劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.56 2012/07/15

2012年07月15日 | Weblog

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信 (えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃、いかがおすごしですか。
劇団フライングステージの岸本啓孝です。
先日の第37回本公演「ワンダフル・ワールド」。
おかげさまで今回も、なんとか千穐楽をむかえることができました。
ご来場・ご声援、本当にありがとうございました!
こころより、感謝を申し上げます。
公演はもう終わってしまいましたが、夏はこれからが本番。
劇団フライングステージのメールマガジン「FS通信」、
今月号も関根・石関の客演情報に加え、劇団員からの近況のご報告など
盛りだくさんの内容でお送りします。どうぞよろしくお願いいたします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・フライングステージ公演の際、アンケートにメアドを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.56 2012/07/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 関根信一演出:次代の児童・青少年演劇人育成連続講座IN九州「空の村号」
#02 関根信一演出:SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo「北西の風」
#03 石関 準 出演:ファルスシアター「パパ☆アイ☆ラブ☆ユー」
#04 gaku-GAY-kai2012「贋作・銀河鉄道の夜」 
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 関根信一演出:次代の児童・青少年演劇人育成連続講座IN九州「空の村号」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

7月末、関根信一が、沖縄にて開催される
『次代の児童・青少年演劇人育成連続講座 IN 九州・
震災後の演劇を考える合同公演「空の村号」』の演出をします。

☆【次代の児童・青少年演劇人育成連続講座IN九州】−公演・ワークショップ−
 −文化庁委託事業「平成24年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」−
 震災後の演劇を考える合同公演「空の村号」

【作】
篠原久美子

【演出】
関根信一

【出演】
大堀茜(劇団仲間)、クラウンYAMA、
高坂諭(劇団風の子)、洪美玉(東京演劇アンサンブル)

【日時】
2012年7月30日(月)19:00 
     31日(火)13:00/17:00

【会場】
コザ小学校3F・新棟・音楽室
沖縄県沖縄市中央4丁目16番1号

【チケット・ご予約】
入場無料・自由席
※必ずお申し込みが必要です(定員によりお断りする場合がございます)。
※小学生以上を対象とした公演です。
 未就学児をお連れの場合は必ずお問い合わせください。
※お申し込み、お問い合わせは、関根(shin_ichi@flyingstage.com)までお願いします。

【内容】
空は5年生。酪農家の長男なのに牛の世話は「いまいち」で、
特に大きな夢はない。
原発事故後、空の村では高い放射線量が測定された。
その取材のため、村にドキュメンタリー映画の監督がやってきた。
変わっていく村と家族。その現実を静かに撮っていく映画監督。
だけど空は現実なんか嫌いだった。
どっかに世界征服をたくらむ悪の組織があって、
それをやっつければ平和が戻ってくる世界を、空は信じたかった・・・。
児演協が発信する震災以後の児童・青少年のための演劇合同公演は、
2011年3月11日の大震災以後の、福島の美しい里山をモデルにした
ドキュメンタリータッチのフィクション。
子どもたちはいま・・・。

*7月26日(木)19:00より、西新宿・芸能花伝舎で公開ゲネプロを開催します。
 観覧希望の方はフライングステージ(stage@flyingstage.com)までお問い合わせください。
 席数に限りがあるため、満席の場合、お断りすることがあります。

日本児童・青少年演劇劇団協同組合(児演協)公式HP

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一演出:SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo「北西の風」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

『劇作家協会公開講座 2012年夏』にて実施される
リーディング企画「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」のうち
第一部・篠原久美子作「北西の風」の演出を、関根信一が担当しています。      
「北西の風」には先日の「ワンダフル・ワールド」での
おばあちゃん役の演技も記憶に新しい、藤あゆみさんも出演します。

☆『劇作家協会公開講座 2012年夏』
 「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」

ニューヨークで東日本大震災の報に触れた演劇人たちが、互いに声をかけあって
立ち上げた、短編戯曲のドラマリーディング企画。
それはニューヨークの主要劇場に広がったばかりか、全米70ヵ所を越える地域で、
プロから大学の演劇部までが参加する大規模なものとなり、
2012年3月11日に「SHINSAI Theaters for Japan」として開催されました。
それに応えて、同企画に提供された日米の劇作家の作品すべてを、
日本語でドラマリーディング上演します。

8月5日(日)「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」
▼15:00
1)第1部
1.『残された人』作/演出:鴻上尚史
2.『少数の屈強な人々』作:ジョン・グワー 訳:小田島恒志 演出:成島秀和
3.『さようならII』(抜粋) 作:平田オリザ 演出:谷賢一
4.『子は人の父』 作:フィリップ・カン・ゴタンダ
   訳:吉原豊司 演出:土田英生
5.『北西の風』 作:篠原久美子 演出:関根信一
6.『あの頃の私たちの話』作:リチャード・グリーンバーグ 訳/演出:谷賢一
7.『一時帰宅』 作:坂手洋二 演出:前川知大
8.『この劇の長さはウラニウムの半減期』
   作:スーザン=ロリ・パークス  訳:常田景子 演出:河原その子
9.『指』 作/演出:瀬戸山美咲
▼18:00
2)第2部
1.『太平洋序曲』からの2曲 (SHINSAIのための特別脚色版) 
   作詞/作曲:スティーヴン・ソンドハイム 脚本:ジョン・ワイドマン 
   訳/演出:青井陽治
2.『はっさく』(抜粋) 作:石原燃 演出:小笠原響
3.『消えたイザベル』 作:ナオミ・イイヅカ 訳/演出:河原その子
4.『ゾウガメのソニックライフ』(抜粋) 作:岡田利規 演出:赤澤ムック
5.『日本流エチケットの手引き』
   作:ダグ・ライト 訳:常田景子 演出:坂手洋二、常田景子
6.『ふるさとを捨てる』 作:鈴江俊郎 演出:樋口ミユ
7.『海の風景』 作:エドワード・オールビー 訳:鳴海四郎 演出:鈴木聡
8.『血の問題』 作:坂手洋二 演出:前川知大
9.『水の中』 “キャロライン、オア チェインジ” より
   作詞/作曲:トニー・クシュナー、ジャニーン・テゾーリ 訳/演出:青井陽治
10.『危機一髪』 ミュージカル “危機一髪” より
   作曲:ジョン・カンダー 作詞:フレッド・エブ 脚本:ジョセフ・スタイン 
   訳/演出:青井陽治

【日程】
2012年8月5日(日) 第一部 15:00 第二部 18:00 開演

【開場】
座・高円寺2
杉並区高円寺北2-1-2
(JR中央線「高円寺」駅北口を出て徒歩5分)

【チケット】
第一部 1,000円 第二部 1,000円 通し券 2,000円

【ご予約】
オンライン予約
メール予約(sec-02@jpwa.jp)
オンライン予約がご利用になれない場合は、件名を「公開講座予約」とし、
「お名前・フリガナ・お電話番号・ご希望プログラム名・枚数」
をご明記のうえ上記アドレスまでメールをお送りください。
杉並区民の方、劇作家協会会員の方は、その旨を必ずご記載ください。

日本劇作家協会公式HP

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 石関 準 出演:ファルスシアター「パパ☆アイ☆ラブ☆ユー」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

8月9日から12日まで、石関 準がファルスシアター第17回公演
「パパ☆アイ☆ラブ☆ユー − It Runs in the Family − 」に出演します。

石関 準からのメッセージをご紹介します。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 フライングステージ本公演に続き、客演させて頂くことになりました。
 いままで経験したことのない「ファルス」というジャンルで、主人公の友
 人「ヒューバートの母」を演じます。他劇団なのに「母役」というか「婆
 役」。初めましてのキャストの中で稽古しています。是非見に来て下さい。
 お待ちしています。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

☆ファルスシアター第17回公演
 「パパ☆アイ☆ラブ☆ユー − It Runs in the Family − 」

【作】
レイ=クーニー

【訳】
小田島雄志・小田島恒志

【演出】
遠藤隆之介

【キャスト】
[シングルキャスト]
森田陽祐(ナイスコンプレックス)、澤口渉(ロデオ★座★へヴン)
小鉢盛恵(株式会社トゥルーウェーブ)、斎藤綾子(Jac in production)
加藤大悟(表現集団ATP)、石関 準(劇団フライングステージ)
舞香
[ダブルキャスト]
*ハートキャスト
馬場敬太(D'TOT)、林里容、神谷はつき(ファルスシアター)
高橋秋人、仙石智彬(ファルスシアター)
*ダイヤキャスト
田中瑛祐(D'TOT)、ライナス毛布、加藤みを、真鍋誉史
白土裕也(ファルスシアター)

【日程】
8月9日(木)−12(日)
9(木)19:00(ハート)
10(金)14:00(ダイヤ)/19:00(ハート)
11(土)14:00(ハート)/19:00(ダイヤ)
12(日)15:00(ダイヤ)

【劇場】
シアターグリーン BOX in BOX THEATER
JR池袋駅南口改札より地下通路(西武デパート側)39番出口徒歩約2分
「池袋駅」東口より地上路で徒歩約6分
豊島区南池袋2-20-4

【チケット】
前売:2,700円 当日:3,000円
高校生以下:1,000円 リピーター:1,000円

【あらすじ】
聖アンドルーズ病院の医師デーヴィッド(森田陽祐)は緊張していた。
今日は、彼が出世コースに返り咲くための重要な講演がある日なのだ。
ところが、そこへ昔の愛人があらわれ、あなたには18才になる息子がいて、
今からあなたに会いに来ると告げたから、さあ大変!!
親友の医師ヒューバート(澤口渉)に協力をとりつけ、父と息子、妻と愛人、
さらには患者や看護婦、警官まで入り乱れて、
ウソと勘違いの大騒動が始まった!!
ファルスシアターがお送りするイギリス発の傑作コメディ、
ぜひぜひ足をお運びくださいませ。

【ご予約・お問い合わせ】
フライングステージ(stage@flyingstage.com)までどうぞ!
※1.代表者のお名前 2.日時 3.券種 4.枚数 5.ご連絡先 を
  明記してお申し込みください。受付完了後、ご連絡いたします。

ファルスシアター公式HP

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#04 gaku-GAY-kai2012「贋作・銀河鉄道の夜」 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

今年も年末のgaku-GAY-kai開催が決定いたしました。

☆gaku-GAY-kai2012「贋作・銀河鉄道の夜」

【日程】
2012年12月29日(土)・30日(日)

【会場】
SPACE 雑遊
新宿区新宿3-8-8 新宿O・TビルB1F
(都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅C5出口目の前)

タイムテーブルなど、詳細は確定次第このメルマガでもおしらせします。
おたのしみに!

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディングが今年も開催されます(8月18
 日(水)、19日(木)@全労済ホール スペース ゼロ)。関根は裏方として
 の参加ですが、ぜひご来場ください。「私(わん)の村から戦争が始まる」
 という作品で、沖縄の抱えるさまざまな問題について取り上げます。先日、
 印刷発送作業の際に台本を改めて読ませてもらったのですが、オスプレイ配
 備に反対する高江の人々を中心に、沖縄の今がとてもよくわかるおもしろい
 台本です。みなさまのご来場をお待ちしています!
 くわしくは非戦を選ぶ演劇人の会のサイト、または関根のブログをご覧くだ
 さい。                          (関根信一)

┠──────────────────────────────────┨
 「ワンダフルワールド」ご来場頂きありがとうございました。大きな息子三
 人と、次男お嫁、旦那に姑までいる大家族の母、宮坂万里子を演じました。
 去年は真佐子、今年は万里子、来年は真智子か。
 終演後、今度は客演の「パパアイラブユー」の稽古に再合流し、今度は、19
 才の孫がいるお婆さん役です。暑さに負けないよう日々稽古中です。皆様是
 非ご覧下さい。本番までおよそ一月です。まだまだチケット承ります。
                               (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 ご来場いただきました皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。
 至らなかった点が多々あったと思いますが、劇場での一週間は、芝居に専念
 し、楽しく過ごさせていただきました。
 ただ、歳のせいか、精神的には、千穐楽翌日から仕事モードに切り替わった
 ものの、体力面では、蓄積した疲労がなかなか回復せず、毎晩、爆睡してい
 ます。
 次回も、よろしくお願いいたします。           (水月アキラ)         
┠──────────────────────────────────┨
 客演もし、経験値が上がった気がします。
 たまには、違う現場に行って、今までの自分とのギャップを感じるのもいい
 ですね。
 取り敢えず、今はゆっくり休みたいです。         (羽矢瀬智之)
┠──────────────────────────────────┨
 雑誌『東洋経済』『週刊ダイヤモンド』で、「市場」として、奇しくも同時
 期にLGBTが特集されました。「ワンダフル・ワールド」作中でも触れて
 いた同性婚のことだけでなく、保険商品の未整備など、まだまだ「なかった
 こと」になっているLGBT。「ワンダフル・ワールド」という芝居をつく
 るうえで「家族をなす」「愛するパートナーと生活する」体験をして如実に
 わかったのは、「ああ、僕はふつうのしあわせがほしいだけなんだ」という
 ことです。「ワンダフル・ワールド」の劇空間のなかで、スタッフ・キャス
 トのみんなや、何よりもお客様たちとご一緒できた時間は僕にとって、まち
 がいなくしあわせでした。今回はしあわせだった度合いがまた強かっただけ
 に、かえって、芝居を通じてしか描き出せない現実が、僕たちにはまだまだ
 山のようにあるのではないかという思いを強くしています。
 「ワンダフル・ワールド」でいただいたたくさんの愛を胸に、またこれから
 取り組んでまいります。今回もほんとうにありがとうございました。そして
 あらためまして、今後とも劇団フライングステージをよろしくお願いいたし
 ます。「gaku-GAY-kai2012」、また今年もドンチャン騒ぎをする予定です。
 どうぞおたのしみに!!                  (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

BBS&BLOG・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
劇団フライングステージのブログ(フライングステージHP携帯版)
フライングステージ掲示板
せきねしんいちの観劇&稽古日記
URBAN LIFE(*岸本啓孝のブログ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ 
お問い合わせは、こちらまでどうぞ!
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.55 2012/07/06

2012年07月06日 | Weblog

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信 (えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
こんにちは。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
明日は七夕。みなさんは星にどのような願いをこめられるのでしょうか。
月1回発行の劇団フライングステージのメールマガジン「FS通信」ですが
今回は、第37回本公演「ワンダフル・ワールド」公演中のため、
臨時増刊号として、残席情報など、詳しい公演情報をお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.55 2012/07/06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─▼ CONTENTS ──────────────────────────
#01 フライングステージ第37回公演「ワンダフル・ワールド」 上演中です
────────────────────────────────────
★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 フライングステージ第37回公演「ワンダフル・ワールド」上演中です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★


関根信一です。
2011年4月から2012年の春までの一年間の物語を「ワンダフルワールド」では
描いてみました。
東日本大震災から一年以上が過ぎて、あんなに強烈な印象を残していたはずの出
来事が、もう意識して思い出さなければいけないほどの遠い記憶になってしまい
そうなことに改めて気づき愕然としました。
ゲイの「家族」の震災以来の一年間の物語を紡ぐことは、そんな自分の変化を確
認することでもありました。
ゲイならでは視点から描いた震災。ぜひぜひご覧いただけたらと思います。
ご来場をお待ちしています!

☆劇団フライングステージ第37回公演
 「ワンダフル・ワールド」

家族をなくしたゲイのもとへ
なくしたはずの家族がやってくる
出会いと別れ めぐる季節
ワンダフルワールド

【作・演出】
関根信一

【出演】
石関 準
遠藤祐生
大地泰仁(zacco)
岸本啓孝
木村佐都美(おちないリンゴ)
小林高朗
阪上善樹
坂本穏光
羽矢瀬智之
藤 あゆみ
水月アキラ
吉田日曜
関根信一

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
照明オペレーター:横佩 彩
音響:樋口亜弓
舞台監督:金安凌平
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也、三枝 黎
協力:おちないリンゴ、zacco、M・M・P
   CoRich舞台芸術!
助成:芸術文化振興基金
企画制作:劇団フライングステージ
主催:劇団フライングステージ

【日程】
《残席情報》(7/6(金)12:00現在)
◎:良席あり/○:お早めに/△:まもなく満席/×:満席御礼(当日券あり)

2012年7月4日(水)−8日(日)
7月6日(金)19:30○
  7日(土)14:00×/18:00△
  8日(日)14:00×/18:00◎

*上演時間は約1時間40分の予定です。

【会場】
下北沢 駅前劇場
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

【チケット】
全席指定
・前売予約 3,500円  ペアチケット 6,500円  トリプルチケット9,000円
・当日券 3,800円

■前売予約
各公演日前日まで

◆WEB予約

PC用フォーム
携帯用フォーム

◆メール予約
>>>yoyaku@flyingstage.com(劇団フライングステージ)
*「お名前(フルネーム)/ご希望日時/枚数/連絡先電話番号」の
 明記をお願いいたします

◆TEL/FAX予約
03-6803-1250
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*お電話にて、留守電の際は「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。

※いずれも、チケット代は当日精算で承ります。

■当日券
開場と同時に受付をいたします。

【お問い合せ】
お問い合わせはフライングステージまでどうぞ!
>>>stage@flyingstage.com
tel/fax:03-6803-1250
携帯:080-3082-8156(公演期間中のみ)

劇団フライングステージ公式HP

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 作品が生まれて千穐楽をむかえるまでは、星が流れるように一瞬です。
 その一瞬に祈りをこめるような気持ちで、今回の「ワンダフル・ワールド」
 では、いまできる精一杯のことをつとめたいと、毎回舞台に立っています。
 でも、公演期間が短いせいか、例年以上に家族的なカンパニーであるためか、
 今からもう、ちょっとさみしいような気持ちもします。
 おかげさまで初日・二日目と多くのお客様にお越しいただきました。ご来場
 いただいたお客様、本当にありがとうございました。これからいらっしゃる
 みなさま、どうぞおたのしみに。
 日曜日まで、下北沢駅前劇場でお待ちしています。      (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ 
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ!
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□