football smile

the days turn into months and years

AROUND THE WORLD IN A DAY

2016-05-06 | music

PRINCE
22 SEP 1985
iTunes
http://order.artofficialage.com/row/

ご多分に洩れず、初めてPRINCEを聴いたのは「PURPLE RAIN」であった。もちろん、その音は驚愕に値するものだったけど、もし1年後にリリースされた新譜が、このようなマニアックなものでなかったら、プリンスというアーティストに対して、それほど興味を抱かなかったかも知れない。このアルバムを聴いた最初の感想は、なぜこのような音にしたのだろう?だった。後に知ったことだけど、どうやら「PURPLE RAIN」と「AROUND THE WORLD IN A DAY」は、同時に録音されていたらしい。それを2枚に振り分けて、それぞれのアルバムは完成された。そのセンスたるや、やはり凡人ではないということだ。

歌詞に登場する人物が総出演しているイラストを使用したカバー・デザインも、前作とは180°方向転換したような趣きがあって良い。プリンスのアルバムに限らず、とても好きなデザインの部類に属する。これもまたLPとCDとでは、印象が異なるところが残念だ。ダウンロードにおけるカバー・デザインというのもまた、異なるものなのだろうなあと思う。楽曲もデザインも、時代の中に存在する。そう解釈できるようになるには、それなりの数の作品を生み出さなければならないということだ。

お気に入りはこの3曲。

Paislry Park
Raspberry Beret
Pop Life 

コメント