

相關文章:

ペットの飼い方がわからない? これらの内容のポイントや予習をすることで、学習方法が身につきます

ペットが好きだけど、飼い方がわからない? この下準備、専門知識はマスターしておくべきです。

ペットの正しい飼い方とは? | ペットを飼う上で知っておきたい5つのこと


最新の画像もっと見る

コメントを投稿