お気に入りの映画 2

香港、中国、韓国、台湾、日本映画など。コメントとトラックバックは承認制にさせていただいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

2009-06-10 | ヨーロッパ映画
2009年 フランス映画
監 督 トラン・アン・ユン
出 演 ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ、サム・リー
あらすじ ある男が失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけだった。彼の名はシタオ(木村拓哉)。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという、不思議な力を持つ。彼の父の依頼により、元刑事の探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)は、シタオ捜索の旅に出る。 (ちらしより)
感 想 ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホンばかり騒がれてるけど、ショーン・ユーも出てます! 日、米、韓、香港のいい男たちの競演。そして、サム・リーも出てます。(笑)

クライン(ジョシュ・ハートネット)は、シタオ(木村拓哉)を捜して香港へ。刑事時代の仲間、メンジー(ショーン・ユー)と再会。

クラインは、殺人犯を追ううちに殺人犯と同化してしまって精神病院に入院。警察を辞めていた。

メンジーがマフィアのボス、ドンポ(イ・ビョンホン)を挑発するシーンがおもしろすぎ~~。

すぐ捕まえてやる。
お前のリリと10ドルでやってやる。

ドンポは冷酷そうで、怖いよ~。

ドンポの手下が、ドンポの女、リリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)とお金を持って逃げた。そして、いろいろあってリリはシタオに助けられた。リリは薬物中毒だったけど、シタオが治してくれた。

リリはドンポのところに戻るけど、またシタオの小屋を訪ねる。

シタオは何で自分の体を犠牲にしてまでみんなを救ってるんだろう、と思いつつ。

リリは、もうシタオが他人を救うのを止めさせたい。

もうやめて。
彼らが…、
やって来る。

クラインは、射殺した殺人犯の悪夢にまだ悩まされている。

肉体の完成には
人類の苦痛が必要だった。

監督は何をやりたいのかよく分からないよ~、と思いながら、でも監督を信じて見てた。(笑)

ドンポがシタオを殺しにやって来た。

僕を恐れないで。
恐れてない。
惑わされないで
俺は地獄を見てきた。
お前など怖くない。

父よ!
あなたを許す。
愚かさゆえに。
許しなどいらん。
あなたを許す。

ああ、そうか! シタオはキリストだったのか? ドンポは、シタオの両手を板に打ち付けて、シタオはまるで十字架に磔にされたみたいだった。

ここで、最初の方でチラッと出てたMonk Artist(サム・リー)が再び登場。(笑)

痛い。
人類のため苦しむ。
放してくれ。
放す?
どこへ行く?
主はどこへでも行く。
誰も止められない。
福音を広めていくよ。

やっとクラインがシタオを見つけて、

あなたは?
クラインだ。
父の使いで来た。
父の?

シタオが孤児院をやろうとしたり、今度は自分を犠牲にしてまで人を救おうとしたのは、父への反発、父のしてきたことへの罪滅ぼしのつもりだったのかな? アクション映画だと思って見てたらキリストの話だった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ラスト・ブラッド | トップ | ノン子36歳(家事手伝い) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hitomi)
2009-07-07 19:43:44
にこさん、こんばんは。
なんだかご無沙汰してます。

この映画、観終わった感想はなんだかよく分からないのとウジ虫とか出てきて気持ち悪かった事だけ。
あっあと裸祭りかと思うほど男優のパンツ1丁姿だけでした。。。
無料で鑑賞したので許せますが、お金払ってたら金返せと言ってたところかもしれません(苦笑)

まぁ私としてはショーン君見れただけ良かったんですが。
予想と違う映画 (にこ)
2009-07-07 20:53:08
Hitomiさん、こんばんは。
この頃はあまり劇場まで行ってなくて、
こちらこそご無沙汰しています。
この映画はよく分からなかったですね。
サム・リーを見たから、まあいいか。
キムタクも結構よかった。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (Diarydiary!)
《アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン》 2009年 フランス映画 - 原作 - I