football smile

the days turn into months and years

J1 浦和 vs 鳥栖(DAZN)

2019-06-15 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第15節
2019年6月15日(土)19:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 2 - 1 サガン鳥栖

2週間のインターバルを利用して、十分な準備を積んできたと思われる。浦和はまだ万全のスタメンが組めない。それでも選手層にモノを言わせて、この布陣である。3バックなら、安定感と展開力を兼ね備えているこの3人がベストだろうと思う。特に、目立たないけど気が利いている岩波のプレーが好きなのだ。

         興梠

      武藤    ナバウト

宇賀神    柴戸  青木    岩武

   槙野 マウリシオ 岩波

         西川

雨上がりのピッチは、非常にボールが走る。両チームの選手ともに序盤は苦心していたけど、徐々にボールの扱いに慣れてくると、展開の早い試合になって行った。やはり宇賀神は左サイドがフィットする。武藤のシャドーも然り。ただ、ナバウトの役割が今ひとつ明確ではないようだ。

         興梠

 マルティノス    武藤

宇賀神    青木  長澤    森脇

   槙野 マウリシオ 岩波

         西川

後半の選手交代の使い方なんかを見ると、大槻監督らしさが出ているなあ。しかしガッチリ組み合った試合は、なかなか綻びを見せない。このままかと思ったアディショナルタイムに、またまたドラマが待っていた。あの場面であれだけ冷静にフィニッシュできるのは、さすがエース・ストライカーでありキャプテンである。あっぱれ!

コメント   この記事についてブログを書く
« 渋川13 | トップ | 父の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

J1」カテゴリの最新記事