劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.66 2013/5/15

2013年05月15日 | Weblog

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信 (えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さわやかな緑が少しずつその濃さを増し、風も心地よくそよいでいますね。
いかがおすごしですか。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
いつものようにメールマガジン「FS通信」をお届けします。
今月号も最後まで、よろしくおつきあいください。では、スタートです!

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.66 2013/5/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 関根信一が「KOTODAMA Cafe」に出演します
#02 関根信一が非戦を選ぶ演劇人の会「いま、憲法のはなし」に出演します
#03 フライングステージ第38回公演「OUR TOWN わが町 新宿2丁目」
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 関根信一が「KOTODAMA Cafe」に出演します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆「KOTODAMA Cafe」

ゲイにまつわる詩や歌を朗読するイベントです。
毎回1つのテーマに沿って進行していきます。
第2回のテーマは「虹(レインボー)」です。

【読み手】
オバマ(DELIVERY BOYS)
関根信一(劇団フライングステージ)
ピンクベア長谷川

【日程】
2013年5月21日(火)19:00-21:00

【会場】
コミュニティセンターakta
東京都新宿区新宿2-15-13 第二中江ビル301
*アクセス:
コミュニティセンターaktaは新宿二丁目のルミエールのはす向かい、
黄色とオレンジの縞のビルの3階にあります。
入り口は少しわかりにくくて、仲通りの青い看板の路地を入ったガラスの扉です。
エレベーターで3階まで来てください。
場所が分かりにくい場合は遠慮なく、03-3226-8998まで電話してくださいね!

aktaホームページ 

※予約不要/参加無料

フリースペースでの入場無料のリーディングです。
題材は「ゲイ」ですが、ご来場いただくみなさんのセクシュアリティは
問いません。どうぞお気軽においで下さい!

【お問合せ】
劇団フライングステージへどうぞ!
>>stage@flyingstage.com(劇団フライングステージ)


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一が非戦を選ぶ演劇人の会「いま、憲法のはなし」に出演します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.16

◎第1部 朗読劇(ピースリーディング)
 「いま、憲法のはなし −戦争を放棄する意志−」

【台本構成】
石原 燃 

【演出】
鵜山 仁 

【演出補】
永井 愛

【出演予定(50音順)】※出演予定者は変更する場合があります。
市毛良枝/猪熊恒和/円城寺あや/大月ひろ美/岸田敏志/小林あや/
小林大介/古村比呂/小山貴司/ゴリ(ガレッジセール)/七味まゆ味/
首藤健祐/関根信一/田岡美也子/高橋長英/田中宏樹/田根楽子/辻 輝猛/
土屋良太/西山水木/根岸季衣/野口俊丞/樋田慶子/平 岳大/益岡 徹/
松金よね子(11日のみ)/みやなおこ/山本宣/山谷典子

◎第2部 トーク

・6月11日 川口 創(聞き手:根岸季衣)

・6月12日 小熊英二(聞き手:永井 愛)

【日時】
2013年6月11日(火) 19:00
     12日(水) 14:00
※受付開始は開演1時間前、開場は30分前になります。

【会場】
全労済ホール/スペース・ゼロ
渋谷区代々木2-12-10 全労済会館  TEL:03-3375-8741(代)
JR新宿駅南口より徒歩5分、京王線・都営各線新宿駅6番出口より徒歩1分

【チケット】
入場料金(全席指定):一般1,500円、中高生1,000円、小学生以下500円

【チケット取り扱い】
・チケットぴあ(Pコード:428-659)
 TEL予約 : 0570-02-9999
 WEB予約
 ※セブンイレブンのコピー機でも簡単にお求めいただけます
 (発券手数料=105円)操作・購入方法はこちら
・スペース・ゼロ チケットデスク(一般のみ)
 WEB予約
※当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。
※車いすをご利用の方、6月4日(火)までに
 非戦を選ぶ演劇人の会(TEL:070-5457-2003)までご連絡下さい。

【主催】
非戦を選ぶ演劇人の会
(問い合わせ先)
TEL:070-5457-2003
E-mail:hisen2013「@」hisen-engeki.com
 ※迷惑メール対策のため「@」の前後の「 」外してお送り下さい。
公式フェイスブック
公式ツイッター

【特別協賛】
全労済ホール/スペース・ゼロ

【協力】
ネビュラエクストラサポート(Next)、ポスターハリス・カンパニー
CoRich舞台芸術!

「非戦を選ぶ演劇人の会」ホームページ

*お問い合わせはフライングステージへもどうぞ
 >>>stage@flyingstage.com


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フライングステージ第38回公演「OUR TOWN わが町 新宿2丁目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第38回公演

「OUR TOWN わが町 新宿2丁目」

★東京公演
【日程】
2013年8月27日(火)−9月8日(日)
【会場】
下北沢 OFFOFFシアター

★札幌公演
2013年9月15日(日)−16日(月・祝)
【会場】
扇谷記念スタジオ シアターZOO

【作・演出】
関根信一

【出演】
石関 準、遠藤祐生、岸本啓孝、木村佐都美、小林高朗、関根信一、水月アキラ

☆──────────────────────────────────☆

 ソーントン・ワイルダーの名作「わが町」は各地を舞台に翻案されています
 が、今回は世界屈指のゲイタウン、東京は新宿2丁目の物語として描きます。
 江戸時代の内藤新宿の岡場所からはじまり、第二次大戦後の赤線の街、戦後
 の閉ざされた秘密の街を経て、現在のゲイタウンに至るまで、そこに生きた
 人々の物語を、生まれてすぐこの町の名主の家に養子に出された夏目漱石が
 案内役として進行していきます。              (関根信一)
☆──────────────────────────────────☆

詳しい情報は、フライングステージHPやメールマガジンでお知らせいたします。

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 5月3日、羽矢瀬くんを偲ぶ会を開催し、彼がご一緒した俳優、スタッフの
 皆さん、50名ほどの方がお集まりくださいました。稽古場発表会を何度も開
 催した杉並の施設で、彼の写真を前に語らう時間をもちました。献花にとお
 持ちいただいたお花は、薔薇、ひまわり、菊などなど色とりどりに様々で、
 淋しく哀しい中にもにぎやかな集まりになりました。おいでいただいた皆様、
 どうもありがとうございました。
 8月の新作の準備が始まります。羽矢瀬くんをメインにと考えていた新作は、
 7人のキャストが二十数役を演じる群像劇になりました。羽矢瀬くんを想定
 していたキャラクターは小林高朗さんが演じます。どうぞご期待下さい。
 7月に東京演劇アンサンブルこどもの劇場「はらっぱのおはなし」の演出を
 します。http://goo.gl/vnenX くわしくはまたご案内しますね。
 春カフェ「花いろいろ」でのN.S.F.「じゃじゃ馬ならし」無事終了しました。
 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。次回は秋にあるそうです。
 僕ももしかしたら、また出演させていただくかもしれません。
 他にも6月から「空の村号」の地方公演が始まります。本公演の前に色々と
 慌ただしいかんじなのですが、ずいぶん前から温めていた今回の新作、必ず
 面白いものにしたいと思っています。よろしくお願いいたします。
                             (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 家のDVDが故障し修理に出しましたが,6年使っていたらもうすっかり家
 電浦島状態になってます。あぁまだ焼いていない番組がごっそりハード内に。
 地デジ化もまだ完璧でない我が家です。            (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 「二度あることは三度ある」といいますが、最近、不思議な体験をしました。
 一度目は、新国立劇場で『効率学のススメ』を観劇した数日後、出演俳優の
 寝坊で、1公演が中止になりました。
 二度目は、帝国劇場で『レ・ミゼラブル』を観劇した数日後、主演俳優の怪
 我で、2公演が中止になりました。
 三度目は、東京芸術劇場で『おのれナポレオン』を観劇した数日後、出演俳
 優の病気で、3公演が中止になりました。
 もう、後はないと思いますが・・・・・          (水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 この夏の本公演、「OUR TOWN わが町 新宿2丁目」に備え、久しぶりにワ
 イルダーの「わが町」を読みました。本棚の奥からひっぱり出した本はすっ
 かり黄色くなってボロボロ。それもそのはず、文学座の研究生になってはじ
 めての発表会としてこの作品に取り組んだのは、今から十二年も前のことな
 のです。ひとまわりもの年月、出逢いと別れをくりかえして再読すると、心
 を動かされる科白もまた変わってはいましたが、何より響いたのが、息子の
 結婚式の朝、妻が夫に話すこの科白です。
 「やっぱり・・・この人生は二人ずつで送るように定まってるんですよね。
 ひとりぼっちは不自然だわ」。
 あの、僕、二人ずつで送ってませんけど、人生。十二年前も今も。
 せめて演技だけは不自然にならないよう、努めていきたいです。(岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ 
お問い合わせは stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□